ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

ガンダムエース9月号過去から未来への歴史的対話「富野由悠季安彦良和対談」感想 Part7

Posted by ふざけおに on   6 comments   0 trackback

7 世界に誇れる日本のアニメ07年公開映画「トランスフォーマー」の主人公は、初めて「彼ら」に会った時、「日本製のロボットだ!」と叫びました。人型の変形ロボットイコール、メードインジャパンを連想したのでしょう。もちろん、現実のロボット工学ではなく、日本のアニメに登場する戦闘ロボットです。米国に限らず、日本のロボットアニメを世界中の子供達や若者が見ていることを象徴してるシーンだと思いました。。02年、...

窮チューモン、テイルモンを噛む

Posted by ふざけおに on   4 comments   0 trackback

年の瀬迫る今日この頃、私は猫を噛むどころか、袋のピカチュウ(袋の鼠)になってます。まずは、お知らせから。当HPの人気ページ、デジモンむしさん小説ファンの方に朗報です。むしさんが久々にBBSにカキコミされてまして、来年4月からむしさんのデジモンファンサイト開設に向けて始動予定だそうです。いやー何年経っても一度好きになったアニメキャラは忘れられないものです。またデジモンを語りあう日に向けて、私も心の準...

窮ピカチュウニャースを噛む

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

WEBアニメスタイルの首藤剛志のコラムが面白いです。なんかすごい身を削って書いてる感じもして切なさもあるんですが、作家で精神科医の北杜夫氏が躁鬱病で大変だーってのを思わせるユーモアもあって、表現者の持つ重厚なエネルギーに惹かれるものありますね~。これはもう一度ポケモン映画見直さないとって気分にさせられました。で、久々にレンタルDVDで、「ミュウツーの逆襲」と「ルギア爆誕」(一部傷ついて再生されなかったOT...

すイエんサー~マリー&ガリー~教育番組のススメ

Posted by ふざけおに on   2 comments   0 trackback

今週のマリー&ガリー特集、家族全員で見ました!!「膵炎サー?!」うちのPCはこう変換しました。どういう意味?「サイエンスの並び替えに決まってるでしょ!」y1号話が終わって幕が閉じるたび、何故かやんやの拍手する子供達(何だ?!この反応は?)尊敬のまなざしでTVを見てます@@;前回見た時はなんか面白そうって思ったところで、あまりに終わるのが早くてあれ?これで終わり?って感じでよくわからなかったのですが...

映画「ワンピース~ストロングワールド~」鑑賞日記★★★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   2 trackback

「漫画家をなめないでもらいたい」by雷句誠はい、参りましたm(__)mと白旗挙げたなる映画でした。(←どんな映画じゃ!?)国民的漫画「ワンピース」の原作者が直接制作総指揮をされた「ワンピース」劇場版10作目。私は映画は6作目まで見てて、TVと原作漫画はごくたまに目にする程度でしたが、、、、今回の劇場版は、さすが漫画家ってゼネラリストで、台詞より視覚的に楽しませる術を知ってます。まさに少年漫画の王道!!湿...

世はゼニなり

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

来週から冬休みです。高校生二人いる我が家、冬季講習代がしめて10万円也(涙)こんなお金かけて、意味あるのかしら。本当は、トルコ周遊10日間の旅お一人様9万円位だし、そのお金で行きたいね~1号と冗談交じりで話していたのですが・・・世の中円高・デフレの波の中、海外旅行より金がかかる予備校は強気だよねえ、値崩れしない業界は強いねえ。。。とかパパと車の中で話していたら、げげ?こんな看板が@@;代ゼニ!!代...

「カールじいさんの空飛ぶ家」鑑賞日記★★★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

「私より一日でいいから長生きして」by音無響子(めぞん一刻)。「例えばわずか一日でいい、俺より早く逝ってはいけない」by関白宣言(さだまさし)最愛の伴侶喪失を人はどう受容し、残された時間とどう向き合うのか。人生は獲得と喪失の連続である・・・同じように人生と家をリンクさせた「海辺の家」に寄せた浅田次郎氏の言葉が脳裏に蘇ってきます。78才のカール爺さんを通して、人にとって本当に大切なのは何なのか、優し...

