FC2ブログ

ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

劇団四季「オペラ座の怪人」& Studio Life 「はみだしっ子」観劇日記

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

operasza.jpg

ライブ追っかけの間隙をぬって観劇です。
京大病院に病児を連れて行く度、京都駅京都劇場の劇団四季の看板が目に入り、いつか見てみたい、観られる日が来るのかな、と思い続けて20年余、やっとこの日それが叶いました。
10968004_2297580224_108large.jpg

それも地元宮城県民会館。最高ランクの演劇を地元で見られるなんて、今日まで頑張って子育てした甲斐あったわ~うれしい限りです。
題目は名作「オペラ座の怪人」!
この日は平日の日中でしたがたくさんの人で賑わっていました。
10968004_2297580221_163large.jpg 10968004_2297580226_70large.jpg

壮麗なミュージカル、趣向を凝らした舞台装置、そして生で聴く怪人のバリトンは大迫力!!
女教師の娘役の子が可憐だったわ~とか、
パリオペラ座の観客の一人になったような、非日常的空間を堪能出来ました。

満場の熱い拍手に応えて役者さんたちが何度もカーテンコール、スタンディングする観衆もどんどん増えていき、最後は熱狂の渦。
どんな悲劇もこの最後の役者さんの粋なアクションに救われ、「ああ、これはお芝居だったんだ」って自分がすっかりフィクションに取り込まれていたことに気づかされます。ある意味、客は対価を払って騙されに行ってるわけで、よくぞ見事にここまで騙してくれたみたいな、騙した側への称賛の思いが満面の笑顔がとなり、これは映画では得られないカタルシスです。
観衆に応える役者さんの謝意にあふれたサービス精神に感激しましたが、更にすごく心地よかったのは、係り員の対応の良さです。これはライブ追っかけしてる私には結構カルチャーショック!!
「お客様、大変申し訳ありませんが、、、」
例えば 飲み物持って客席入ろうとした私に声かける係り員がすごい丁寧で低姿勢でした。
これがイベンターの若いもんの多くは、露骨に困ったおばちゃん扱い。横柄な態度で、全然「お客様」だと思ってない感じなのよね~ーー;

地方でこれだけ上質で品格髙い舞台芸術を味わえるんだから満足でしたが、欲を言えば、今年本場で見た宝塚はフルオーケストラ生演奏だったし、最近ホールで生楽器演奏聴く機会が多いので、カラオーケストラだったのが惜しいかな。
今度は悲願の京都劇場で見てみたいです。(京都劇場も生演奏でないのかな?)
10968004_2297580232_171large.jpg

この舞台のクオリティとは別話として、

私は「オペラ座の怪人」旧作映画の印象が強いのでこの最新シナリオのヒロインに微妙に共感できないよね。
私が見た旧作は、確かヒロインは怪人には師弟愛(博愛)で尊敬の念を抱いていて、ラウルには恋愛感情でした。異性としての愛を抱いていたのは、ラウルだったんです。
ラストは怪人とラウルが争い、ラウルが屋根から落ちかけた時、怪人はヒロインへの愛ゆえにラウルを助けたが、警察に銃殺されて死んだ、みたいな展開でした。記憶違いだったらごめんなさい。
でもこの新作シナリオは、ヒロインは二人に恋愛感情を持ってるんだよね。
でなければ、キスシーンは嘘ってことになるもんね。
彼への真実の愛が、彼を変え、彼が自分の行為を恥じたというところまではわかるんだけど、そのあとラウルと一緒に去っていくのは、どうもなあ・・・・。結果的に二股かけてたのか、このヒロイン不実!(笑)
もしあのキスで改心したなら、罪人であっても彼と生涯共にする「つもり」を見せてほしかったなあ。
罪人である彼が身を引き、それでも彼を求めるヒロインをラウルが強引に連れ去るって展開だったら好みなんですけどね。ヒロインの愛の真実を感じて、好みでした。
10968004_2296784945_76large.jpg

はみだしっ子は、小さい劇場で若手男優が好演してました。
女性役も子役も青年が演ずるので、洋風歌舞伎というか逆宝塚ですが、そこまでエリートでない市井の中で演劇を志す若者たちですから、上手い下手とは違うエネルギーありましたね。
正直、漫画原作のキャライメージには遠い印象でした。
その中では門の鍵のシドニーマーチンがイメージ合ってたかな。気のせいか、美中年バイオリニスト、都留ノリヒロさんに似てました(笑)
でもこの役者さん達や役者さんが好きな若い世代が、原作に興味を持ち、「はみだしっ子」を読んでくれるなら それも故三原順さんにとって幸せなことだろうし、当然ファンにとってもうれしいことです。
役者で生きるって大変だろうけど、頑張れ、若者!!
10968004_2298162940_72large.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/1004-e3a8d568