ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

喜多方プラザ企画公演きたかたミュージックフェア2016

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

11月2日で古希を迎えた杉田二郎さんと細坪基佳さんの、喜多方ライブ(10月29日開催)に行って来ました。二郎さんは細坪さんが敬愛するご恩ある方ですから、心通い合った二人のステージは、微笑ましくもほのぼの、まったり。二郎さんのステージを見てると骨太の生き方、包容力の大きさ、全き人のオーラを感じ、年を取ることが素晴らしいことのように思えてきて、老いへの漠然とした不安が消え、今を生きることにおおらかな気持...

遠野物語発・銀河トレイン40周年記念 あんべ光俊 CONCERT&EXHIBTION                     ~10月30日(日)「心よ青きままに叫べ」

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

あんべ光俊さんの40周年記念コンサート行って来ました。三部構成で充実のラインナップ。一部はバックを付けてのソロステージ。盟友竹田元さん、共演歴長いのでさすが絶妙のアクセントの利いたサポートでした。二部では飛行船時代の仲間と同窓会。ほのぼのステージに懐かしさ全開。私は生の飛行船は初めてだったので、大感激。三部は鈴木康博さんとの共演。オールスタンディングでの一夜のロックショー。終盤はあんべさんのライフ...

細坪基佳最新アルバム「Live of Nocturne」

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

先月発売された細坪基佳さんの最新アルバム「Live of Nocturne」は、2014年に発売されたセルフカヴァーアルバム「夜想曲Ⅱ」の世界を再現した2015年ネーチャーオブイヤーのライブアルバムです。「夜想曲Ⅱ」に続き、細坪さんの叔父様にあたる楢喜八さんのイラストがユーモラスでどこか哀愁誘うジャケット。ロングジャケットでマイクを持って唄ってる猫が細坪さんを表してるそうです。私はこのライブをパーシモンホールの客席で見...

赤い蛇口が水、青い蛇口がお湯~お湯の旅~

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

赤い蛇口をひねっても水ばかり出て、お湯が出て来なかったら皆さんはどうしますか?給湯器がおかしいと思うよね。Hさんはコペルニクス的発想の転換で、青い蛇口をひねったらお湯が出たーーーー!!その時、降りて来た歌詞だそうです。「お湯の旅」~あんべ光俊「星の旅」の替え歌水が流れる 水が流れる僕は首をひねる思わず僕は水の蛇口 強くひねってみた~らーららーららーららーらーららーららーららー(お湯が出たー!!)お湯...

細坪基佳ライブ2016Tsubo's style in仙台&大船渡

Posted by ふざけおに on   1 comments   0 trackback

二日間、細坪さんのファンで本当に良かったって心から思えるとても充実したコンサートでした。 仙台はいつものごとく「待ってました-」なヤンヤの熱い声援。 「仙台には毎年来てます。これからもまだまだやるぞーーー!」という細坪さんの雄叫びに「おーーーー!!」という歓声。皆さん、頼もしい限りです。 大船渡はソロ初といいうことで出だしは緊張気味で静かでしたが、細坪さんが上手に地元の人の反応を引き出すMCをされてる...

DVD スリーハンサムズコンサート2016~俺たちの放課後~

Posted by ふざけおに on   3 comments   0 trackback

スリーハンサムズ初のライブアルバム。彼らはかつてのランキングレースに、聴衆はメディアが作る流行に、追いていかれまいと背伸びしてあがいた日々からいつしかコースアウト。今、世間はどうあれ、好きな音楽を心ゆく間で楽しむ時間を謳歌しています。難しい授業に付いて行こうと必死に努力した時間があったから、今人生の放課後を(青年期を授業とすると)人一倍楽しめるのかもしれません。人生の放課後は緞帳が開いたばかり。長...

浜田省吾ON THE ROAD 2016in宮城

Posted by ふざけおに on   2 comments   0 trackback

2012年からここ3年ずっとチケット外れまくってもう浜田省吾さんとは縁がないと諦めてましたが、なんとやっと今年宮城二日間当選。ありがとう!ノースロードミュージック。「宮城に来てくれてありがとう」とステージのはるか彼方のスタンド席の端から叫んだ私の声が届いてたら嬉しいのですが・・・三時間半、最高級のバンドで最高のソングライターの二夜のロックショーを、ほぼスタンディングで手拍子拍手叫んで踊ってめいっぱ...

Tsubo's Style~名古屋秋田青森

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

セットリスト 1メロディ 2思い出通り雨  3バス停まで 4もう帰れない 5吹き過ぎる風ばかり 6白い冬  7青空   8セピア色のオールドタイムソング 9ハートオブゴールド 10夢のかけら  11おくりもの   12大きな愛に包まれて  13流れゆく河のほとりで 14風笛  15風来坊 アンコール 16春雷  17やさしさとして想い出として...

あんべ光俊~少年の樹コンサート~in長井市

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

山形県長井市は、平成元年世界で初めて、森を未来永劫残すと不抜の森条例を制定した環境先進都市だそうです。その理念に感銘したあんべさんは「少年の樹」という曲を提供した縁で、今年27年目を迎えたこの事業の記念コンサートに至ったのでした。一時期、この宣言が忘れられそうになった時もあったそうですが、この崇高な願いを後世に伝えていこうという市民が平成12年に「不伐の森に親しむ会」を結成し、四季折々の森と人との交...

ポップスで精神医学 その1

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

あんべ光俊氏のFBで、本書に飛行船の「遠野物語」がとりあげられていることが紹介され、迷わずアマゾンポチ。思春期の音楽との出会いはそのイニシエーション体験あるものなら誰でもそうだと思うが、語り(始めるとキリがないほど深い思い入れがあるものだ。今まで自分が一番の重傷患者だと思っていたが、なかなかどうして、精神科医の音楽語りの濃ゆいこと濃ゆいこと、自分の土俵に持ち込む我田引水、牽強付会、そういうオチになっ...