ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

僕が泣けたのは~SWEP3「シスの復讐」、2号の感想

Posted by ふざけおに on   14 comments   9 trackback

20050804182046.jpg

2号(小6)が待ちに待ったSWEP3、将棋大会も終わった今週のレディスディ、2号と3号連れて吹き替え版を見に行きました。私はこれで7回目になります(^^;。
2号は既にPS2のゲーム「シスの復讐」を完全にクリアしているし、先はだいたいわかってるようです。ゲームのストーリーの感想は、「アナキンは本当に悪い奴だ。オビワンは最強。」と。
ゲームの筋にはパドメは一切関わらないので、この子といえども映画を観たら少しはアナキンに同情してくれるだろうと、ちょっと期待して連れて行きました。
映画というといつもアクションシーン以外は退屈そうにポップコーン食べてる2号も、今回ばかりはろくに食べる間もないほどエキサイティングだったようで、中盤までは身を乗りだし目を輝かせて観てました。
そして終盤、、、なんと2号が泣いてるではありませんか。。
ああ、私が好きなSWに息子が感動して泣いてくれてる、この感激に、つい私ももらい泣き;;;(1号は全然泣かなかったんだよね)
映画の怒濤の悲劇ムスタファーでのアナキンとパドメ、オビワンとアナキンに初めて涙しましたよ~我が子がこの悲劇を痛む気持ちを想像すると余計に泣けましたよ。ルーカス、我が子に感動をありがとうって気分。
終演後、全然涙流さずにどよーんとした気分だった1号(Hちゃんもだったな)は具合悪そうにぐったりしてたのとは正反対に、映画館では涙していた2号は出る時はさばさばした顔で、「悲しい話だけど今までで一番面白かった。エピソード3が一番好きだな、またS君と見に来ていい?」

○僕が泣けたシーン
「感動してたでしょ?泣いてたから。」
「うん、まあね」と照れをごまかす2号。
「アナキンがダースベイダーになって叫んだところ、かわいそうだったでしょ?」と確信をこめて聞くと、そんなことあるかいと言わんばかりに「あの格好で叫ばれても全然説得力がないよ」と。
「??え?でもアナキンがかわいそうだと思ったでしょう?」
「別に、、、まあ、少しはかわいそうかもしれないけど、でもあいつとんでもなく悪い奴だって、ゲームよりひでえ奴だと思った。」
「じゃあ、あんたなんで泣いたの?」
決まってるじゃないかと言わんばかりに、「ジェダイ聖堂で、子供が殺されたからだよ。すごくかわいそうで泣けた。オビワンがベイダーを倒してくれたから、良かったけど。」
絶句・・・・・
ホント、息子の存在は親にいろんなことを教えてくれますな(^^;<ルーカス&アナキン

○母と息子の論争
帰りにファーストフードを食べながら、大論戦。
母:「アナキンはパドメを救うために、ダークサイドに行ったのにどうして悪い奴なわけ?」
息子:「アナキンは選ばれし者なんだから、シスを倒さないといけないのに、ダークサイド堕ちてみんなが迷惑したんだ。ジェダイも共和国も滅ぼしてしまったんだ。」
母:「あんたEP6観たでしょ。最終的にアナキンが皇帝を倒したんだよ。SWはアナキンの物語なんだよ」
息子:「皇帝を倒したのは、ルークがベイダーを改心させたからだよ。ルークに言われてやっとベイダーが悪かったことを反省したからで、ルークのおかげだよ。主人公はアナキンじゃないよ、オビワンの物語だよ。」
母:「パドメとアナキンがいなかったらルークは生まれてないんだよ」
息子:「だから、アナキンはパルパティーンがシスだとわかった時に、議長を倒しておけば、みんなが仲良く幸せに暮らせたんだよ。もう少しでメイスが議長を倒すところを邪魔して、メイスがかわいそうだよ。」
母:「アナキンはルークやレイアも助けたかったから、議長を殺せなかったんだよ」
息子:「ダークサイドに行ったら悪なんだよ。アナキンは罪もない小さい子まで殺したから悪い奴だよ。だからEP3の後もダースベイダーはずっと悪だったじゃないか。」
母:「じゃあさ。例えばパパやママだったら、2号のためなら、ダークサイドに堕ちると思うし、ダークサイドからも帰還すると思うよ。そのパパやママを悪だってあんたは言えるわけ?」
息子:「どうしてそういう話になるの?パパやママはジェダイじゃないだろ。アナキンはジェダイなんだよ。選ばれし者なんだよ!」
母:「アナキンにその自覚はないでしょう!」
息子:「自覚がないからアナキンはダメなんだよ、無責任だよ!」
カンカンカン♪、ゴングで論争に終止符が打たれました。

