ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

SWに湧いた夏の余韻

Posted by ふざけおに on   6 comments   1 trackback

 SWで湧いた夏が終わります。6月25日先々行上映から2ヶ月以上が過ぎて、明日は9月1日。とても名残惜しいので、あと2回見ようかなって気分です。
 先週、平日昼、空いている日に、一人でDLP上映を見てきました。8回目です。いつものペアシートよりずっと前の方の座席で見たので、音声に迫力があり、背景が良く見えました。字幕はろくに読めなかったですが、なんか映像に酔いそうな感じがたまには良かったです。熱心なお兄さん達は席がいっぱい空いているにもかかわらず、やっぱり前の席で身を乗り出して見てましたよ(^^)。
 EP2は確か7回見たので、EP3はそれを上回る8回見たからもういいかなって気もしますが、、、これだけ楽しませてもらったんだから、ここは一発10回目を目標にしますか。(←バカ)
 DLPをあと1回、そしてもう1回は2号と夜のデートしようっと。

 ここの解析ログは4ヶ月分だけ遡れるのですが、SWのおかげでこんなブログでもアクセス数が倍増しました。5月6月は4745件で検索ワードは「Zガンダム」が一番多かったです。
 それがエピソード3公開が話題になった7月8月は、36940件でした。(7月8月の居間のHPのトップページは2392件です^^;)
 検索ワードは、「ヘイデン・クリステンセン」が一番多いです。
 次に多いのが、「オビワン」です。アナキンファンのうちのブログにでさえ、オビワンで来る人が多いとは、オビワン人気はさすがです!!次が「アナキン」ですが、「ベイダー」を足すとオビワンを抜きます(笑)
 もちろん、他の方のSWブログのカウンターと比べればたいしたことないですよ。でもマイナーなうちにしては賑わったのでうれしくて、すっかりネット漬けになった夏の日々でした。ここ2ヶ月でたくさんのSWファンと交流できたし、たくさんのブログを読むことが出来たし、TB入れるのに慣れたのが良い思い出です。
 EP3をリアルタイムでネット上で盛り上がれた幸運と、そして改めてヘイデンとイアンの初日舞台挨拶を目撃できた幸運を思います。映画が良かったから初日東京まで行ったのですが、そこでまたヘイデンとイアンを見られたから、ますます熱狂しちゃったんですよね。
 8月最後の今日、ここを訪れて下さるSWファン、ヘイデンファンの皆さんに感謝をこめて、舞台挨拶の画像追加アップしちゃいます。遠かったし緊張してて映り悪かったやつなので、こんなもんですみません。
20050901001127.jpg

にしても改めて、やっと皇帝とダースベイダー万歳!!言える気分にまで、私もなれました。

20050901001138.jpg

 この画像はヘイデンが最初に客席に向けて挨拶した時のでないかな。
 そう言えば、この日のヘイデンの「大好きな東京でSWのラストサーガを紹介できてうれしい」という第一声は、まさに独裁者の演説のようで昂揚してて、(「スターウォーズ、ラストサーガ、とーきょー」くらいしか単語聞き取れなかったけど^^;)、自信に溢れてたのが、ちょうどムスタファーでオビワンに「マイエンパイア宣言」をした時の話しぶりみたいで、声張り上げてましたね。間に通訳が入るので、客席の反応が鈍かったのが微妙に外してる感じがして惜しいところですが、今思うとあれは珍しく力入ってたなと思います。でもインタビューになると普通におとなしかったと思いますが(笑)

