ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

SW・EP3「シスの復讐」~私的考察1

Posted by ふざけおに on   24 comments   7 trackback

「メイキング・オブ・ザ・スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」を読んで
20050811150523.jpg

この本は、映画「シスの復讐」が出来上がる過程を時系列でリポートされていて非常に読み応えがあった。監督のプロットをどう具現化してきたのか、監督と言葉を交えるスタッフや俳優の心情をそれを見ている著者の目になって、その場にいるように味わえるのが良い。
特に物語のいくつかのポイントが初期構想からどう練り直され最終的に完成作品になったのか、また役を演技者や監督がどう理解し人物像を作り上げたのか、この作品を通して監督は何を描こうとしたのか、何を描くまいとしたのか(何を誤解されまいと意識したのか)、が随所に表れていて、SWのストーリーと人物像とテーマに興味が向いている私には非常に興味深い一冊であった。
完成した映画は、このメイキング本の後にも手を加えられているのもまた興味深く、作り手の意図をあれこれ想像できる楽しさもある。
美術設定や映画の制作過程の興味がある方はもちろん、監督や俳優ファンキャラクターファンの知りたい情報をカバーしており、かつ執筆者の主観を極力抑えドキュメンタリータッチの冷静な文体はいらぬ先入観を排して、情報を正確に伝えており、ファンなら必見の一冊と思われる。

ちなみに私がこれを読み終えるのには3日ほど要し、ちょうど最終ページを読み終えたのは子供の将棋大会の応援席にいた時であった。
私は常々SWはルーカス監督の次世代を慈しむ父性愛の産物だと感じていたし、EP6の死の直前のアナキンの心情をあれこれ想像していたので、最終ページを読んだ瞬間、人混みの中であるにもかかわらず、こらえきれずに泣いてしまった。
アナキンの一生を通し作品で描こうとしたことは十分映像で伝わっていると思っている私だが、改めて監督の言葉を伝えるこの一冊は作品の感動の理由を見事に補完し、感動を拡大追体験させてくれたのである。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
アナキン・スカイウォーカーの心情~その1
この本にはいくつか誤植(誤訳?)と思われる部分がある。その中でこれは前後のつながり上どう見ても変だと思ったのは
P207 2004年の8月28日撮影時、カウンシルでアナキンがひとり椅子に座り思い悩むシーンでのルーカスのヘイデンへの助言である。
メイスに待機を命ぜられたアナキンの(以下原文のまま→
不快感の度合いが増すようにするんだ。頭の中を過ぎ去っていくダースプレイガスの「伝説を思い出そうと努力するのさ」クローズアップになったとき、「さらにもう一歩進んでくれ。君はジェダイからパルパティーンがシスであることを聞いて、パドメが死にかかっていることに気づく。つまり君が彼女を殺すんだ。」
一瞬この文章の意味がわからなかったが、よく考えると下線部は「君はジェダイにパルパティーンがシスであることを教えて」と直すと文脈が通るのでおそらく、誤りと思われる。
(以下原文まま→<数テイクが撮影され、クリステンセンはアナキンの内面の苦しみを具現化した。やがてそれが彼をダークサイドへと追い込むのだ。>

ここではっとさせられるのは、アナキンが恐れたのは間接的であれ、「自分がパドメを殺す」という結果にある。メイスに議長の正体を教えた正義の行為で、もし議長を亡くしたら、同時にパドメを救う方法が失われるので、自分が正しいと思ってやったことがパドメを殺すことになるから、アナキンは沈みゆくコルサントの夕陽を見ながら涙を流したのだ。
もしあのままジェダイカウンシルの椅子に座ったまま時を待ったとして、アナキンが予言を成就するのと同じくパドメの死も決まった未来であるなら、アナキンはEP3の結末よりはましとはいえ、どっちにしても自らの行為で妻を死なせてしまった悔恨に苛まれる運命だったわけだ。
そこでじっと時を待つより、運命に逆らおうとした結果、彼の恐れた悲劇は最悪の形で彼を精神の地獄に突き落としたわけだ。
ベイダー卿がルークに、息子を殺すことになっても「それが運命なら仕方がない」と言ってしまうのは、ここに起因するのだろう。

(以下原文まま→
アナキンとパドメがどれだけ互いに思いやっているか、それを示すところが僕の泣き所のひとつさ」とルーカスは認めた。「それを表現するのは難しいんだ。 『君を深く愛している。君を救うためなら何でもできる。君のためなら何でも捨て去るよ。友人も、人生の全ても。』>
これはメイスを止めに走り出したアナキンの決意だが、これを「僕の泣き所のひとつ」と監督がいうのは、物語で監督自身が泣けるところという意味なのか、これをうまく表現するのに苦しんでいるという弁慶の泣き所的意味なのか、、、この文面からは定かではない。
その後の「これはとても難しい構造的な問題だ。(中略)僕にはうまく行く見込みがまったくないこともわかっていた。(中略)でもうまくできるなら素敵だし、素晴らしいことだよ。」というのが、このシーンにあたるなら後者なのだろうが、明確な意図は私は計りかねた。
ただいずれにしろ、この表現から、ルーカスはアナキンとパドメの愛を未成熟な上辺だけのものとは思っていないことがわかる。二人共恋は盲目状態で、アナキンは正常な判断力に狂いが生じていたが、だからといってあれを表面的な関係という捉え方を私はしたことがない。パドメはアナキンを最期の瞬間まで心から愛していた。彼女の手にある木彫りのペンダントはアナキンの心にある「善」の象徴だろう。
ムスタファーを離れる船内で目を覚ましたパドメと手術台で目を覚ましたアナキンが、それぞれの第一声がお互いの安否を気遣う同じ言葉であったことでもわかる。何より、二人の愛に真実がなければ、EP6の結末にはつながらないからである。
EP3後のベイダー卿は、かつて愛と感じたものさえもはや信じられず自分に絶望しているが、パドメや二人の子供はそれが真実だったとわかるし、それがまだ彼の中にあると確信できるから、ルークは父を救うことを優先したのである。

