ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

レモニー・スニケット「世にも不幸せな物語」DVD鑑賞日記★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

1号お勧めの映画「世にも不幸せな物語」。DVDレンタルで見ました。
最初、映画館でこの映画のチラシ見た時、「ボードレール3兄弟を襲う不幸の連続、かつてこんなに悲惨な物語があっただろうか。ハッピーエンドが見たい人はこのお話を見ない方がいい」みたいなこと書いてるチラシの煽り文に、そんなに悲惨な物語なんだろうか。「フランダースの犬」や「マッチ売りの少女より」も?陰鬱なだけのおどろおどろしい話だったらやだなあ、と心配になりましたが、、、、実はそんなに不幸な話でもないのです(^^;。
もちろん、ディズニー的(完全)勧善懲悪のハッピーエンドしか見ないアメリカのお子様には、これでもショックかもしれないですが、「ごんぎつね」や「赤い人魚とろうそく」を読み親しんでいる我が国のちびっこには全然不幸な物語には思えないでしょう(笑)。山あり谷あり、数々の悲運と謀略に3人の子供達は苦しめられますが、持ち前の勇気と知恵で打ち克つのです。
少なくとも「おしん」や「母をたずねて3千里」よりずっと気楽に楽しめますので、悲劇が苦手というお子様の、悲劇への導入作品としてお勧めです。
どんな悲惨な話になるのかどんな悲劇が待っているのかと、つい固まって見てるしまうんですが、なんだ~そんなに不幸じゃなかったーという緊張がほぐれる安堵感が心地よく、怖いと思っていたお化け屋敷を出た後思ったより怖くなかったとほっとするのと似た快感を得られます。

というわけで、この物語の面白さは、どんな悲惨な話が描かれるかという緊張と安堵の連続に尽きます。
タイプライターを打つ作者の影のナレーションが絶妙で、「君たちが見たい映画が不幸を知らない明るいハッピーエンドの話なら、この映画はそういう楽しいだけの映画ではない。見ない方がいいかもしれない。」
「私もできればこれ以上書きたくはない。けれどこの3人の兄弟を襲う悲劇はまだ続くのだ。この先の不幸を知りたくなければ引き返すなら今だ!」とか、やめた方がいいよ~どうする?読むのかい?という煽りが、子供の好奇心や挑戦意欲をくすぐることを見越したストーリー進行がうまい!
子供をからかうような作者のいたずらっぽさに、読者の子供達はシンパシィと、読み手への作者の愛情を感じとることができるでしょう。

ただ、肝心のストーリー自体は月並みで、ファンタジーとしても推理小説としても中途半端。どっちかというと、どういう読み物が子供達にとって豊かな人生の糧となりうるのか、悲劇は何故物語に必要なのか、を象徴的に見せたものに思えます。
映像も特に目をひくものもないのです。(痰壺の中身と肉食ヒルは気持ち悪かったですがーー;)
亡き両親の子供達にあてた手紙の愛あるメッセージも道徳的で、よくある泣かせるオチで芸はないのですが、この物語の疑似体験の後に聞くとより説得力を感じるのが不思議です。
「この世には悪いこともありますが、良いことの方が多いのです。よく見ていればそれがわかるはずです。」
まさにその通りの物語でした。
どんな困難があろうと、3人の兄弟が一緒に力を合わせてささやかな楽園を作り出せるから、幸せなのだというラストのナレーションにハッピーな気持ちに満たされて映画館を出ることができます。
望遠鏡を持っていたので、多分作者はこの3人兄弟の2番目、読書好き子が大人になってから書いた回顧録ということなのでしょうか。
デジモンアドベンチャーのタケルみたい(^^)。


ちなみに以下うちの1号の感想です。
「面白かったよ。実際に悪者は一人だけで、そいつのせいで酷い目に遭うんだけど、3人兄弟はそんなに不幸ではないんだよ。3人を養育しようとしたいい人が次々悪い奴に殺されちゃったから、子供達をひきとった人にとってはえらい不幸な話なんだね。」
ふむ。そうだよね。母もそう思います。

メリル・ストリープとダスティン・ホフマンが出演してたので、「クレイマー・クレイマー」が懐かしかったです。

メリル・ストリープの映画というと「愛と哀しみの果て(アウトオブアフリカ)」「恋に落ちて」がぱっと浮かぶかな。。
ダスティン・ホフマンは若い頃大好きでしたね。「クレイマークレイマー」、「卒業」あたりが代表作なのかな。「トッツィ」や「レインマン」も良かったし、「パピヨン」も印象あるし。。でも「わらの犬」は乙女心にびっくりしたなあ、もう(汗笑)
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/177-bdb2fba9