ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標「フェルマーの最終定理」

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

デジモンが始まるってことは、ガッシュが終わるんでしょうね。それはそれで寂しいです。
その分原作漫画を存分に楽しみたいと思います。

兄の中学進学話題に自分もじっとしてられなくなったのか、3号が英語のお勉強を始めたいと言い出したので、英語学習入門の児童書でも買ってやろうと本屋さんに行ったら、これを見つけました!
20060208195135.jpg

絵はサンデーのカラーページのものではないでしょうか。
20060208195146.jpg

20060208195156.jpg

漫画連載初期の絵から、最近のまで、なかなか充実したラインナップに、原作通の1号も満足気。
英語のお勉強になるかどうかはさておき、見て楽しいのが良いです。

ちなみに、2号の数学の目標は、ウンコティンティンの出題した「フェルマーの最終定理」を証明できるようになることだそうです(笑)。清麿の域を目指すんだとか。将棋はヒカ碁の影響、算数はガッシュの影響。ホント、漫画は少年に夢をくれますよね(笑)

2号は、今更地元の中学校に行く気になれないようで、あの後、去年同じクラスで仲が良かった友達が進学系の私立中に行くと知り、「俺も受ければ良かった」と。
ネットで調べてみたら、たまたまその中学校の東京選抜が若干名募集で、1週間後に受験日とあったのです。
「どうしてもそこを受けたい」と言うので、それで諦めがつくならと、こっちは軽い気持ち受験させることにしました。
ところが、よく話を聞いてみると6年生のクラスでは、いじめられることもあったようで、「あいつらと同じ学校に行きたくないから、俺はもうここに受かるしかないんだ!ここに行くしかないんだよ」という追い詰められた気分になってて、そんなこと言って受かるかどうかわかからないのに・・・。
だいたいこの辺では私立の中学校行く子なんて、滅多にいないし、国公立大学合格率も公立高校優位なのに、無理して私立の中高一貫校に入れる必要ないんです。確かに地方にしては実力校ではあるんですが、学費がバカ高いブルジョア学校っぽいですよ~そこ。
「いじめから逃げたいために受験するなんてそれは良くないよ」というと、「学年を越えた難しい勉強をしたい。絶対ここに受かってみせるし、大学は国立行くから。でももし落ちたら諦めて地元の中学校行って将棋に専念するよ、でもとにかくこれを受けさせてくれ」と言うので、すっきりしないものの受験させることにしました。
2号は1週間で私立中入試勉強をする羽目に。
全く私立中入試対策なんかしたことない2号ですが、今公文で高校の数学やってるくらいだから、算数は楽勝だろうとタカ括ってたようです。が、過去問題見てびっくりしました。
「げ?なんだこれ?全然わかんねええええよ」
よく平成教育委員会なんかで私立中入試問題出ますが、あれは10問のうちの1問なんだろうと思ってました。ところが、ほとんどその手の問題ばっかり@@。これ、普通の6年生がやったら、間違いなく0点ですね(笑)
本当に受かった2号の友達、これ解いたんだろうか?その子はその中学受験コースの塾に3年通ったそうです。なるほど、私立中受験のための塾に行かないといけないのは、塾行ってる子とそうでない子を差別化するためなのですね~@@;。
これ、なまじ高等数学をやってる人間は、簡単に解く方法があるはずだと考えてしまうのでダメなんだそうです。根気よく面倒くさい計算をしていくしかないんですね。
最初数日全然出来なくて泣いてましたが、なんとか入試直前には私立入試問題集1冊終えて、それでも本番では6~7割程度しかできてなさそうでした。
なんせ当日はもう後がないという崖っぷち気分だった2号は、試験会場に付くと腹痛で真っ青。
「大丈夫かや?」って感じ。
4科受験が有利と聞いて、4科で受験したのですが、全く勉強に手をつけられなかった理科、国語、社会の順に出来て、一番やった算数が一番ダメだったそうです。
あと1週間あれば算数満点とって見せたのに、と相変わらず負けず嫌いなことこと言ってますが、ホント中学受験は侮れないんですね@@;
控え室で話しかけられたママさん、奈良の人で関西の浜学園という有名な塾に息子さんを4年間通わせたそうです。年間なんだかんだと150万くらいかかったのに、志望の中学校合格率90%だったのに全部落ちて、「塾代返せ!って言いたくなった」と笑ってました@@;。
たまたまご主人がこっちで単身赴任してるので、この際こっちに一家でマンション借りて移り住むんだそうです。へえ~、そういううちもあるんだ。うちはなんてみみっちいんだろうって気分に。。。。これ、ダメだったら一緒に函館ラサールの試験残ってるから受けに行こうとか誘われました。
そういや、なんでか願書に、「受験のために通った塾・家庭教師等とその年数」という欄があって、私は何気なく「公文」と「チャレンジ小学講座」と書いたんですけど、すっごくズレてたかもしれない(汗汗)・・・・・
結果合格したので、良かったですが、ホント、PTAに公立・私立中高一貫校入試と、ホント良い社会勉強になりましたよ。トホホ・・

後で公文の先生に相談したら、「2号ちゃんは公文国際学園が良かったのに。入試問題は公文に準じてるから変な問題でないんですよ」と。いやー。うちは絶対寮生活できないタイプだし、英語やってないし、、、それに公文学園は学費が更にバカ高い@@;
まあ、落ちてたら、それも考えても良かったですが、県内に受かったのでそれでよしです。
お金準備しないと。。。家を建て替えるのは当分、後になりそうです。

1号は、2号が私立に行くと聞き、怒り狂ってます。
「なんで2号にだけお金使うの?(2号に)お前、公立行けよ!うちはお金ないんだから。うちが破産したらどうするんだよ!」
いや、1号よ。お前の医療費も相当かかってるんだけどね・・・
君はとにかく、英検なんとかしてくれ。また準2級だめだったようで、この分だと3回目もダメそうで鬱です。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/217-fd445115
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。