 さて隣にいるイアン・マグダーミド氏。終始穏やかでした。
 にしてもと、EP3を何度見てもどのシーン見ても皇帝マグダーミド氏の演技に引き込まれてしまいます。メイキング本でもパルパティーンがアナキンを籠絡するシーンはことごとくスタッフに絶賛されている様子がわかります。ルーカスはマグダーミドの演技を申し分ないと。
 「無限のパワーをー!」と叫んだシーンはクルーから拍手と歓声がわき上がったそうで(P206)、全くもって素晴らしいですよね。うちの2号も好きで良くまねして言ってます(笑)
 あの時とアナキンがシスに忠誠を誓った時のうれしそうな顔ったら、もう憎たらしいというよりかわいいくらいvv
 P206,207「パドメの命を救わせて下さい、彼女なしに生きてはいけません。」とアナキンがパルパティーンの誘惑に屈するシーン、~最終テイクが終わると、マグダーミドがクリステンセンのところへやってきて、肩をたたいたと、書かれてますが、ヘイデンが妙にエロティックに見えるシーンの後なので、想像すると怪しいツーショットですよね(笑)(どこかのブログでヘイデンについて、あの若さであの色気を出せるのは、三輪明宏くらいだと評されてたのに納得したり・・バカ)」
 あと、アナキンにシスであることを明かし、「妻を救うことができる」とにっこり笑ったシーンのことだと思うのですが、
 P87「最後の笑顔が良かったね」ルーカスはマグダーミドに言う。
とあります。ほんと、この方が会話の最後に見せる笑顔はとってもデンジャラス。この危険な笑顔があまりに特徴あるから、私はEP1で議長がEP6の皇帝と同一人物だとわかりましたもん。ぞっとしましたよ~。
 パルパティーンにこの情け深い笑顔にかなう人間などいそうにないです。
 つくづくルークやレイアは皇帝に接触することなく成長して良かったと思うのでした。

 もう一つメイキング本で、ヘイデン・クリステンセンのちょっとしたNG話題が載っていたので紹介しておきます。持ってる方はご存じでしょうが、
 P143 分離主義者殺戮シーンで
『「アクション」のかけ声で、クリステンセンが一連の動きを行い、分離主義者たちが彼の手にかかって死んでゆく。部屋から出ようとするクリステンセンだが、ひとり殺し忘れた人物がいることに気づく。そのニモーディアンが彼に明るく手を振っているのを見て、笑ってしまうヘイデン。
「これは絶対DVDに入れなきゃ」とマッカラムが言う。

爆笑。ニモーディアンが凶悪なベイダーにおいでおいでと手を振ってる姿を想像して、笑ってしまいました。これ、本当にDVD入ってたら最高です!!!
ちなみにメイキング本では、ヘイデンのダークサイドに堕ちた後の演技をルーカスは褒めています。ヘイデンファンは必見の一冊ですね。またその辺の感想も含めいろいろ書きたいところです。
 こんな感じで、夏も終わりですが、まだまだSW話題、行けそうです。、なかなかじっくり時間がとれないのが辛いところ。
 とにかく、あと2回、我が生涯最高記録10回同じ映画を映画館で見たという記録を残すつもりです(笑)。

そういえば、ヨン様も「四月の雪」のキャンペーンで来日してるんですよね。これも楽しみ~
関連記事
スポンサーサイト

Comment

dora-sw says... "SWの夏が終わる。。。"
いやー、今年の夏は、私もスターウォーズ一色でした。
仕事でバタバタしていて、epi3を結局1度しか見れていない
ことが心残りです(T-T)。
10回を目指している、ふざけおにさんが羨ましい!!

個人的には、まだスターウォーズが終わっていないので、
まだまだブログも続けようと思っています。

あーー、もう1回でもいいからepi3を見に行ける
時間が欲しいです!!!