旦那に「あんたの息子はこんな浅い理解でいいの?」と聞いたら、
2号に向かって「お前は正しい。You were right,my son」とベイダーみたいに言うのだった。
「2号の、子供が殺されてかわいそうだという感想は、その時点で極めて正しいじゃないか。ベイダーは悪いことをしたから罰せられたという、この映画の意図通りに受け止めてるんだよ。」
まあ確かにベイダーをかっこいいと言わないだけまともというか、子供らしいというか。。。
結局、2号は恋愛経験がないし守るべき特定の対象を持ったことがないから、アナキンの感情を理解できないだろうし、彼の問題が自分とは遠いことに思えるのでしょう。
一方、1号は自分がアナキンのように、周囲に認めてもらえない辛さがわかる思春期に突入してるし、EP1の小さい頃のアナキンに感情移入してたし、私やHちゃんは恋愛にのめり込む困った性格だったりするから、アナキンに共感してしまって落ち込むのでしょうね(笑)。

○ライトセーバーは僕の命。I can't live without a lightsaber.
今回のオビワンVSアナキンのライトセーバー戦に大満足の2号。
オビワンのライトセーバーを買ってあげました。もう喜んでしまって寝る時も一緒、外出する時も一緒。
「さてはお前、ライトセーバーなしには生きていけないだろう?」と私が聞くと、「うん!!」と元気の良い返事。
「あはは、それじゃ、アナキンと同じだな。武器を捨てられない奴はダークサイドに堕ちる運命にあるのだ。」
私としてはアナキンのセーバーが欲しかったのですが、売ってなかったです。売り切れたのだろうと私は思うのですが、2号はアナキンはセーバーを悪いことに使ったから、最初からメーカーが玩具として作らなかったんだろうと言ってます・・・・まさか~

○最強のジェダイ
「オビワンは最強だね。オビワンなら皇帝を倒せたはずだと思うよ。だって皇帝より強いアナキンをオビワンが倒したんだからね。ヨーダはオビワンにアナキンを倒せ、皇帝はお前には無理だって言ったけど、ヨーダがアナキンを倒す自信なかったからオビワンを向かわせたんでないかな」と、得意げに話す2号。「お言葉ながら、アナキンはオビワンを何度も助けてるんだけど・・」「オビワンだってアナキンをもっと助けたことあると思う。それにアナキンに教えたのはオビワンなんだぞ!オビワンはかっこいいんだぞ!」
はあ、そうですかってな気分(笑)それは確かにかっこ良かったよ。ユアンマクレガーの誠実そうな瞳が、いっそう悲壮感を強めてましたよね。
母:「オビワンがアナキンを殺してしまわなかったのは何故?」
2号:「かわいそうだからだろう」(←ジェダイの掟だからだ)
母:「じゃあ、アナキンを助けなかったのは何故?」
2号:「ジェダイがシスを助けるわけにいかないからだろう」ピンポーン、妙にここだけ正確に読んでるなあーー;

