ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

細坪基佳 歌ごよみ 忘年唄 ~七ノ章~振り替え公演

Posted by ふざけおに on   3 comments   0 trackback

クリスマスイブの京都歌暦から2ヶ月延期された代替公演、1曲目唄い終わるまで不安だったという細坪さん、でも良い感じで復調されてました。
10日前、スリハンで元気な姿を見せてくれたとはいえ、今回は一度延期した以上、もう後がないでしょうし、良い状態でないといけないというプレッシャーかかってるだろうなと、こちらも少しハラハラした幕開け。
でもいつものように調子良く唄い出し元気に話し始めた細坪さん見てほっと一安心でした。
10968004_2245807397_8large.jpg

12月は手術抜糸直後だった橋詰和尚さんも、前回よりずっと血色良くふっくらされて、これもまた一安心。やり直しライブの緊張感をほぐしてくれて、
通常の地方ツアーとは趣きが違う、冬の古都の奥ゆかしさと、久保田さん都留さんの細坪さんへの優しい気遣いに包まれた暖かいコンサートでした。
細坪さんにはどうかあまり頑張り過ぎないで、長く唄い続けて欲しいと心から願っています。
10968004_2245807218_146large.jpg

セットリスト

1,君の心を詩にしよう 2,僕らの歴史
3,恋心 4,少女へ 5,白い冬
6,青空
7,雨の音  8,愛のナイフ
9,クロスロード  10,夢のかけら
11のぞみ 12,雲のわだち
13,風来坊  14,やさしさとして想い出として
アンコール
15,メロディー  16,君は僕の友達

○心の拠り所
ツボさま~~;; 奈良でもずっと泣きっぱなしだったというFさん。
この日も鴨川の流れのように涙腺好調。うん、細坪さんの健気さに泣けるんだよね。
細坪さん自身ショックは半端なかったようで、「思い通り歌えないとトーク笑ってもらっても虚しいんだよね。自分に自信がない。治ったようでしょ。でもそうでもないんだよ。」と。笑顔で語ってはおられますけど・・・あらーおいたわしい・゚・(つД`)・゚・
「失ってみてわかる。自分が何を拠り所に生きて来たか。改めて自分の声が愛しい」と。
本当に、いつまでもこの至高の美声が聴けるとは限らないから、唄ってる限りは聴いてあげたいって、心に誓い合う私達でした。

○レアな選曲
ネーチャーは新曲を聴きたかった私には大満足でしたが、ふきのとう色薄かったので、ふきのとうファンには今回少しほっとするセトリだったと思います。
その中でも「少女へ」「雨の音」はレア。
バイオリンの美しい旋律を聴いた瞬間、純白の雪原に誘われていくような「少女へ、」髪を切った都留さん、少し若返ったみたいな爽やかな美顔にうっとりvv
単純なコードから始まりアコーディオンが物悲しい「雨の音」、繊細な歌唱は心の琴線を切なく揺らします。
この2曲が聴けただけでも京都まで足を運んだ甲斐がありました。

○イントロ炎
細坪さんが咽頭炎になるとキーの変更で、都留さんがイントロ炎に(笑)
バイオリンというのは、ピアノやギターと違い、音程を感覚的に作る楽器なので、やっぱり出だしの音のイメージ違うと難しいんだろうなって。
演奏後、何度か久保田さんと顔見合わせ苦笑いしてるのがとってもレアで、ラッキー
だけど、何の曲だったか、アコーディオンとリードギターでピッチ狂ってたのは、ギターの方が違ってるんじゃマイカ(^^;。
細坪さん、ふきのとう曲はだいたいキー下げてましたが、声変わってない小田さんだって、オフコースの時のようじゃないし転調もしないから、細坪さん、今までが無茶だったんですよ。よくここまで頑張ってくれたから感謝、あとはどうか「喉」さんの負担を減らしてあげて下さいね(願)。
メロディーはちょっと低音が苦しかったですが他は下げたのはわからないくらい響きの安定した心地良い歌唱でした。特に最適のキーで聴く迫力の「白い冬」、改めてかっこいいなあって
久保田さん、「白い冬」ハンマリングできない旋律もなんなく繋いでて違和感なかったです。
都留さんもトークに面白く絡んでくれて、二人とも長年の絆を感じさせてくれる頼もしいサポートでした。

○ノチェラーラ
何回も復唱したのに、アフターの会食で「今日のコンサート良かったね~」とひとしきり盛り上がったあと、あれ?オリーブオイルの名前なんだっけ??
誰一人覚えていなかった良いお年頃な私達ーー;

