ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

映画「美女と野獣」★★★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

本日映画の日、「美女と野獣」、観てきました~。ディズニーらしいソツのない作り。メアリーポピンズまでには、名作領域に至ってるとは思えないけど、評判通りアニメより実写いいなあって素直に楽しめまた。先の展開が分かりきっていても、アニメを実写にするとこういう映像になるんだってわくわくしたし、ミュージカル映画好きにはたまらない豪華さでした。音楽が良かったーーーー!!ハーマイオニーのエマワトソンもかわいいし。...

映画「サイレンス~沈黙~」★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

プチ文学少女だった私、高校の頃愛読してたのは、井上靖、北杜夫、遠藤周作の3人でした。中でも遠藤周作の「沈黙」が好きで、何度も読みましたね~。「海と毒薬」も。「イエスの生涯」も読んだけど、これはあまり記憶ないです。昨年暮れ、細坪基佳さんが札幌ライブで「遠藤周作の「沈黙」が好きで若い頃夜中に一気に読んだ。今度映画になるんだよね。」って仰ったのでこの映画のこと知りました。きゃあああああ!!同じ作品にはま...

映画「殿、利息でござる!」★★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

美しい七つ森の遠景。江戸時代後期、荒廃する郷土の再興のため、貧しさにあえぐ民のため、時世を読み、滅私で奔走した名も無き偉人の遺影のようでした。「利他的生き方」というテーマ性もさることながら、エンタメ性の高い面白い映画でした。是非皆さん、見て下さいね。ちなみに原作「無私の日本人」の元になった「国恩記」は、江戸時代後期、吉岡宿救済事業の顛末を龍泉院栄州瑞芝(えいしゅうずいし)が、偉業を後世に伝えるため...

映画「杉原千畝」★★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

日本のシンドラーと称される杉原千畝。リトアニア領事として、日本政府の許可を得られぬままビザを発行し、ホロコーストから6000人のユダヤ人の命を救った人物です。彼がユダヤ人を救済したヒューマニストというのはよく知っていましたが、本映画では彼は優れた外交官で的確に世界情勢を読んでいた人物としても描かれていました。彼は日本の国益のために貴重な情報を本国に提供し続けたのですが、軍部主導の政府は取り合わず、...

DVD「ニューシネマパラダイス」★★★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

目下絶賛おっかけ中のアーティスト細坪基佳さんお勧めの映画でしたので、早速レンタルで見ました。全編全然退屈するような映画ではなかったです。こういう映画、好きなので。舞台背景となったシチリア島、映画が神の娯楽だった時代、老若男女富裕層も貧民も、同じ場所で同じものを見た古き良き時代のノスタルジーと、愛すべきユーモラスな大衆への温かい目線を感じる良質の映画でした。たくさんの娯楽にあふれかえった個人の時代に...

映画『風に立つライオン』★★★★☆

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

娘二人と観てきました。ケニア国境近くの野戦病院、スーダンの内戦で傷ついた兵士・子供達の治療に奔走する日本人医師を描いたヒューマン医療ドラマ。心優しい医師航一郎の善意は次なる善意を生みます。2011年3月25日、東日本大震災の被災地で、傷ついた日本の少年に「ダイジョウブ」と声をかけた黒人医師は、かつて航一郎の患者だったスーダンの少年兵でした。エンディングで流れた「風に立つライオン」に涙がほろり。戦争...

映画「エクソダス~神と王~」★★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   1 trackback

昔見た白黒映画「天地創造」と「十戒」好きだったので、世界史好きの1号と見てきました。「出エジプト記」は、エジプトで奴隷にされていたヘブライ人が自由を求めてのエクソダス、創世記で描かれたアブラハム一族の末裔が神と契約したカナンの地へと脱出する旧約聖書の二番目の書です。起源前1230年、今から3240年前のお話でしょうか。映像としては、選ばれしヘブライ人(ユダヤ民族)と契約した「I am」=<私は在る者...

映画「アゲイン」~28年目の甲子園~鑑賞日記★★★☆

Posted by ふざけおに on   2 comments   0 trackback

1号をセンター試験会場に送った後、どうせパパも仕事手に付かないだろうし次女3号と映画でも行こうかと画策・・・、ところがこれが私と主人の趣味は全く合わないんです。私はスターウォーズとかロードオブザリングとかハリウッドのど派手なCG使ったど派手なSFファンタジーが好きですが、パパは3丁目の夕陽とか武士の家計簿とか鉄道屋とか地味な邦画好きなんだよね。(そもそもおよそ娯楽に興味ない人なんですが・・・)その...

映画「風立ちぬ」鑑賞日記★★★★★Part2

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

ここからはオタク度全開感想です。パパンダさん風に「映画見るパパは、このパパですかーー?」そうだあんただよ、って。本当に久々に主人と映画見ました。うちのパパったら、私の大好きなSWもハリーポッターもガンダムもインディジョーンズもジェラシックパークも悉く爆睡しちゃう人なので、映画誘う気にならないし誘っても時間の無駄だからと嫌がって来ないのですが、今回は娘の手術のこともあって、お互い気分転換必要だよねと付...

映画「風立ちぬ」鑑賞日記★★★★★Part1

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

「一機も帰って来なかった・・・・」残ったものは無残な夢の残骸。愚かな殺戮の怨嗟。生命かけて愛をくれた妻も、この世を去った。グラウンド零に一陣の風が舞う~風立ちぬ、いざ生きめやも~それでも人は粛々と生きていくゼロの瓦礫を踏み越えながら愛の記憶を密かな灯火にして****************************************文明の光と闇。人はより良い物を、より美しい物を、より便利な物を...