映画観る前は、グリーバス将軍とオビワンの対決を一番楽しみにしてた2号。実際観た感想は、「グリーバス、ショボすぎ。あんな銃でバシュンであっけなくやられちまうなんて雑魚じゃん~(笑)。」
彼がオビワンの次に注目してたジェダイマスターは「水中星人」キット・フィストー。
母:「水中星人だってあっさり皇帝にやられたじゃん」
2号:「何を言う!水中星人は、他の瞬殺された奴らと違って、ちゃんと3秒くらい戦ったんだ!偉いんだぞ!」
はあ、そうですか。。。。@@
息子を持ってしみじみ思う男の子の観点の相違。スターウォーズが好きなのに観てるところが全然違うんだよね。男の子は感じ方は違うって実感できるから、息子は持ってみるもんですな<ルーカス。
20050804180639.jpg
オビワン、大好き!の2号です。

○スターウオーズで好きなシリーズ
コアなファン投票だと、EP5、EP4、EP3、EP6、EP2、EP1の順だそうですが
我が家の2号の場合、EP3、EP2、EP6、EP1、EP5、EP4の順。ポイントはライトセーバー戦のかっこよさでしょうな。
EP3のアクションが別格に好きなようで、ついでEP2、この二つは特にライトセーバー戦の迫力、CGの派手なアクション映像が好きそうです。
1号(中1)の場合、EP1、EP6、EP4、EP2、EP5、EP3の順。
EP1はジャージャー、アナキン少年、アミダラ女王のファンタジームードが大好きだから。次がEP6のイゥオークアドベンチャーが好きで、この2作は別格なようです。続いてEP4、EP2の順。EP5とEP3は暗いし楽しめるマスコットキャラがいないので面白くないのだそうです。特にEP3は最悪だと言ってますね(^^;。
彼女の評価ポイントは、マスコットキャラの存在、ユーモア度とハッピーエンドかどうかが重要なようで。
私は、EP3が最高傑作だと思うし、心情的にも最高に好きになって来ました。続いてEP2、EP5、EP6の順。ややおいて、EP1とEP4ですね。ズバリポイントは悲劇性に尽きますな(笑)。EP1と4は、出だしの限界で人間関係の情報量が少ないので深読みできないのと、すっきり終わるエンタメ性が、心にひっかかる部分を薄くしてるからですね。
その点、なんだかんだと深読みできるのがEP2と5。一番はまりまくった気がします。3と6は集大成の〆の感動を得られるのが良いですね。
ちなみに今も昔もドロイドやクリチャー、トルーパーの類には、私は興味がないのですが、子供がそういうのが好きなので、その感性が面白いなと思います。だって、私ときたらかっこいい役者さんのドラマパートばかり観てますから(^^;
EP1のアナキン少年は、学生の頃だったら全然興味なかったでしょうが、身近に子供がいるタイミングだったので興味持てました。SWに子供を喜ばす要素があったから、子供と一緒にSWにはまれたし、自分がもう忘れてしまった子供の感性や身近に感じられない男の人の感性を知る上で、すごく良い映画だったなと思います。
自分と違う感性を知ることもまた、楽しからずやなのでした(^^)。