P84(原文のまま→
<「~双子たちがなぜあれほど父親を救おうと懸命になっているのか?これは最初(ファンがエピソード4,5,6を見たとき)にはまったく明らかになっていなかったが、この映画で非常に明確になる。
20050811150536.jpg

↑ヘイデン・クリステンセンの写真がとっても美しいのがうれしい本です。
普段着のユアンに比べ、ヘイデンはアナキンに扮装したショットがほとんどですが。
ルーカスもヘイデンに「美しいね!」(P213)と言ってるのがなんか笑えます。

この本を購入したのは先月、月ひつじさんが「ふざけおにさん、スルドですよ」とコメントされたのがきっかけでした。割とマニア向け本は新シリーズに辛口だったりするので、読むのが辛いところもあって躊躇しがちです。が、この本はそういう批評とは無縁で、完全なる映画SWEP3の制作ドキュメントでした。欲しい一冊だったので、月ひつじさんに改めて感謝申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

dora-sw says... "スターウォーズ流行"
こちらこそ、TB&コメントありがとうございました~。

ふざけおにさんの行動力には毎度脱帽です。
すごいですよねー。いろんな方のブログや
コメントで指摘されたことを、しっかり行動に
移していらっしゃいますものね。

そうそう、ところで上半期の流行ですが、
私もしっかりブログとスターウォーズという点で
乗れてうれしく思います。

私も、6月から始めたばかりなのに、そして
スターウォーズの話題しか書いてないのに、
右肩あがりです(笑)。

いつまでスターウォーズ話題続けようか
悩みますね~。
2005.08.12 10:46 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... " dora-sw さんへ"
>スターウォーズ流行
検索ワードのエンタメ部門ではずっと1位らしいですね。おかげさまで、モチベーションが上がります。
確か全米でも、SW公開になった5月のキーワード1位がナタリーポートマンで、2位がヘイデンクリステンセンというウェブニュース見た気がします。向こうじゃナタリーが人気あるんだーって思いました。。映画誌見ても人気女優NO1ですよね。

>いろんな方のブログやコメントで指摘されたことを、しっかり行動に移していらっしゃいますものね。
あれ?なんか公約してましたっけ?極めていい加減ですよ~

>ブログとスターウォーズという点で
うちはその上、「プリキュア」にも乗ってます(笑)
Zガンダムの話題もうれしいところです。

>スターウォーズの話題しか書いてないのに、右肩あがりです(笑)。
お互い、盛り上がりを励みにして頑張りましょう!

>いつまでスターウォーズ話題続けようか
こればっかりはねえ、自分がクールダウンするまで続くものでしょうね。
末永く、SWを愛しましょう。
2005.08.13 20:51 | URL | #- [edit]
月ひつじ says... "映画とは。"
> 月ひつじさんに改めて感謝申し上げます。
いえいえ、そんな恐縮です。たまたま本屋でSW本立ち読みしてて、面白かったんで購入したんですよね。すごくリアルな感じが伝わってきて、いい本ですよね。気に入って頂けて幸いです。

それにしてもふざけおにさん、文章を的確に拾って考察するスタイルはさすがですね。さすが現役(笑)。ぼくなんかは力技で自分の説をたてて、それに合致する文章を探したりするスタイルなので、収集がつかなくなるともうオシマイ(笑)。いまも頓挫中で、猛反省中です。。。

物語の軸にアナキンとパドメの関係は不可欠ですが、EP3の欠点(というほどのものではないんですが)、状況の説明、変化を優先するが故に、深堀りの部分で解釈をしにくい部分が見受けられますね。アナキンのシスになった時、ムスタファーのパドメに語った台詞などは、違和感を感じている方々も多い感じですし。

でも逆にだからこそ、見る側に想像する余地が残されていて、そこを補填する資料があって(ぼくは小説は読まないので、CUTやメイキング本くらいですが)、自分のなか、もしくは信用できる方のご意見(ふざけおにさんやCarolitaさん)があって、自分のなかで物語が創造性を膨らませていくところが非常に楽しい!!

あ、すいません、語り系になってしまいました。

ぼくはずっとアナキンとオビ=ワンの関係が気になっていましたが、アナキンとパドメの関係を気にしつつ、メーキング本を再読してみようかと思います。
2005.08.13 21:40 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... ">月ひつじさんへ"
>さすが現役(笑)。
それが、、、10年前に退役してます(^^;。

>いまも頓挫中で、猛反省中です。。。
そんなあ、、、頓挫はともかく、なんで反省??
月ひつじさんらしい文章だから良いんですよ~。

>アナキンのシスになった時、ムスタファーのパドメに語った台詞などは、違和感を感じて>いる方々も多い感じですし。
アナキンとパドメの描写に私は特に違和感じないのですが、割とそういう声はあるみたいですね。
恋愛って麻薬が脳に流れてるようなもんで、はたから見ると滑稽なものだが当人らは周りが目に入らないほど夢中なものでしょうから、、、。ラブストーリーがルーカスは苦手とか言われてるようですが、親が自分の子にパパとママがどんな恋愛をしたか語ることを思えば、絵のように美しいシチュにすると思うなあって、ルーカスの気持ちを想像しちゃうのもあるかも。
シスの転向は、恋愛要素だけでなく、アナキンの目にジェダイがどう映っているかを月ひつじさんのように捉えていないとピンと来ないかもしれないですね。
アナキンのムスタファーでのパドメへの話も変ですかねえ、、、あーあ、壊れちゃってるって感じでした。
「共和国を裏切らない。」から「マイエンパイア」になった自己矛盾はありますが、皇帝が帝国にしちゃったんで、今更皇帝側についた自分が間違っていたとは認めたくないんでしょう。皇帝信じてジェダイ滅ぼしちゃったし。。。さすがベイダー、その時々で自己正当化しちゃってます。ep5ベイダーのランドに対する「これ以上、私の気が変わらないことを祈ってろ」を想起させますよね。