と思いつつ、毎日スターウォーズネタ更新中です☆
2005.09.01 09:31 | URL | #- [edit]
yachineko says... "映画の日"
ふざけおにさん
心温まる、本当に真摯なコメントありがとうございました。
今日、3回目のエピソード3を楽しんできました。
文字通り思い切り楽しめました。
昨夜、「アナキン涙のわけ」とレスを読んでいたので、ムスタファーでのパドメとのシーンに釘付け!!!
実は今日一緒に見に行った友達とは、1回目の鑑賞も一緒に行っていて、そのときにもムスタファーでのアナキンの言動について見終わった直後に話していたんです。
「どうしてあそこまで飛躍しちゃうの?」って
そのときは「やはり行っちゃてる」ってことだよね・・・ あの目は確実に境界線を越えてる
ということで話は終わったんです。
今日、見ながら、アナキンがジェダイ聖堂で子供と対面するシーンでアナキンは微笑んでいなかった。その瞬間二人で「まだ迷いがあるね」と
そして見終わってからムスタファーでのシーンについて話しました。
「やっぱり、ジェダイに裏切られたと思ったアナキンがシディアスに希望をつないだのにヌート・ガンレイの言葉で2重の裏切りに気付いたアナキンの涙とその後の言葉なんだね」
その上、オビ・ワンが現れたらそりゃ狂うよ
まさに3重苦(ヘレンケラー)ってことは「愛に気付くまでは獣」とは言わなかったけれど・・・
というか実は今回見終わって階段を下りながら笑いまくっていまして
初見の人には申し訳ないと思いながらも盛り上がりました。
笑える訳は勿論エピソード4.5・6の結末を知っているからこそなのですが、今日見てあと3回は吹き替え版で見たいと思ってしまいました。
私自身は吹き替えで映画を見るのはあまり好きではないのです。
今日見て、ヘイデン君の地声の美しさに改めて感動しましたし(私が好きになる要因のひとつとして俳優の声はかなりの比重を占めます)セリフ自体も私のような貧弱な英語力でも聞き取りやすかったので、字幕版で見続けようか、画面に集中しようか迷うところですが・・・
でも、私はやはりあの顔にはあの声かな
それくらいヘイデンの声は魅力的でした。
今日は私にとってある意味、ターニングポイントだったと思っています。
今、義母が癌の末期で今日も病院に付き添いました。
彼女は私の実の母の親友だった人で、彼女が私の義母になることはある意味では納得した上での事実だったのですが、私の中では色々な思いがあって、私はある意味では彼女から言われた言葉に振り回されながら生きてきました。
私が今、ここにいる理由は彼女とは全く関係なく、私は、自分の仕事をセーブして、私の家族を持ちたいという気持ちで実家に戻ったのですが、結局は彼女の介護と今の仕事では以前よりも低収入な上に仕事量は変わらないという板ばさみの中で「早く死んでくれればいいのに」と思う自分に苦しんでいました。
でも、それも結局は自分で選んだ結果なのだと少し思えました。
それは、ふざけおにさんのレスが本当に私の心に響いたからです。
不思議なもので、今私の親しい友人の二人が肉親の病気や事故で大変な思いをしています。
私自身がまだ若く目の前のことに振り回されていたときに「若いって美しい」と言われる度に歯軋りをしていた自分が今アナキンの苦悩に癒されています。
ふざけおにさんの10回には到底かないませんが、隙間を見つけてアナキンに会いに行きますね。
2005.09.02 00:39 | URL | #- [edit]
ワカメ says... "ふざけおにさんへ"
こんにちは、TB&コメントありがとうございます~。

先日、3度目のエピ3観賞に行ってきました。初の吹替え版です。
劇場で見るのはこれで最後かなと思っていたのですが、また字幕版が見たくなってしまいました。SW中毒からなかなか脱却できそうにありません。

私のとこのブログでは、SWの記事を書いても誰もついて来てくれないのですが、最後の夏なのでひとりよがりでもいいからまた感想をUPしようかな~と思っています。でもうまくまとまらなくて・・・

SW熱が落ち着いたら、ヘイデンの作品もチェックしてみますね。
2005.09.03 18:12 | URL | #aXvT1USo [edit]
ふざけおに says... "dora-sw さんへ"
>10回を目指している、ふざけおにさんが羨ましい!!
DLP上映最後の日、9回目見てきました。
くっきり鮮明で綺麗ですね。4カ所で見ましたが、日劇が一番スクリーンが大きいけど、ぼやっとしてましたね。
各地のDLPは色々トラブルあったようですが、そこは幸い最後までデジタル上映してました。

EP2で確か先行上映フィルム版は、DVDに入ってるのと、アナキンとパドメのピクニックシーンが違うような気がするのですが、、、情報ないですか?

