ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

ディズニーシー

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

12月26日、博物館もアンデルセン公園もどこもお休みなので、思い切って1号3号とディズニーシーに行ってきました。私はディズニーシーは初めてなんです。いつものことですが、2号は将棋会館通いで、パパは神社の手伝い。って、パパはねずみーらんどが商業主義的で大嫌いなんですよ~。寒かったし、時期的に空いてる日だったようで、いっぱいアトラクション回れました。一番最初に、アクアトピア。ボートが水の中をくるくる回...

今年のクリスマスはちょっと複雑

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

今年もクリスマスにサンタさんが来ました。あわてん坊のサンタクロースで、12月22日に来たんですけどね。今年は雪道が酷いので、早めにお届けだったようです(笑)3号は何度もサンタさんにお手紙書いた甲斐あって、念願のハートフルコミューンです。とっても喜びました。去年電動糸ノコ一昨年消しゴム20個の2号には、新品の筆入れと鉛筆1ダースと大きな消しゴムが贈られました。去年ハリーポッターのDVD、一昨年デスク...

映画「ふたりはプリキュアMax Heart 雪空のともだち」鑑賞日記★★★☆

Posted by ふざけおに on   6 comments   3 trackback

公開1週間目の先週土曜、3号と見てきました。映画「ふたりはプリキュアMax Heart2~雪空のともだち」。館内女児連れの親子で賑わってました。気のせいかパパの割合が高かったような(笑)3人のド派手な変身シーンと、ほのかがフォウだと感じられる所が、パパさん達の見所でしょうか(笑)一瞬ですが、ほのかのスキーウェアに何故か「Z」の文字が浮かび上がってるのを私は見逃しませんでしたよ(笑)3号はずっとこの映画を楽し...

ガッシュのGBAゲーム

Posted by ふざけおに on   2 comments   0 trackback

2号の誕生プレゼントです。暇さえあれば夢中になってやってます。全く、まだまだ試験まで勉強することいっぱいあるというに、ゲームしないと生きていけそうにない2号です。色々イベントも行きたいのですが、とりあえず当面自粛。進路が決まったら、派手に羽を伸ばそうと思ってます。ここのところ毎週サンデー買ってますが、ガッシュは休載中。ライク先生、手をケガをされたとか。先がすごく気になるのですが、家宝は寝て待て。ど...

よそのご主人

Posted by ふざけおに on   2 comments   1 trackback

PTAママさん友達、Fさんの家に遊びに行きました。なんと子供が学校行ってる昼間、家事が終わった11時から子供が帰ってくる午後2時まで平日ノータイムで、アルコール飲みながら手作りの料理を頂きました。(おい)あまり昼だと気持ちが酔わないのですが、二人でシャンパンとワインを1本ずつ開けたので、結構飲んでますよね(^^:)お互いPTA問題やら子供を取り巻く社会問題の意見を交わし合い、良いストレス解消になりま...

嗚呼勘違い

Posted by ふざけおに on   4 comments   1 trackback

今の子供は慣用句が苦手だという調査結果が出てました。「あの人は○が黒いから信用ならない」の○に体の一部を表す言葉を入れなさいというテスト問題を中3生に出したら、「目」「髪」「肌」「眉」と答える子続出。そのテストを返す前日、連絡係の生徒に「明日は首を洗ってテスト返されるのを待ってなさい。」というと、その子は「明日の国語の授業連絡です。お風呂で首をちゃんと洗って来て下さい。」と伝えるという、「一体今日は...

デジモンゼヴォリューションDVD・新しいDWへの扉

Posted by ふざけおに on   4 comments   1 trackback

発売日にゲットしてましたが、紹介が遅くなってしまいました。デジタルモンスターゼヴォリューションDVD、改めて味わいのある映像を堪能させて頂きました。生物は闘争なしには生き残れない、そして他者との共存なしにも生き残れない。DWの異分子扱いをされるドルモンが「命をつなぐために、僕は生きていていいんだ」と、少しずつ自分の存在の意味を自ら悟っていく姿に、重みを伴った力強さを感じます。オンエアされたのは、今...

新しい人・ニュータイプ

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

小山氏の「元気玉」と同時進行で読み進めていた、大江健三郎の「新しい人の方へ」後半読み終えました。冒頭はものすごーい退屈で、この方の幼少期青年期の体験談はあまりに出来の良い方の遠い世界で正直面白くないんですが(笑)、後半のパレスチナ問題あたりからは非常に読み応えを感じ、とても共感できるのでした。不遜な物言いを平気でするなら、結局、小山氏も富野氏もノーベル文学賞の大江健三郎氏と同じことを違う表現で語っ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。