FC2ブログ

ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

FM NACK5 開局30周年記念 松山千春コンサート・ツアー2018「ことば」in仙台

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

「なあっ、お前らー」って語りかけられると、なんか昔からの知り合いみたい。高校の頃ラジオは聴いてたけど、生で千春さんを見るのは初めてです。
テレビで見たのは30年ほど前かな。兄が熱中してたNBAのバスケットボール、マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペンが活躍してた頃、BS番組で解説してる千春さん見つけて、なんか嬉しかったこと思い出します。
10968004_2300657475_253large.jpg

千春さん、病気をされたようで、音楽的には苦しいものありましたが、そのメッセージ性たるや熱いものがありました。観衆は彼の発する言葉に熱狂し、共感してて、カリスマ性がすごいと思いました。
高度同調社会の世の中、空気を読んで群れていれば安全なのに、孤立を恐れず自説を通す彼の強さに敬意を抱かされます。
それというのも、ムネオハウスが虚構だったことを後に知って、色眼鏡で見てた自分を反省してて、千春さんは偉かったって今なら分かりますから。日本は人質司法で勾留期間長いし、ちょっとした記載ミス程度のことでも極悪人とイメージづけるメディアもおかしいです。
元防衛大臣の小野寺五典氏も客席にいらしてました。自民党議員10人ほどの千春派閥があるんだとか(笑)。
北方領土問題、外国人受け入れ等、政策について小野寺氏がいる前でもしっかり意見を述べられ、自分の損得勘定より国の未来を真剣に考えていることに、頭が下がる思いでした。彼にとって、音楽と国の未来は切り離せないものなのでしょう。

〇セットリスト
10968004_2300657456_73large.jpg

歌詞がモニターに出て良かったです。長い夜ではスタンディングで、大空と大地はみんなで唄おう!!最後に雪が舞って、幕が下ります。
以下敬称略 (「千春」と呼び捨てです)
10968004_2300657466_48large.jpg

〇自信家
私が見たアーティストの中で実年齢より老けて見えるのは千春だけだな。ごめんよ。
動きが鈍いし、音違ってるし、滑舌も話のテンポも良くないんだけど、一生懸命熱唱し語ってるが分かって、伝わってくるものがあります。ファンは今の千春を応援することがこの上ない喜びなんだよね。
痛々しさも笑い飛ばせる、こういう日が、自分にも好きなアーティストにも来るんだよね。
ファンに向かって、「俺たちはさ、43年間ずっとラブラブ、純愛だよな」って、心憎いことをさらっと言ってくれちゃって。さすが自信家。
予期不安抱かないのは、貧しくとも円満な家庭で育ったからかしら?
私や天野さんにはない性質だわ~。

〇共通項はトド
千春は、私のようながさつで勝ち気な女<もどき>は嫌いだろうなって、何も通じ合うものなさそうかなって思ったのですが、トド話題にはおおうけ。千春も♀トド飼ってるのね。うちのパパと同じだー!実はうちのパパは帰りのラジオで千春の番組聴いてるそうで、同じトド飼育者としてシンパシィ感じるって笑ってました。
でもうちのトドはさんまやイワシを食わないで、カニエビ貝類が好きなグルメで、コスパ悪くて困ったとぼやいてます(-_-;)。
10968004_2300679563_46large.jpg

〇思い出語り
私は、やたら男らしさを売りにする人、肩で風を切るように他人を威嚇してる人、不良、チンピラ、ツッパリ、カッコつけ嫌いなんです。女性に自分の価値観を押しつけない、一人の人間として見てくれる謙虚な人、真面目で素朴な人が好きなので、本当は千春は苦手なタイプです。
でも色々この頃思うことあって、何故あの頃好きだったのかと同様に何故嫌いだったのか、今ならどう思えるのか自分探しの旅の途中に、千春に立ち寄ってみたくなったのです。

私が岩手の高校生だった頃、まだ無名だった千春が、IBCトップ40で人気に火がつきたちまちヒットチャートのトップに躍進。私の回りもみんな千春に夢中で、その影響で私も初期のアルバムは聴いてました。そのころの音楽は好きでしたね。
考えてみれば、私がリアルタイムで、無名からヒットチャートを駆け抜けてスターダムに上り詰める勢いを間近に体感したのは、千春とオフコースだけです。凄いエネルギーでした。地方の若者達は自分たちが発掘したアーティストが全国を席巻する興奮で、皆熱狂してましたから。
なんせ私の田舎から盛岡まで千春の最初のコンサートを見に行った友だちいたくらい。
・・・私はと言えば、地元岩手出身のNSPが好きなのがなんか時代遅れみたいで、みんなに取り残されてる気分だったのよね。
その千春の盛岡の最初のコンサートで、千春が機嫌を悪くしてアンコールをしなかったことでしばらくトップ40で大きな話題になってました。行った友達、別に問題にかかわってないのに翌年のコンサートに行くまで真面目に悩んでたもん。
そしたら、その時参加していた盛岡のHさん、のちに熱心なNSPファンになられた方ですが、その千春のコンサートに参加してたそうで、良くその騒動を覚えていて、二人で熱く語り合ったのが7年前。その彼女、昨年、他界されました。
限りある命だから、今年は彼女の分も千春のステージを見に行こうって決意したんです。

〇ギルド様
チケット同封の案内に、「最近、チケットなくす方、忘れる方、増えてます。当日チケット忘れても入れるように手配しますので、座席番号は控えていてください」だって。うわーさすがミュージックギルド様、高齢者や慌てん坊に優しい。「チケット無くしても自己責任ですから、入場不可です」と冷たく突き放されるこの世の中で、きらっと光る一文でした。
千春もみゆきもNSPもオフコースもあんべさんもみんな昔はミュージックギルドだったのよね。ふきのとう以外は(笑)
やれやれこんな感じで思い出を語りだすと止まりませんね。
10968004_2300657479_184large.jpg

今年の初物は、五十嵐ひろあきさん、鈴木一平さん、光田健一さん、Voice、アルフィー、千春、チャー(予定)かなあ。その中では良くも悪くもvoiceが印象あります。そのうち、また。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/1007-f429f38e