>ぼくはずっとアナキンとオビ=ワンの関係が気になっていましたが、アナキンとパドメの関係を気にしつつ、メーキング本を再読してみようかと思います。

そちらにも書きましたが、とっても楽しみにしています。
私も少しずつ頑張ります。
2005.08.14 15:42 | URL | #- [edit]
chatttenoire says... "TBありがとうございます。"
ふざけおにさん、こんばんは。はじめまして。
すごくたくさんSWについて書かれていますね。ざっと読んだだけなのですが、子どもさんの感じ方とか、やりとりとかとても面白いです。&ヘイデン君に会ったんですねー!!その頃私はヘイデン君のことは頭の片隅にもありませんでした・・・
&Zについても書かれているんですねー。私のようなぺいぺいと違ってとても本格的なので、これからゆっくり隅々まで読みたいです。
2005.08.16 00:17 | URL | #Op1/FQLA [edit]
ふざけおに says... ">chatttenoire さんへ"
そちらのブログの韓流分析がすごいです!後でコメントかTB入れますね~。
私もヨン様が好きなせいか、少女漫画チックというか、シェイクスピアみたいなアナキンとパドメの愛の台詞が気にならないですね。美男美女の純愛ものは基本的に好きですし、ルークにも思い入れがあるので、そんなにルークの両親である二人の愛に、黒いものや上辺だけのものとは感じない方ですね。
あの世界に暗雲が立ちこめてるのはその通りだと思いますが。
CUTの記事はコアな人向けに偏ってるのでは?
EP2、1が特に旧作より劣るとは、子供や友達の反応見る限り私は思わないんです。
旧作を自分の物にしてしまった見る側の目が肥えただけだと思います。
2005.08.17 17:08 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... ">chatttenoire さんへ"
追記です。
ついでに言うならば、今の世の映像が飛躍的に発展してますから、(ルーカススピルバーグのおかげでもありますが)旧作を今の世に公開したとして、あそこまでブームにならないと思うんですけど、、、風と共に去りぬやタイタニックはどの時代でも傑作と言われそうですが、SWのEP4を今の世に公開したら、筋も映像も子供向け映画として、指輪物語の影に隠れてしまったことでしょう。もちろん、指輪の映画はSWがあって出来たのでしょうけどね。
私は移り変わる時代を長い目で見てるので、新作には新作の良さがあるし、全6作つながった作品として、どれも皆愛すべきエピソードだと思ってます(^^)。
2005.08.17 18:05 | URL | #- [edit]
yachineko says... "ノンストップ"
で、読ませていただきました。メイキングオブ(本)も予約して、到着する日を待ちわびています。
ヘイデン君、本当に美しいですよね。ただ、きれいなのではなく、美しいオーラを感じるんです。私がヘイデン君を初めて見たのは「海辺の家」でした。その後、アナキンに選ばれたことを知り、「へぇー」程度だったし、エピソード2でも「何が禁断の愛?」と正直思っていたんです。でも、エピソード3を見て(実はその前から潜在的には感じていた)海辺の家は結構私的には感じるものがあってビデオで何度も見直していました。海辺の家はモロ父性愛の物語ですよね。私自身が父子家庭で育っていて、なんか父親の愛情表現の原点を海辺の家に感じていたものですから・・・
「海辺の家」にヘイデン君が出ていなかったらここまで感情移入できていたかな?
とふと思いました。
アナキンはパドメに出会った瞬間に「天使なの?」とパドメに言いますよね。
その瞬間にもう、決まったのか。
今、エピソード2を見ながら妙に確信したのは「皆殺しにした」といったアナキンに対して、「怒りは人間の感情よ」と抱きしめるのを見たからです。
彼女のある意味、演技力的な部分で、アナキンの思いより、パドメの気持ちは伝わりづらいけれど、アナキンがジェダイではなく、人間だからこそ愛したのだな。と
もう、この時点でパドメはアナキンがやることは、全て愛がさせることだと知っているから、「彼には善の心が残っている」と言えるのかも。と思いました。
分かっちゃいるけど止められないのが人間と神との違いで、だからこそ人は全能の神を求めたりするけれど、でも、許せるのは、結局人間らしさ、そのおろかさを実感した瞬間だから。
母性は強いといわれていますが、そういう通説って、結構人を傷つけると私は思っています。だから、父とか母を超えて、未来に子供を託して死んだパドメは私の心をとても癒してくれました。
やっぱり、ルーカスってすごい。
私、実はロードオブザリングもハリーポッターも嵌れなくて、だって、子供の頃の自分が全然純真だとは思えないから。でも、アナキンには異常に感情移入してしまうんです。あの小生意気で、子供の癖に何でも知ってるみたいなところそっくりで、愛する人を亡くすことへの恐怖って、愛を実感できないからこそあるんですよね。
パドメを見つけたときは、奴隷でも、アナキンは母からの愛を受けていたから
でも、その後母の元を去ってから母以上に愛を注いでくれる人は彼の心の中では存在しなかった。でも、パドメは皆殺しをした彼を抱きしめる。これ以上の愛は無いと思うだろうし、それをなくしたら生きていけないと思うのは当然だよ。と
本当は、パドメと愛を確かめ合えた時点で、そのことで昇華出来ればいいのかもしれませんが、やっぱり、そうできないのは私も、アナキンなのね
トラウマって怖いです。
2005.08.23 00:01 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "yachineko さんへ"
とっても心のこもったコメントありがとうございます。
後でゆっくりレスしますね~。もうちょっとお待ち下さい。
2005.08.23 18:27 | URL | #mQop/nM. [edit]
yachineko says... "いえいえ・・・・・・"
ふざけおにさんのコメントとても面白くて、一気に読んで誘発されてしまいました。
私も、エピソード4からずっと、リアルタイムで見続けていたので、SWが完結する。それだけで感慨深いものがありました。ルークを抱いて2つの太陽を見上げるラストシーンは本当にすばらしいです。おかげで、シリーズ全部見直してしまいました。4-6を先に見ていたからこその感動。と、改めて感じる気持ちとで、恐るべしルーカスです。
というか、ルーカス自身がフォースに導かれてこれを作らされたんじゃないの?
と思ってしまいます。
今日、「メイキングオブスターウォーズ」が届くので、美しいハイデン君、口あけて見つめようと思っています。
ありがとうございました。
2005.08.24 09:20 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "yachineko さんへ"
旧作からのファンの方なのですね。うれしいです~!
メイキング本、ヘイデンとルーカスがいかにアナキンという人物を作り上げて行ったのかが伝わってきて、じーんと来ますよ。私は泣きました~。
パドメについても、私も色々と感じるものがあって、yachineko さんのコメントにも感動再びって感じでうるうるきてたります。
レスゆっくりしたいし、記事もまだ書きたいことあるんですが、今ちょっと忙しいので、すみません。(子供の始業式が明後日なんです。3人いるので、パニックてます(泣)
お待ち下さいね~。
でもどうぞ、yachinekoさんの思いをどんどんここに置いてって下さいね~。