吹き替え版2回目ですが、字幕より情報が多いのでわかりやすいです。
でも気になったのは、、、、

不老不死もそうですが字幕の訳に準じたみたいに、
ドゥークーの「高慢も2倍だな」が「鼻をへし折ってやる」に、
オビワンがグリーバスを倒した銃を観て、「非文明的だな」が「こんなもの」になってたので、ちょっとがっかりでした。
あと、浪川大輔君(好きな声優さんなのですが)の吹き替えがちょっとダークに声を作りすぎな感じがすごく気になりました。
EP2の少年らしい感じはよく合ってたし、フロドもすごく良かったので、あの調子でEP3のシスになる前のアナキンは良かったと思うのです、、。
あんなに最初っからワルっぽさを出したら、アナキンの本来的な心の美しさ優しさが見えて来ないので、悪人が本性を出しただけに見えて(うちの2号はそう思ってそうーー;)、善人がダークサイドに堕ちたという衝撃が薄まってしまってる気がします。
アナキンは、それこそ純粋過ぎる理想家だから自分の中に抱える矛盾や曖昧さに耐えきれず両極端に走ってしまうのだと、わかって演じてるかな?心配になりました(^^;。
特に、評議会のオフレコ指令で、議長をスパイしろとオビワンに言われた時の反抗の仕方があれじゃあダークすぎです(デスティニーのシンみたい)。
あの時のアナキンは、人を疑うことが醜いことであるという理想があって、純粋に正義感から怒っているのです。彼は友人を疑ってスパイするなんて卑怯な腹芸ができない曲がったことが嫌いな性格だから、オビワンに反抗したのですよ。むしろあそこはいかにもピュアでまっすぐな若者らしく演じないと・・・
彼に議長のスパイという汚れ役を命ずる評議会と、命令だからと彼が納得できる理由を示さず従わせようとしたオビワンへの不信感へとつながっているのが、あれでは見えなくなってしまうと思います。
あとはパドメのいる時の恋する男の昂揚が、ちょっと沈み過ぎてたような・・・・別世界のように甘く美しいムードがもっと欲しいかなとか。
最初からあまりにベイダーを意識した演技が、アナキンの光と影のメリハリを無くしてる気がしました。

そのうちルークを浪川さんが明るくやってみるのも良いかも。
でもできるなら、ルークは水島裕さんでもう一度観たいです。
ベイダー卿は、大友龍三郎さんの声がイメージになのですが、、、喪黒福造さん(大平透氏)は馴れてないかも。

ところで、字幕版機械人間ベイダーの声は、ヘイデン自身ではないのでしょうか?
彼が演じたのを合成処理したかもしれないと何かで読みましたが、、、違うのかな?
少なくとも「NOOOOOOO!」の最後の方、良く聞いてみるとヘイデンの地声がかぶってるように思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

竹花 says... ""
TBありがとうございます。吹き替えも問題の部分はあまり変わりませんか。ワタシもEP3は最高だと思います。「掃除が大変だ」は20年前なら笑えますが、今だと笑えないですよね。今度は吹き替え版も見ようかと思います。
2005.08.05 18:37 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "竹花さんへ"
コメントありがとうございます。
「掃除が大変だ」は、あの場面を観て不自然だと思ったから、これならと、思いついた訳なんでしょうね。EP4のオビワンの台詞につながることを思いつかなかったんでしょうなあ。
にしても、映画会社の方は誰もそれを指摘しなかったんでしょうかねえ。。。

EP1のシミがパドメに「この子はあなたを助ける運命だった」(He was meant to help you」も今思うと伏線に思えますが、字幕(吹き替えも)だと「この子を使って下さい」なんですよね。
ここは既に話題になってるのでしょうか?
2005.08.05 22:14 | URL | #- [edit]
まり says... ""
映画は未見ですが、2号君の感想はとっても子供らしく男の子らしい素直なもので、微笑ましく読ませていただきました。アナキンを無責任だと言うあたり、少年らしい潔癖さを感じたのですが、映画を見てからまたこちらの記事を見たら感じ方が違うんでしょうか。私はふざけおにさんのようにSWに思い入れがないので、どう感じるかわかりませんが、映画を見たら報告しますね。親子で同じものを見ていろいろ言いあえるのって、羨ましいです。
2005.08.07 00:19 | URL | #OGPSQbQg [edit]
大魔王 says... ""
こんにちは、SWの師弟関係はストーリー上暗い影を落とすので…何だか心臓に悪いですよー。
個人的にはヨーダLOVEです
2005.08.08 19:48 | URL | #- [edit]
ごまどうふ says... ""
こんにちは!ついつい書き込んでしまう私をお許しください(笑)
親子の語り合う姿に感動しました!わたしの勝手な考えですが、こんな風に話せる家族ってどれくらいいるのかな…と。ふだんどこかに出かけて目にする親子は、親が「うるさい」と子供を叱っているだけだったり、話かけているのにほとんど無視している親だったり…。
私は以前携帯電話の正規店で働いていたことがあり、その時も一方的に親の意見を押し付けている様子も見ました。
「親もただの人間だ」と解るのには自分も大人にならない限りわかりません。だから人の話に相槌をうつのもおっくうな時もあると思いますが、子供は自分を拒否されているのではないかと思ってしまうこともあると思うのです。現に私が子供の頃、クラスで意地悪な子や、異常に友達に執着している子は家庭に問題がありました。
私はまだ独身で自分で家族を持つという経験がありませんがいつかそういう時がきたら、ふざけおにさんのように子供が興味を持ったことでいろいろと話す機会をもちたいと思いました。……すみません!SWの話と全く関係ないのに…!ごまどうふのブログは、元はこんな家族のことや社会の疑問をごまどうふの小さな脳みそで考える…というのがテーマなので、つい食い付いてしまいました!すみません!!
2005.08.09 10:10 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "まりさんへ"
>2号君の感想はとっても子供らしく男の子らしい素直なもの
そうなんですけどね。もうちょっと深く捉えて欲しいなって思います。
全然本を読まない子だし、昔から表情で人の感情を読むことの苦手な子なので、、、、、
算数のような記号を捉えたり、将棋のように数手先を読むのは得意なんですけど、、、、
子供によっても色々です。