映画「沈まぬ太陽」鑑賞日記★★★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

久々に見応えのある邦画大作を見ました。視聴後決してカタルシスを得られたわけでないのですが、リアリティがあり私が育った時代の日本を顧みさせてくれる感慨深いドラマです。久々というと本当に久々に主人と二人(SWEP3以来、夫が映画館に行くのは5年ぶりだよ、おい)、土曜の夜に映画館で見てきました。SWと違い、この映画なら絶対夫が寝る心配はないという自信がありました。ゲーム作家の柴尾英令氏のレビューを事前に...

怪談レストラン8話&ケロロ軍曹276話感想

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

まずは電話やTVのギャルソン君メッセージにリアル小学生がお返事です。以下3号が直接入力した部分です。++++++++++++++++++++++++++++++++++++皆さんこんにちは。母のブログでおなじみの、3号です。我が家の愛犬ポメが大好きなんですよ、私。怪談レストランは、あと何週間休むのでしょう・・・ギャルソンくん・・・、と母ががっかりしてます。学校では「コワバナ」がはやってますよ~。「...

TBの不具合で、アク禁されちゃった方、ごめんなさい。

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

うちのTBによくわけわからない文字のが来るのですが、、、どうも文字化けしてたみたいですね。迷惑コメントが一時期大量に来てたので、このところもう面倒で訳分からない文字入ってるのは全部投稿禁止にしてるんですが、TBの方は実は悪意がないのを、コメ&TB禁止にしてるかも。今日、それが判明しました。そういう目に遭った方、すみません。そういう方はどうぞ管理人にメール下さい。本当にごめんなさいです。アクセス解析...

羽生名人と萩の月

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

今週の日曜日、羽生名人の特別講演会「先を読み、決断する力」に息子がお世話になっている道場の招待で行って参りました。上品な甘さと柔らかな口どけで、ご当地お菓子の本格派「萩の月」菓匠三全の社長さん(お会いしたことあるんですけど、とても気さくなフレンドリーな方ですよv)のご尽力で実現した企画です。誰しも憧れる天才棋士羽生さんと誰も喜ぶ仙台土産「萩の月」のコラボレーションとあって、もう感激でした。実は県外...

特定扶養控除は残るんですよね?

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

高校生大学生のいる家庭は扶養控除されるらしい?? だとすると、それだけでも良かったです。ほっ。 森永卓郎氏のご意見のおかげでしょう。勝手にそう思って感謝です~ (^^)政権交代が流行語大賞になった今年。 総じて前政権よりましかなって思ってます。政治家が働いてる感じします。 事業仕分けはずいぶんあちこちに叩かれてますけど、直接目的にたどり着かないような部分に予算が落ちてるところも見えてきたので、そこは良かっ...

怪談レストラン7話感想と銀英伝CD~我が家の歴史がまた一ページ

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

昨夜は子ども3人と観ました。2号はPCで将棋してましたが、しっかり話聴いて反応してました。うひひ、ビビってるビビってるv楽しい火曜ナイトフィーバー。ショウ君の出番も多かったしvvついお酒飲み過ぎました。見終わった後、大好きなおばけギャルソンに電話していい?と3号わくわく。電話番号を録画で確認すると、あれ?「なんで8が強調されてるの?」と私、1号が「2と間違える人がいるからでしょ。通話料金かかるって...

テイルズオブヴェスペリア&エヴァンゲリオン 破 

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

今日は1号がテスト明け休みで、テイルズオブヴェスペリアをやってる遠くの映画館まで連れてって欲しいというので、どうしようかなと思ったら、なんとその映画館でエヴァンゲリオンも上映してるというんで、この際評判いいし、話のタネに観ようかなって気分になりました。1日千円の日だし、、、ちょうどテイルズの後の上映なので、1号と1号の友達と観ることに。。。テイルズオブヴェスペリアは、彼女らだけしか観てないのですが...

ガンダムエース9月号過去から未来への歴史的対話「富野由悠季安彦良和対談」感想 Part6

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

6子供目線がコモンセンス2003年に「世界と日本のアニメーションベスト150」というランキング解説本を購入しました。その本はアニメ業界に携わった著名な選者達が、商業アニメから芸術アニメまで幅広くセレクトした資料性の高い高尚な本です。興味深く読んだし、勉強にもなったのですが、その中で私が少し違和感を覚えたのは、富野監督と高畑監督が気のせいか、ハブられてるような印象があったからでした(笑)。率直に言っ...