ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

めぐりあい~番外

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

高校時代、全くアニメを観られなかった。汽車通(電車ではない)だったため、地方はネット局の関係でアニメは午後5時から6時台の放映だったが、帰宅は6時半。物理的に不可能。従妹が県外の従兄から、数ヶ月遅れでこっちで放映されているガンダムの録音を頼まれていたが、私には全然わからん世界だった。だってその頃は、自室のカセットデッキでフォークソングを聴いたり、ラジオを聴いてはがき出したり、、、。もちろん、勉強は...

続めぐりあい~脱線

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

学生時代、実は富野氏が「海のトリトン」の実質のブレーン(監督)であったことを知って、少しほっとした。西崎氏はプロデューサーだ。確かアニメ雑誌(アニメ-ジュだったかな)の「たかがアニメ、されどアニメ」という富野氏の連載で読んだような気がする。氏が{トリトンが多くの支持を得られたのは、「善悪の逆転」があったからだ}と言うのに対し、奥様が{「トリトンがかわいいからよ」と笑った}というエッセイがあったと記憶...

続めぐりあい~脱線

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

西崎氏の下で働いていた富野氏が、西崎氏を快く思っていないことはなんとなく感じられた。80年代、富野氏が妙にファンを突き放した発言をするのは、西崎氏への反発からかと思える時もあった。西崎氏の逮捕のニュースで、ふと、富野氏はどうしてるのだろうと気になった。時代の寵児として頂点に立った者たちの行方が気になったのだ。ここ15年以上、全くアニメから離れていたし、流行がどうなってるのか全く知らなかったが、ガン...

めぐりあい~脱線

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

西崎氏は時代の寵児のように扱われ、その後も、「宇宙戦艦ヤマト」の映画TVシリーズが出続けた。それらを観ることは観たが、批判能力の無い子供とはいえ、さすがに商業主義的な色合いを感じ始め懐疑的な気持ちになってしまった。数年後、多分「脱税」が最初の西崎氏の逮捕だったと思う。憧れの大人だった人は、思春期後半の私にとって最も軽蔑されるべく醜い人間に映った。それは教師が、実はつまらん人間だと気づいた時と同じ心...

めぐりあい

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

※この記事は今もアップされてます。過去ログの間「恐怖のふるやもり」にありますが、一応続きになってる話題なので転載しときます。+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++「めぐりあい」で密かに泣いてしまって以来、つい昔のことを色々思い出してしまった。アニメとのめぐりあいというと、白黒テレビで観た「海のトリトン」はとりわけ印象が深かった。あの最終回の価値観逆転は、...

我が家の青鬼君

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

我が家の青鬼君はこれまた全く音楽とは無縁な人間で、彼が歌ったのを私はこれまで、3回ほどしか、聴いた事がない。それもかすかにだ。もちろん、今までカラオケを歌ったたことがないという。歌わなくても、生きていける社会なのか?!呆れるほど、世俗離れしているが、本人は「至って自分はフツーだ」と豪語している、、、皆既月食並にしか聞けない青鬼君の歌。1回目は、結婚披露会で、「てんとう虫のサンバ」をみんなで歌いまし...

カラオケボックス

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

カラオケボックスなんて、何年ぶりだろう?実家の母が、死ぬ前に連れてってくれとせがむので仕方なく付き合った。「後生だから~してほしい」は、30年前から使う常套句で別段珍しくも無いが、どうせたまに顔合わせても殺伐とした会話が続くだけだろうから、歌でも歌って帰ってくれた方が、こっちはありがたい。私と1号がお相伴して、婆オンチに付き合った。婆は全然聞いたことがない最近の演歌ばかりで、1号は童謡ばかり(これも...

私的話題7

Posted by ふざけおに on

私的話題6

Posted by ふざけおに on

私的話題5

Posted by ふざけおに on

私的話題3

Posted by ふざけおに on

私的な話3

Posted by ふざけおに on

私的な話2

Posted by ふざけおに on

サッカークラブ

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

少し日記らしく、極めて個人的なことを書こうと思う。2号がサッカークラブに入った。2年生から入部できるので、去年からずっとやりたいとい言っていたが、とてもスポーツに向きそうにないし、私も仕事があって、練習に付き合えないからと言い含めていた。3年になっても、あきらめられないらしく入りたいとせがむので、ついに許可した。子供の運動部離れが進み、新4年生は1人しかいないと聞き、それなら運動音痴でも大事にされ...