2005.08.24 23:05 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "yachineko さんへ"
熱心に読んで頂きありがとうございました。SWの興味が向いているところが近いととても刺激になります。色々また書きたいなーって気分でいっぱいで、早速長文レスです。

>アナキンはパドメに出会った瞬間に「天使なの?」
>その瞬間にもう、決まったのか。
そうなのでしょう。ルークもレイアに一目惚れですから、そういう家系なんでしょう(笑)

>アナキンがジェダイではなく、人間だからこそ愛したのだな。と
あのシーンは印象的でした。私はジェダイの道を外れたと苦しむ彼を見てしまった以上、パドメはもうこれは彼から離れられないなあーって思いました。
というのは、パドメはアナキンの母を知っています。アナキンがジェダイになるきっかけを作ったのは彼女でした。彼女を救おうとしたことが、アナキンの人生を大きく決定づけたので。今回もパドメの護衛をしてるうちにシミ救出を遅れさせたかもしれないとか。どこかで、パドメには9歳の少年を母と引き離したこと、シミに対し追い目があるので、母を亡くしたアナキンをシミに変わって守りたいという気持ちが起きて不思議ないですから。
後で整理したいとおもっていた点ですが、パドメは彼の恋人としてだけではなく、同時に母なのだと思いました。
またパドメはアナキンがジェダイであるのにも関わらず自分を愛してくれることに揺れ動いているように見えます。パドメは何故かアナキンのジェダイである未来を愛しています。私への愛のせいでアナキンが「将来を棒にふる」ことをパドメは恐れているとも読めます。アナキンはジェダイを捨ててパドメと暮らしてもいいと思っているのをいつも制止したのはパドメです。
ここがパドメの矛盾で、一体彼女はアナキンが偽りを抱えたままでもジェダイであって欲しかったのか、平凡でいいから彼女だけを愛する男性であって欲しかったのか。。。。
最後の最後になった彼に全てを捨ててと言いましたが、パドメはアナキンの社会的成功が彼の幸福だと思ってしまうあたりで、恋愛ではなくシミを意識した母性愛があったのではないかとなんとなく思っています、、
アナキンは、懐妊したパドメが女性である以上負担が大きく社会的地位を失うのが見えていたから、彼女だけなくなく自分も地位を追われなければフェアでないとどこかで負い目に思っていて、どうせジェダイを追われるなら、不名誉でない形で、とか思ってたかもしれないって気もします。アナキンは世間によくいる女性だけに妊娠の重責を負わせ、自分は社会で知らぬ顔して安泰決め込む男性と違い、誠実だと思います。
アナキンの魅力はyachineko さんのご指摘の通り、人間らしさですよね。フォース(神)の子である彼が普通の人間以上に人間的だというのが神秘ですよね。
また人は何故か完全無欠な人格者より、欠点のある未成熟な人に惹かれるものです。パドメが「あなたと会ってから私は少しずつ死んでいる」と未来を暗示したようなことを言ってますが、アナキンの人間らしい傷つきに深く同情したのだと思います。
アナキンが求めたのは、ジェダイの言う博愛ではなく自分だけを特別に愛してくれる肉親の愛だったのでしょう。アナキンに父がいないことが、パルパティーンのつけいる隙でしたが、アナキン自身が父になることで、パルパティーンを排したわけですね。