>アナキンを無責任だと言うあたり、少年らしい潔癖さを感じた
この辺の融通の利かない頑固なところが実はアナキンそっくりなんですけどね(^^;

>SWに思い入れがないので、どう感じるかわかりませんが、映画を見たら報告しますね。
是非、お待ちしてます。爽快な話ではなく悲劇ですので。

>親子で同じものを見ていろいろ言いあえるのって、羨ましいです。
子供と一緒に感想を語り合えるから、私は今キッズ番組にはまってるんだと思います。
だんだん子供が大きくなってくると、見る作品も楽しみ方も変わって来ますね。

でも私は世の中の立派なママさん達と違い、ダメな親です。私にとって子育ては仕事よりずっと難しいです。
私の母は私が好きな物を絶対認めてくれなかったですが、唯一母が巨人ファンだった頃趣味が合って母を好きになれたことありました。うちの子達は果たしてTVやゲームに妙に寛容でネットばかりやってて手抜き家事の母をどう思ってるやら(^^;
極端なんです。何事もバランスが大事ですよね、、、、ってSWはそういう話です(^^;
2005.08.09 18:36 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "大魔王様へ"
コメントありがとうございます。
大魔王様もSWお好きなのですね。

>SWの師弟関係はストーリー上暗い影を落とすので…何だか心臓に悪いですよー。
そうですね。そちらにあったお弟子さん希望の方は自分の売り込みが激しいですよね(笑)
あれは確かにひくかもです(笑)
アナキンは、内心オビワンの弟子になりたくなったし、オビワンも師の遺言だから義理で引き受けたっぽいし、、、、出だしが躓いてましたよね(笑)

>個人的にはヨーダLOVEです
ヨーダのバトルにはあっけにとられますよね(笑)彼の禅問答が味わいがって良いです。
ヨーダの星の同種族の人は、きっとフォースが強いためにみんな生後6ヶ月でジェダイテンプルに連れてこられて誰も結婚できなかったため、絶滅したのでしょうか;;
2005.08.09 18:52 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "ごまどうふさんへ"
コメントして頂くと、文章書く励みになりますので、何でもお気軽にどうぞ。

>親子の語り合う姿に感動しました!
それほどでもないんですが(汗汗)、そう思って頂けるとちょっとうれしいです。
でも難しいですよ。自分の子供って。最近上の子は口ばかり達者で理屈っぽくなって困ってます。それって自分の持つ嫌な部分なんですよ。私自身、自分があまり良い家庭で育ったなかったので、、、多分駄目な親に部類です。挫折の繰り返しです。
でもそんな私でもこういうファミリー作品を通して子供と時間を共有できるから助かってます。、、、、
でもネットにはまって家事がおろそかになってしまってるという、、、、
バランスが悪い私です。だから子供もそんなにうまく育ってはいないと思います。変わってますよ。良く言えば個性的というか(^^;。

