ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の我が家

Posted by ふざけおに on   2 comments   0 trackback

最近、我が家の子供達が読んでるマンガは週刊サンデーと金色のガッシュ!
20060629164656.jpg

そして、多少世間のブームに遅れてますが、ドラゴン桜。
20060629163730.jpg

ヒカ碁を読めば、棋士になりたいと思い、ドラゴン桜読めば東大入りたいと思う、子供は単純でいいですなあ。何にでもなれると思えるうちが花です。
ええ、もちろん、思うだけなら自由ですよ(笑)。思うだけなら。
というか、ヒカ碁、ドラゴン桜、ガッシュは隙を見ては読んでるので、単純にストーリーが面白いのでしょう。
20060629152749.jpg

百マス計算の陰山先生の記事を読みながら、そうなんだよなーって思うことしきりです。

教育は何をやっても、勉強させすぎてもさせすぎなくても、世間から批判されるものなのですが、、、、
たとえば戦時中の軍国教育が批判され、戦後は平和教育にしたらそれも批判され、学力偏重で人間教育がなってないと教育現場での競争を否定したら、今度は社会は競争してるのにおかしいと批判されるいった感じで、何か社会の問題点として表出するような原因となる偏りが、必ず指摘される宿命なのでしょうが、、、
にしても、最低限寺子屋の時代から言われている読み書き計算力だけは、徹底して学校でつけさせないと、総合で何をやってもそれを検証してある程度の結論を導き出して発表するプレゼンテーション能力はつかないのではないのかなあ・・・・。
実際、中学生になった1号を見てると、この子の小学校の学習指導って、甘かったなあと改めて思います。
算数は、ある一定期間だけでも無理矢理ドリルをさせてくれれば、今こんなに1号は困らなかったのに。。中学校の学習内容を完全に理解できでも、計算力がないので、正解にたどりつかないので、ホントに苦労してます。
今や、公立高校の先生が、土曜日無償のサービスで補講をしたり、中学校の先生が夜遅くまで部活や行事の指導につきあってる中、小学校の先生だけは夕方6時にもなるとみーんな帰宅し、土曜日は学校に誰もいない状況を見ると、ちょっと複雑です。
各自の目標を達成するまで、短期間でいいから居残りさせても朝早く子供を集めてでも、熱意を持って無理をかけてでも計算ドリルをやってくれてたらなあ・・・少なくても1号や2号の先生方で、そういう先生に当たらなかったですね。
観点別評価とやらの提出物点検とか基本的生活習慣とか、そういうことも大事でしょうが、だんだん年齢が上がるにつれて生活習慣は治る子もいるんですが(私も主人も中学校になってから忘れ物が治った)、計算力はなかなか治りませんよ~。
高校再編で、公立高校は地元全入から高校間格差をつけ、競争させようとしている中、小学校中学校の先生方は、やっと絶対評価、ゆとり教育を理解して実践し始めたばかりというこの意識の差が何とも。
どうも公立の小中高の方針に一貫性がない中、公立中高一貫校出現したこの子達は時代に振り回されてるみたいで。偏差値重視の詰め込み教育批判からゆとり教育になった結果、余計個性的な子が評価されず、平均的なバランスのよい子にとってだけ有利なシステムになってるような気がしますねえ。それでなくてもバランスの悪い子は昔より生きにくい時代になっているというのに・・・。

周囲を見ても親の価値観も多様で、もう何が子供にとって良いのかわかりませんが、学力も生きる力だと信じて、中学校3年間くらいは親も一緒につきあって頑張らせたいです。
小学校の時はホント、のんびりムードに染まって投げっぱなしだったので(笑)

けれど、周囲ののんびりムードに浸かるように小2の3号は、DSの「どうぶつの森」と空想ごっこに夢中です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

nanako says... "お久しぶりです"
お久しぶりです。

百マス計算、なつかしいですね。
30年くらい前に、私も子供たちにやらせましたよ。
16年前までは小学校のせんせをしていたので、
いろいろ思い出しました。
1年生の担任をしていたころは、
トイレに午後3時まで行けなかったりしました。

昨日、友人が訪ねてきて、
「うつ状態で、子供たちの前で笑えない」と、
疲れ果てていました。
かつての自分を見るようでした。
2006.07.04 18:20 | URL | #- [edit]
おに says... "nanako様へ"
nanako様お久しぶりです。
アナキン話題、入れよう入れようと思いつつ、時は過ぎ、EP3から早もう1年。世間の話題はすっかりジョニーデップっ一色て感じで、ちょっと寂しい限りです。
負けずにまたSW話題で一緒に盛り上がりましょう。

小学校の先生に限らず、先生の心の病はかなりあると思いますし、中学校教師の離職率は小学校の比ではないと思います。にしてもある程度荒れてもノウハウが出来ている中学校に比べ、小学校はまだ対応が手探りなんでしょう。
私の印象では、まじめで授業をしっかりやろうとする先生が責任を一人で背負ってしまい疲れて、ダウンしてしまう傾向にある気がするので。
児童と何かに夢中になってふれあうと勤務時間は長くなりますが、案外その方がやりがいがあって先生も精神的に楽なのに、妙に会議が増え事務的管理が優先され、子供達と授業でしか接することがないのもまた、閉塞感があるのかもしれないですね。
だから、放課後居残りして何か学習でも何でも活動してる方が、良いなと思うんですよ。
何にせよ、教師の社会的地位が下がった今、小学生でさえ、教師の権威で押さえられない時代になったってことを感じてます。
2006.07.12 11:55 | URL | #mQop/nM. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/243-1e27215a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。