>母性は強いといわれていますが、そういう通説って、結構人を傷つける
パドメがもし生きていたとして、まともな精神状態で乳児を育てられないでしょうね。乳児がいれば母は苦しくても生きるなんてのは、出産と産後の母性の脆弱さを知らないから言うのでないかと思います。出産を機に外的要因以上に内的要因で精神を病む母親がこの世にどれだけいるか、、、。増して人一倍、正義感の強いパドメであれば、この子達を生かす為に失われた幼い命に思いを馳せ、この子達と幸福を得ることに罪悪感を感じて彼女も子供も幸福にはなれないでしょう。
ルークとレイアには罪がないから、第3者が養育して正解だったんです。だからこそ存分に育ての親の愛を受けて、強くまっすぐに育つことができたのです。
パドメは自分が死んでも自分の意志を継いでくれるであろう子を産み、そこに希望を託せたことで、救われているのだと思います。にしてもかわいそう過ぎて泣けます;;;;
>ハリーポッター
ハリーは最初こそEP1みたいですが、単純にいい子ではなく、だんだん年齢が進むにつれルークやアナキンと似てダークサイドに近づいていると思いますが、、、好みはそれぞれですよね。極めてSWとよく似た話だと思いますけどね。もちろん私はSWが一番好きです~。
>子供の頃の自分が全然純真だとは思えないから。
そういう気持ちはよくわかります。でも、実際目の前に9歳の子供がいると純真だなって思えるものかもしれません。だんだん周囲の接し方や社会に毒され、ダークサイドに近くなっていき、彼らの狭い価値観での狂った糾弾を、オビワンのようにどうしようもない無力感で見守るしかないって現実、実際ありますねえ。。
でも少なくともSWを描かれているのは、アナキンもあなたも私も子供の頃は純真だったのですよ。きっと。少なくともその時代の社会を生きる大人よりは。
だんだん成長と共に挫折を繰り返し社会の汚れに染まってきて、善良で純真ではいられなくなるけれど、そんな時ふと子供の無垢な心に触れて、無垢な時が自分にもあったと、汚れちまった自分への絶望から、かつて自分にもあったこの子らの豊かな感性のためにできることをしてあげたいと思えるようになって、やっと自分の存在意義がわかるとでもいうか。。。。木彫りのペンダントに象徴される子供時代の純真さ、思春期の葛藤、青年期の闇までが新シリーズで、旧シリーズは自分と同じように苦悩の人生を歩む次世代への慈しみから、自身を肯定できる光を得る物語ではないでしょうか。

>愛する人を亡くすことへの恐怖って、愛を実感できないからこそあるんですよね
パドメの愛を失うことは恐れていたでしょうけど、、ただ親が意志もない幼な子を亡くす恐怖は、愛を実感できるとかできないとかとは別なもっと本能的なもののような気がします。アナキンはパドメだけでなく、子をなくすことも恐れていたので、必死だったんだと思います。
京大移植外科の前教授が親子間の生体移植に踏み切る時、親が我が子を救いたいという気持ちに勝るものはないと言っていたのを思い出します。
もちろん、ある程度子供が大きくなり反抗的になってくると、それはそれで親子の確執が生まれるのは世の常ですが。オビワンとアナキンの確執は、ぐれた息子と厳格な父とのすれ違いを思わせます。
>パドメは皆殺しをした彼を抱きしめる。
これが予言成就のポイントでしたよね。肉親の情って存在そのものを愛することだと思うんです。それまでのジェダイにはなかった愛です。母親なら、妻なら、我が子なら、彼が罪を犯しても善があると信じて愛してしまうんですよね。たとえ手足がなく姿が機械に変わり果ててても、植物状態でも、存在を祝福する愛ですよね。
クローン大戦でジェダイはアナキンに戦果を挙げることを期待してたので、ジェダイさえもアナキンを利用していたと言われても仕方ないかも。

>トラウマ
アナキンの場合、父が存在せず父と慕ったクワイガンが早世したのが、シディアスにつけ込まれる隙を作り、最愛の母シミを救えなかったトラウマが力への渇望となったんでしょうね。
母と同じに妻を失うわけにいかないと思うアナキンの気持ちは極めてよくわかりますよね。
アナキンは愚かではありますが、私はSWの登場人物で一番魅力を感じます。
2005.08.27 00:29 | URL | #mQop/nM. [edit]
yachineko says... "感涙です"
ふざけおにさんへ
もー、涙うるうるです。自分が書ききれなかった部分を全部補完してもらったような気分。
私自身は、親の気持ちって未だに理解できなくて、頭で何とかフォローしている状態なので「本能的に」というコメントは、目から鱗でした。そういう部分はとても分かる。もうDNAとして存在しているのでしょうね。

私が、自分の子供時代を受け入れられたのは、自閉症の子供の笑顔に癒された瞬間でした。「ただ、存在する」というだけで、人は人を幸せにすることが出来ると知り、私も子供の頃私の笑顔で幸せを感じた人がいたのだろう。と思えたときに初めて今までの自分を受け入れられたんです。その子の笑顔に引っ張られてずっと自閉症児の入所施設で働いていたのですが、その頃は自分のほうが癒され続けていました。
今は、養護施設に移って毎日自分の子供時代の嫌な面を見せ付けられていると、かなりしんどいです。
実の親よりも、他人に養育されるほうが幸せな場合もある。という気持ちはいまもあり、だからこそ施設で働いているのですが、愛されないと思い込んでいる子供は視野が狭いから、本当に可愛くない子がたくさんいるんですよ。それこそ9歳にもなると全然純真に見えない。悪魔です。
親に外れたって「生まれてきた」ってだけで実はもう「選ばれし者なのよ」ということに気付いて欲しいんだけど、道は遠い・・・・
自分自身でさえ、親への気持ちを克服しきれていないし

それにしても、パドメはふざけおにさんが指摘するとおり「母」ですね
映画の中でパドメ自身の生い立ちや家庭環境が分からないのが残念です。って、この映画たしか娯楽大作だったはず
美しいヘイデンくんの苦悩の顔に涎がでまくり、R2-D2の活躍に心躍らせ、ラストシーンを見た後の不思議な幸福感は本物です。文句があったって、それは、この作品が大好きだからこそです。

先日、又映画館で見てきました。ふざけおにさんや、コアなファンの方々には全然かないませんが、出不精の私に2度も足を運ばせるなんて、すごいことです。
オビ・ワンの「ハッピーランディング」がもう一度聞きたいので、もう一回は行こうと思っています。
それから、
『メイキング・オブ・スターウォーズ3』今夢中になって読んでいます。
すごく恥ずかしいのですが、「サーガ」ってどういう意味ですか?