>子供が興味を持ったことでいろいろと話す機会をもちたい
子供のためというか、子供を持つことによって子供の興味を持つものを子供の目線で見ることで、自分の子供時代の純粋な気持ちを思い出させてくれるから、子供が競争社会に勝つことばかりに明け暮れさび付いた大人に、豊かな心を教えてくれるから子供の存在はかけがえないと思える瞬間です。
子供の興味につきあうことで、自分がもう一度幸福とは何かを知ることができるというか、、、
EP6のアナキンもまさにこういう思いなんだと思います。
SWがまさにそうですしデジモンアドベンチャーもそうでしたが、ファミリー向け作品キッズ作品の価値は、子供が自分をどんなに救ってくれているかを知り得るところにあるのだと思います。

2号はね、EP2の頃から、ジェダイに訓練はこんなに楽しいのに、パドメとあーんなことやこーんなことをしてるアナキンがどうしてそんなことが楽しいのかわからないんですよ。
パドメを守るよりライトセーバー振り回してる方が、はるかに楽しいことだと2号は思ってるでしょうなあ(笑)
2005.08.09 21:22 | URL | #- [edit]
ごまどうふ says... ""
お返事、またこちらのブログへのコメントありがとうございました。
親の気持ちというものが解り、また自分の考えが広がりそうな気がします。ありがとうございます!!
2号くんはきっと自分で恋愛をすれば(親としては複雑ですか?!)、またSWへの想いが変わるのでしょうねー。何だかうらやましい気もします。人は恋をすると強くもなるし、アホみたいに弱くもなるし…。これから出会うであろう2号くんの恋愛を応援するごまどうふでした!
2005.08.09 22:45 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... ">ごまどうふさんへ"
>人は恋をすると強くもなるし、アホみたいに弱くもなるし
ホントそうですね。人は恋を知って人の世の美しさと悲しさを知るものなのでしょう。
もちろん、息子には素敵な恋をして欲しいし、女性を尊重する男になって欲しいです。

親として、2号の読みの浅さが気になるのは、アナキンがシスに転向したのは理想があったからだという点を読みとれていないことなんです。
新興宗教に走る若者や戦争に駆り立てられる若者は、純粋で正義感が強いからだと、「アナキンを無責任!」となじる2号にこそ、アナキンと同じ部分があることを、悟って欲しいんですけどね。。。まだ無理ですかね。
2005.08.11 23:08 | URL | #- [edit]
Noto says... "TBありがとうございます"
2件もTBありがとうございます。
σ(^^)の息子(小4)も真剣に見ていました。
世代を越えて楽しめる映画ってなかなかないのですが、スターウォーズはいっしょに見れて、しかも何度見ても飽きないですね。
見れば見るほど奥深くなります。
こちらからもTB送らせていただきます。
2005.08.24 23:08 | URL | #IfsYIND. [edit]
keiconbu says... "TBありがとうございました!"
TBありがとうです!
いやー大変楽しく拝読させていただきました。
わたしの友人の息子5歳児とは、当たり前ですが比べ物にならないほど、物語を
深く理解されている息子さんですね。
や、5歳児と比べるなっつー話ですが。
息子さんの「自覚がないことがすでに罪」てすごい深い言葉に感じました。
そういうことがわかっている子供って、今どれだけいるんだろう・・・とか思ってしまいました。
多分、わたしが息子さんと議論とかやったら5分持たない気がします。
ええもちろんわたしが負けます。
2005.08.26 09:37 | URL | #3fP8K/.I [edit]
ふざけおに says... " >Notoさんへ"
コメントとう相互リンクありがとうございます。
SF映画がお好きなのですね。「2001年宇宙の旅」や「2010年宇宙の旅」、熱心に昔見てたこと思い出しました。後でそちらにもコメントに参りますね。
TBありがとうございます