○ふきのとうCD
都留さんが高速のパーキングで見つけたふきのとうベストの帯封。「決して色褪せぬことのないハーモニー」って、2重否定だから、「絶対色褪せる」ってことだよね~って。
そうなんですよ~、
10968004_2216600430_163large.jpg

しかしそれにも、めげずに見つけた時は必ず目立つように横置きする運動を絶賛展開中(バカ)
10968004_2243248119_114large.jpg

ところで3月発売予定の「木精」、発売延期になったとか。どうなってるの?<ソニーさん

○スリハン5号西日本編
4月1日に大坂でスリハンライブがあるそうです。しかし、5号、都留さんは参加できない大人の事情があるとか。
皆さん、お誘いの上、スリハンコンサートにおいで下されば、華麗なる5号さんも舞い降りてくれるそうですよ~。

○喉ケア
細坪さん、タバコやめたそうです@@;おおおお~と場内驚きの声wなんだそりゃw(´∀`σ)σ
塩化亜鉛上咽頭塗布の治療を激痛に耐えてやってるそうです。
ステロイドは、ネーチャーの時はやむなく使ったそうですが、副作用が怖いので、ビタミン点滴をしてるとか。
ステロイドもちゃんと処方を守ればそんなに恐れることもないとは思うんですけどね。
うちの子は25年大量に服用してますが、ムーンフェイスより骨粗鬆症酷いんですよ。もう副腎は機能してないんですよね。でもよく効く薬なので背に腹は替えられないんですよ。

○ 一銭洋食
昔は一銭、今は一千円、というオチかと思ったら、600円だそうで。同行したKさんは飲み会の後言ってみたら値段が高いのでびっくりしたと仰ってました。へ??お好み焼き600円って安いよね??

○飛び石
名取裕子渡瀬恒彦船越英一郎のロケはどうでも良いけど、細坪基佳さんが立ち寄った聞くと、行ってしまう追っかけのサガ
劣化した運動神経を確認してしまいましたorz...
10968004_2245807299_244large.jpg

今年のクリスマスイブも京都歌暦、開催されるそうです。
細坪さんの「星に願いを」とかレアな曲を聞きたくて、家庭も顧みず出かけることでしょう。
アーティストも自分達もいつまでもこの日々が続くとは限らないから、行ける時にはなるたけ足を運ぼうと決意するのでした。

DSC00585.jpg

不死鳥Tシャツ、やっと手に入りましたーーー。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.02.28 22:46 | | # [edit]
ふざけおに says... "Re: 心の拠り所…"
Mさん、コメントありがとうございます。

> 細坪さん、やっぱり禁煙されたんですね~

あれ以来吸ってないって仰ったので、中断しているというニュアンスでした。「意志が強くてやめたというわけでなく、背に腹は替えられないので」と冗談っぽく言ってました。
久保田さんがヘビースモーカーなので、果たしてこのまま続くかどうかは何ともw


> 歌い手さんにとって声が出なくなることは相当ショック&恐怖だったでしょう…
> (;_;)

そう思います。不調という自覚がないのに、声が思い通り出ない場合、対策の立てようがないですもんね。
色々治療を試したので、何が効いてて、何が効いてないのか、わからないみたいです。

>
> 以前、「キーを下げるとファンの人に色々言われる」、
俺の手元ばっかり見てる男性ファンがちくるように言う、みたいなこと言ってました。
スリハンでキー下げてたって言ったら男性ファンが残念がってました。解放コードを下げると、フォームが変わってしまうので
奏法が違ってくるからでしょうね。
白い冬だと、特にダラダラダラの上がってくるハンマリングが違うんで素人さんは気になるんでしょう・・・・。スリハンの時、ベースとバイオリンでかぶせてましたけど、久保田さんのギターソロは、お見事全然違和感なくスムースに流れた感じしましたけどね。
(白い冬は一音下げ、5カポのAmでした。ってチクル私。細坪さん、ごめんなさいm(__)m)
素人さんは誰も細坪さんのように、フレーズ最後すみずみまで神経行き届いた唄い方、みんなしないからギター弾けるんだよねw。

2017.03.02 22:46 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "電話ボックス"
そうそう、MCでなんでか電話ボックスの話になって・・・
「電話ボックスか。。電話バックスで夜が明けるまで~♪って歌もあったよな」
って細坪さんがつぶやくように話された時、
きっとみんな心の中を過ぎったと思う。
あの曲のキーはどう下げるんだろう?ってw
2017.03.02 22:51 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/934-247be84c