これからも、ふざけおにさんのコメント楽しみにしています。
すてきなレスありがとうございました。
2005.08.28 17:42 | URL | #- [edit]
yachineko says... "追伸"
サーガの意味が分かりました

「神話」という意味だったんですね
「英雄伝説」でもOKかな
つまり、スターウォーズ・サーガと銀河英雄伝説は同じ名前なのか・・・・
あっ、「銀河英雄伝説」漫画で読んでいました。実は最後まで読んでいないのです。
結末は気になっていたのですけど、たまたまそこにあったから読んだものですから
本屋では小説本しかそのとき無くて「そのうち・・・」と思っている間に遠い星のかなたに忘れていました。
ふざけおにさんを知ってから、自分の宿題が沢山あることに気付き、うれしい悲鳴です。

2005.08.29 09:39 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "yachineko さんへ"
SWに湧いた夏も終わりかと思うと寂しいですが、コメント頂くと俄然まだ語り足りない気持ちに駆られます。 まだ余韻に浸っていたいです。

>私が、自分の子供時代を受け入れられたのは、自閉症の子供の笑顔に癒された瞬間
そういうものですよね。私は仕事柄たくさんの尊敬できる親御さんと会って、世の中には素晴らしい家庭もあるということを知ったのが、一つのステップでした。自分も家庭を持ちたいと思えたのですが、次の試練は長女が生まれながらに難病だったことです。
仕事をやめて自分や自分の母と同じ欠点を持つ子供と始終顔を会わせるのは、母への憎悪を思い出して嫌なものでした。
でも親との共依存関係を経ち、自分の人生を歩むことで、親も所詮かわいそうな人達だったという客観的見方ができるようになりました。
親子関係を描いた作品は子供の頃から好きですが、そこに葛藤があるものが好きです。
わかいrきったことですが、言うほど親子関係はきれいなものではないですよね。

>自閉症児の入所施設
>養護施設
ものすごく荒れた中学校の教師が知的障害児の養護学校に行くと、癒されるものがあるんだそうです。

>自分の子供時代の嫌な面を見せ付けられていると、かなりしんどいです。
しんどいですよね。私もまだまだそうなんです。

>実の親よりも、他人に養育されるほうが幸せな場合もある。という気持ちはいまもあり、
私はそう思って育ちました。両親が死んでくれた方が自分にとっては良いと思ってたことあります。自分も子育ての中で、私より他の人が養育した方が幸せなんではないかと、よく思います。だからごめんね。こんな親でって気持ちありますよ~。

>愛されないと思い込んでいる子供は視野が狭いから、本当に可愛くない子がたくさんい>るんですよ。それこそ9歳にもなると全然純真に見えない。
なかなかシビアな現実ですね。それでも腐った大人よりは、出会いによってまだ立ち直るチャンスは若い方がありますよ~
それにね、結局世間を震撼させるような事件を起こす子はほとんどが両親そろった家の子だという矛盾もあるんですよね。

>自分自身でさえ、親への気持ちを克服しきれていないし
なんかわかります。私の場合は思春期はそればっかりに囚われていましたが、少しずつ自分の境遇に対するこだわりがなくなってたって感じでした。
育児に直面して、自分の無能さを知ったけど、でも子供によって救われてることがたくさんあるんですよ~。

>「ただ、存在する」というだけで、人は人を幸せにすることが出来ると知り、私も子供の頃私の笑顔で幸せを感じた人がいたのだろう。と思えたときに初めて今までの自分を受け入れられたんです

なんかじーんと来る気づきですね。私もこれを子供に教わったんです。
ルーカスは養子を何人かとってるようですが、偉いですよ。私も財力があればそうしたいものです。

>美しいヘイデンくんの苦悩の顔に涎
わはvアナキンとパドメのベタなシーンに毎度うっとりです、、苦悩も狂気も美しいv。メイキング本読むとずいぶん感情を入れて演じてますよね~。
よし、この機会に後でまだアップしてない舞台挨拶の画像、アップしますね。
続きはまた後ほど~
2005.08.30 19:05 | URL | #mQop/nM. [edit]
ふざけおに says... ">yachineko さんへ"
サーガで思い出しましたが、ヘイデンの舞台挨拶、英語わかんないんですが、スターウォーズ!ラストサーガ!って妙にリキ入れて言ってたのを思い出します。
その時のヘイデンの画像アップしたので、良かったら見てやって下さい。

>「銀河英雄伝説」
アニメは全話見ましたし、小説は1年がかりで読みました。
ヤンが好きなんです~。

>遠い星のかなたに忘れていました。
うまい!銀河英雄伝説は、主人公側はみんなバランスの良い人達ばかりで、安心して読めますね。

>ふざけおにさんを知ってから、自分の宿題が沢山あることに気付き、
無理には勧められないですが、、、ハリーポッターの「不死鳥の騎士団」を読むと、SWとの類似点を感じると思います。
ハリーはダーズリー夫妻に一見虐待されてますが、そこにすごい意味のある話だったんです。感心しますよ~。
2005.09.01 18:24 | URL | #- [edit]
yachineko says... "ハリーポッター"
は、私が担当している子が大好きなんです。
映画だけではなく、小説も全部読んでいて、普段は勉強とか、読書なんて全然しないんですけれど
それで、私も、小説から入りなおそうかなと
先日メイキングオブを読み終え、昨日エピソード2を読み終えました。
今、エピソード3に入ったところです。
その後、ハリーに移行するつもりです。
2005.09.04 00:27 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "yachineko さんへ"
>メイキングオブを読み終え、昨日エピソード2を読み終えました。
>今、エピソード3に入ったところです