>σ(^^)
この顔マーク良いですね~。自分という意味でしょうか。

>世代を越えて楽しめる映画ってなかなかないのですが、スターウォーズはいっしょに見れて、しかも何度見ても飽きないですね。
デジモンやハリーポッターは子供から入ってきた我が家のブームですが、SWは私が子供にはまらせたという、、特に息子が夢中です。パパは全然興味ないので悲しいですが(泣)
EP3が公開されたら、俄然旧作が面白くなってきて、息子と一緒に解説しながら見てます(笑)。EP3は傑作ですよね。
2005.08.27 16:29 | URL | #mQop/nM. [edit]
ふざけおに says... " >keiconbu さんへ"
こちらこそ、そちらの息子さんの様子が目に浮かんで微笑ましいというかいじらしいというか。楽しませて頂きました。

>自覚がないことがすでに罪」てすごい深い言葉に感じました。
そろそろ反抗期ですね。へ理屈ばっかり達者です。去年までは純真でかわいかったですが、成長と共に気難しくなって来て、アナキンそっくりだなーと思います(笑)
その後じっくり息子と私でEP6を見直し、EP3とどう対応してるのかを私が解説したら、ちょっと考え直したみたいですよ。結構感動したみたいでEP6では皇帝がメイスで、ルークが議長に置き換えられるのを見て、、「アナキンやっぱり良い奴だな」と単純に納得してました(笑)
クローン大戦のアニメやゲームのEP3のアナキンが悪役っぽすぎるんで、そのイメージが強かったんだと思います。でもルークがお父さんを信用する姿に、悪い人でないんだって、やっとわかったみたいです。
私や旦那が、「2号や、パパとママがダークサイド落ちたら、助けに来てくれるよね?ね?」と泣き落としにかかったら、「うん助けに行くけど、でも多分オレも一緒に落ちる」とあっさり敗北宣言してました(爆)
2005.08.27 16:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/134-69dd7240
スターウォーズ終焉
「スターウォーズエピソード3」見ました。 思ったよりも嫌な終わり方では無かった
スターウォーズ エピソード3 
たった今観終わって帰ってきました。この感動を忘れないうちに日記に書きたくて(忘れっぽいので)才能があり愛を知る、でも愚かで哀しい男の物語。壮大な世界観も素晴らしい、戦闘シーンも今まででは最高!と思えるほど素晴らしい。悲しい結末へ一直線なのですが、なんで...
スターウォーズ・エピソード?
映画を見たのは1日だったのに、感想を書くのがこんな日になってしまいました!いや、あまりにも大興奮で!あまりにも切なく、哀しい結末…いや、EP?への衝撃の繋がりで…ずっと放心状態で、上映中は大号泣してた私なんですが…(^^;)EP?見て、あんなに号泣しちゃったのって、
週刊『ぴあ』がルーカスたちを容赦なく追及(笑)
発売中の『ぴあ』に、「『スター・ウォーズ』の残されたギモン」という特集記事があって、思わず読んでしまった。インタビュー先はなんと、ジョージ・ルーカスとリック・マッカラム(プロデューサー)。で、この巨匠たちに何を聞いているのかというと、シリーズ全体を通
アナパド的解釈【SW吹替え版】
やっとこさ、SWの日本語吹き替えの方を見に行ったよ。
スターウォーズ PS2ソフト
スターウォーズのゲームソフトって思ったよりたくさん出てますよね。スターウォーズは映画だけでなく、その付属系のメディアも楽しめる設定になっているので、マニアの心を揺さぶるんですよぉ~。
スターウォーズ Episode? ~シスの復讐~ 吹き替え版
ついでに吹き替えを見てきました。 スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐
やっぱり字幕版
先日子供と一緒に吹き替え版で見た「スターウォーズep3」を、改めて字幕版で見た。
5歳児と暗黒面
そういや、その元恋人である5歳児なんですけど。いちいち「元」とつけるあたりに、...