>個人的には、まだスターウォーズが終わっていないので、
>まだまだブログも続けようと思っています。
見習いたいです。

>と思いつつ、毎日スターウォーズネタ更新中です☆
楽しみに拝見しております!
2005.09.04 11:34 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "yachinekoさんへ"
yachinekoさんは3回目ですね。私は9回目無事見てきました。
>アナキンの涙のわけ
意識して見て頂いたんですね。感激です。

>アナキンがジェダイ聖堂で子供と対面するシーン
yachinekoさんがご指摘通り、アナキンは聖堂での殺戮を喜んでやってるわけではないんですよね。
DLPでよく見ると、子供と向かいあったシーンのアナキンの頬に涙の後が見えます。ジェダイ狩りを楽しんではいないんです。声をかけてきた子供に対峙した時、子供達を怖がらせないような最後の慈悲もなかったのは、ジェダイを滅ぼすしかないという決意の表れだったんでしょう。
ホログラムを見る前にオビワンが「誰がこんなことを?」と言った後に、アナキンが絶叫しながら通商連合連中を殺戮してるシーンに変わってたので、ジェダイ聖堂でも苦しみながらの殺戮をしていたという意味かもしれないんですけどね。自分の考察はまだ甘いなって思いました(汗笑)
>ムスタファーの涙
>2重の裏切りに気付いた
そう思うと、皇帝を殺して自分が皇帝になると決意したのも納得できますよね。
皇帝はアナキンがジェダイを滅ぼして、帰るところがなくなってしまうまでは、「共和国や民主主義」を守るためだとうそぶきますが、聖堂で殺戮を終えたとたん、共和国から帝国へ、
元老院議長から終身皇帝へ、民主主義から専制主義へと話をすり替えてます。
アナキンがいつ議長が皇帝になったのを知ったのか、考えてるところです。

>3重苦
うまい!そういや議長が共和国の目、耳、声になって欲しいと言ってましたね(笑)
アナキンが愛している人物は、1パドメ、2オビワン、3議長だったんですが、まずオビワンが議長をスパイしろという命令を持ってきたことで、ジェダイとオビワンへの不信が芽生え、メイスの行為がジェダイの道に外れてるのでオビワンの教えが嘘だと感じ、次に敬愛する議長のシスには正義があるかと思ったら最初から戦争を仕組んでいたことを知り騙されたことに気づき、最愛のパドメは彼の殺そうとするオビワンを連れてきたもんだから、愛する者にことごとく騙されたーって逆上したのでしょうね。。。
アナキン、嘘をついてるのは、一人だけなんだけどな~。オビワンはアナキンが裏切ったから義務を優先したけど、パドメはアナキンを決して裏切らなかったのにぃ;

>ヘイデンの声
恋した人の声は美しく聞こえるものです。はい。私もヘイデンの声にうっとりしますけど(バカ)

>彼女の介護と今の仕事では以前よりも低収入な上に仕事量は変わらないという板ばさみ
言葉にすると重みがないですが、葛藤はわかるような気がします。

>自分で選んだ結果なのだと
そう思えるところまで来れるってえらいですよ。

>「若いって美しい」と言われる度に歯軋りをしていた自分が今アナキンの苦悩に癒されて>います。
私も若い頃の自分にアナキンを重ねてるのかもしれないです。
痛みを感じます。
でもヘイデンが美しいので、目の保養になります(バカ)
私も10回目、最後はビールでも飲みながら、堪能したいと思っています。
2005.09.06 14:59 | URL | #mQop/nM. [edit]
ふざけおに says... ">ワカメさんへ"
お久しぶりです。

>SW中毒からなかなか脱却できそうにありません。
同じ同じ、ご覧のようにどっぷり浸かってましたー!もうちまたでは上映が終わってるのでしょうが、まだ後1回、行ってしばしのお別れをしてきます。

>最後の夏なのでひとりよがりでもいいからまた感想をUPしようかな~
私はワカメさんの記事に引きつけられましたよ~。
所詮ひとりよがりですよね。

>SW熱が落ち着いたら、ヘイデンの作品もチェックしてみますね。
「海辺の家」が好評みたいです。
私はニュースの天才も好きなんですけど。
新作デカメロンはいつ公開になるんでしょうね。楽しみです。
その前にEP3のDVD発売が楽しみ。NGシーンが入ってるといいなあvv
2005.09.06 19:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/153-8e573fc9
ペプシ 最後のスターウォーズ
 8月31日をもって、「GET!! FINAL STAR WARS キャンペーン」も終了となった。 5月にキャンペーン概要を知り、コンプはキツい道のりだと愕然、6月上旬にはキャラクター缶が始まり口火を切った今回のキャンペーン。 先々行で映画を見た6月下旬には待ちに待ったボトル