私は今、EP3の写真集と、EP3のジュニアノベル、クローン戦争のアナキンの小説2種類買ってためこんでます。いつ読めるんだろう;;;
今日やっと、今月のスクリーン読み終わったところです。
読んでるとあれもこれも見たい新作映画や、昔見た懐かしの映画とか、気になってしょうがいですね~単純なんです。私。
まだまだSW話題続きますので、またコメントお願いしますね(^^)。
2005.09.08 18:10 | URL | #- [edit]
オーガナ says... "はじめまして"
このたびはTBを有難う御座いました。
どの記事へコメントを書かせて頂こうかと迷ってしまいました。あまりにどの記事も素晴らしいので。

私もメイキング・オブは3日かけて読みました。あまりのボリュームにびっくりしました。
そしてふざけおにさんが書かれているように『君はジェダイからパルパティーンがシスであることを聞いて』の部分で「ん?」となってしまい、一瞬混乱してしまいました(笑)

このメイング本には監督の本当の思いがたくさんあって、アナキンがどんな気持ちで演技すればいいかというのが書かれているのがとても嬉しかったです。
そして何よりもジョージ・ルーカスのコンピューター並みの処理能力に驚きました。あの方の頭の中は一体どうなっているんだろうと・・・

この本だけでは飽き足らず海外サイトに飛んでは「トレーラー」を見まくっています(笑)何より製作過程をみるのが大好きなので。
でも悲しいことに英語がさっぱりなので監督や出演者がコメントしていても何を言っているのやら・・・
あちこちで見聞きしたものを頭の中で組み合わせて、「きっとこんなことを言ってるんだろうな」って想像しながら見ています(^_^ゞ

こちらにお邪魔してみて、他のお客様のコメントなども拝見しますと男性でもパドメとアナキンの恋を優しく受け止めていらっしゃる方が結構いるんだなと嬉しくなりました。

まだまだSW新参者ですがこれからもどうぞ宜しくお願い致します。

こちらのブログをリンクに追加させて頂きたいと思います。

2005.09.15 08:41 | URL | #kUr9nKys [edit]
ふざけおに says... "オーガナさんへ"
相互リンクありがとうございます。
そちらのサイトを見つけてうれしかったです。
まだまだSWで燃えられる!って気分でした。

>海外サイトに飛んでは「トレーラー」を見まくっています
オーガナさんの海外サイトの情報、すごいですね。
是非、色々教えて下さい。海外サイトを回ったことはないので、興味深いです。

>男性でもパドメとアナキンの恋を優しく受け止めていらっしゃる
う?あ、すみません。私は男ではありませんのですよ~(汗汗)
ミーハーな主婦です(汗汗)

>ブログをリンクに追加させて頂きたいと思います。
ありがとうございます。
こちらからも豆にTBさせて下さいね。
本当はそちらのSWリングに入りたいなーって思ったくらいです。でもよくやり方わからなくて、、年も相当食ってるし、、、

でもSWは本当に好きなので、これからもよろしくお願いしますね。
2005.09.20 12:57 | URL | #- [edit]
Organa says... "こちらこそ"
はい、まだまだ燃えます(萌えます 笑)のでこれからもどうぞ宜しくお願い致します。

>オーガナさんの海外サイトの情報、すごいですね。

そうですか?最初はちょっと怖かったんですが見慣れてくるとなんとなく解ってきますよ。
私がお邪魔してるところは変な窓が出てきたりというのはありませんでした。
どこもとても素晴らしいファンサイト様ばかりで、しかも日本の比じゃないくらいの情報量です。リンクのまたリンクとたどっていると一日があっという間に過ぎてしまいます。

私のブログのBBSにお返事を書いておきましたので是非ご覧下さい。

それと・・・男性ではなかったんですね(滝汗 大変失礼しました。

>本当はそちらのSWリングに入りたいなーって思ったくらいです。

あちらはただ登録用BBSに名前を書きさえすればOKなのです。
あとはバナーを持ち帰って自分のブログにペタンと貼ってリンクかけておけばそれだけで。
特に活動とかはないんですよ(笑)意思表明みたいなものでしょうか。
宜しかったら是非どうぞ!

追記です
もしも画像をテンプレートに貼り付ける方法が解らなかったら・・・・(知っていたらごめんなさい)

http://fc2bbs.com/bbs?action=reply&uid=25984&tid=12829785

こちらに説明が書いてありました。

よく解らないという場合はこの方法をやめて、いつものように画像をブログにアップだけします。
そしてリンクのカテゴリでも新しく作ってその中に普通に記事を書くようにすればいいと思います。それなら画像のアップロードも簡単に出来ますから。
ブログの右側には表示できませんが一応リンクは出来ますから(^O^)

2005.09.20 17:45 | URL | #kUr9nKys [edit]
ふざけおに says... "Organaさんへ"
色々教えて下さってありがとうございます。さすが、ネットにお詳しいですね。
私は全然なんです。
実は教えて頂いたサイトは以前から何度か行ったことあるんです。
DLはしたことないんですが、あの場で見られる映像はいくつか見ました。
EP3のパロTV、コメディアンがヘイデンのものまねしてて、ムスタファーでパドメと
会話してるやつなんですが、何言ってるかわからないなりに笑えました。

問題はDLした後、どうやって再生するのか、わからないんですよ~(涙)
SWリングのバナーの貼り方もよくわからないという(泣)、、、
今週、来週は行事があって時間とれないんですが、10月になったら暇見て挑戦してみますね。
SW話題やわからないことを、また聞きに伺いますので、末永くよろしくです。
2005.09.22 12:15 | URL | #- [edit]
Organa says... "いえいえ"
やはりあちらはご存知でしたか、ごめんなさい。

私はWindows XPです。ふざけおにさんのパソコンはWindowsでしょうか?
Macだとやり方が全然違うと思うので私には残念ながらお手伝いできません。

Windowsなら・・・・

DLされたものは圧縮ファイルになっています。圧縮ファイルというのはファイルのアイコンにベルトのようなものがついているので他と区別することが出来ます。

この圧縮ファイルはただクリックしただけでは開きません。特別なソフトが必要です。

こちらなど どうでしょうか・・・・


http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/

こちらの上から3つ目 『+Lhaca』というのをまず先にDLして下さい。フリーソフトですからお金はかかりません。

DL先はCドライブの中にあるprpgram Filsの中がいいでしょう。DLが終わったら「閉じる」を選んで一旦全てを終わらせます。
今DLしたものがprpgram Filsの中にあるか確認してみましょう。
『Lhaca074』というのがあるはずです。これをダブルクリックするとはじめて使えるようになります。

そうすると使い方のページ read meが自動的に開いて、prpgram Filsの中にはもう一つ新しいフォルダ『Lhaca』というのが出来ます。
その中のread meが自動的に出ているわけですが、もうひとつ変わった形のアイコンがありますね。これが解凍ソフトです。
これを右クリックすると「スタートメニューにアイコンを追加」とか「ショートカットの作成」というメニューが出ます。私はショートカットをデスクトップに作っています。しょっちゅう使うので。
『Lhaca へのショートカット」がもう一つ出来たらそれをまた右クリックして「切り取り」→デスクトップで「貼り付け」を行えばいいんです。

これでやっとデスクトップに解凍ソフトをおくことが出来ました。

映像などをDLする際に「デスクトップ」を選べば同じ画面内にDLしたファイルとLhacaが見えますね。
あとは圧縮されたファイルをただ左クリックしたままでLhacaのアイコンの上に重ねてあげるだけで解凍されます。

ベルトのついていないファイルが出来て、その中に目的の映像が入っています。
ダブルクリックすれば見られるはずですよ^^

この方法だと「デスクトップ」にどんどんファイルが増えていってしまうので、ベルトのついたファイルは削除。解凍したほうのファイルはどこか別な場所に移すというので常に整理することが必要です。

初めてだとちょっと大変かもしれませんが頑張って下さい。


あ・・・スターウォーズ話をしにきたはずだったのに(笑)

トラックバックを有難う御座いました。
一日中出かけてしまったのでとりあえず出かける前にこちらからのトラックバックだけさせて頂きました。

今日はたまたま小説「ジェダイの試練」を見つけたので買いました。なかなか面白いです♪
上巻ではアナキンの出番が少なかったので下巻に期待して、明日には読み終えたいと思っています。そしたらまた色々お話をさせて下さい。





2005.09.24 00:51 | URL | #kUr9nKys [edit]
ふざけおに says... "Organaさんへ"
なるほど~、圧縮ファイルというのを解凍しないと見られないのですね。
解凍の仕方がわからなかったんです~。
時間がある時にやってみます!!
丁寧に教えて下さって本当にありがとうございます。
うまくできたらご報告に参りますね。

>小説「ジェダイの試練」
読み終わられましたか?私はまだ(汗)でもだいぶ終盤面白くなって来ました。
今後も小説が出るとうれしいです。
パドメが一番かわいそうなので、ノベライズにでもいいからどこかに登場しないかなあ、、、、パドメのその後って完全に空気ですもんね(泣)。
1年後に出るアニメも楽しみです。

SW話題続けて行きたいので今後ともよろしくです。
2005.09.27 13:53 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/138-7b83bb59
スターウォーズ ネット調査結果
プリキュアとスターウォーズ、すごい組み合わせですよねー。
STAR WARS EP3~シスの復讐~
見た~見た~!ヤバイ!ヤバイ以外に言葉が出てこない!!ネタバレになるから詳しく内容は書けないけど、とにかくヤバかった。終始力入りまくり。めちゃめちゃ泣けた。でも、このSTAR WARSで「泣ける」ってのはマニアにしかわからないらしい。普通に見る人には何で泣けるかわ
スターウォーズ エピソード3/シスの復讐
いろいろと不満はあるけれど,流石の映像美とアクションは見応え抜群。ダースベイダーの黒いコスチュームが悲しみを誘い,タトゥイーンの夕陽に涙!
スター・ウォーズ!な夏
 スター・ウォーズ?をビデオ店で借りて見た後、また?を映画館へ見に行ってしまった!!本当は旧三部作から一気見をしたかったのですが、?しか残ってなくて・・・でも勢いで行ってしまったよ・・・ 今回一緒に見に行った母からは、子供騙しだなあ・・・なんて言われてしまいま
妄想設定【if】
何故か突然スターウォーズのifが浮かび上がった。でも…
メイキング・オブスター・ウォーズエピソード3シスの復讐
 「ロード・オブ・ザ・リング」の監督ピーター・ジャクソンはこう言う。 「映画作りはどうしても現実から逃れられないだ。脳に接続して夢見るだけでそれが映画になるというなら、いくらでも夢を見ているけれどね」 そう、映画作りとは常に現実の問題と向き合わなければな
Making Episode III Webdocs
私が毎日通っているのはこちらhttp://www.starwars.com/ 本家のSW公式サイトです。この中で製作途中の様々なことを映像で紹介してくれています。一旦ここに入るとなかなか出てこれない、全部見るまでは(笑)それに何度見たっていいんだもん。EP3のページに飛んでMakin