ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

映画「パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト」感想 ★★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

20060829162548.jpg

夏休みも終わり頃、1号2号と字幕版見てきました。
大爆笑もんの痛快アクションの連続で、インディジョーンズ並に久々のエンタメに徹した映画を堪能できました。
大人も子供も楽しめるのが良いですね。
世界的にも大ヒットしてるみたいで、スピルバーグ以降の映画ってこうでなくちゃって気分で映画館を出ました。
理屈抜きに映像を楽しめてそれはそれで良いのですが、ただ個人的には、テーマ性と心を打つ感動に物足りなさを否めないので、「ああ面白かった」で残るものがない映画でした。SWは2作目(EP5)以降は暗い部分もあるんで、テンポはインディジョーンズほど良くないのですが、心に残る部分があるので、見てああ面白かったで終わりって気分でなく、長くあれこれ考えさせられるんです。それが、この映画には見いだせなかったですね。ジャックはソロ船長みたいな役どころになってるようでもありますが、ソロは一応同盟軍の将軍なんで、まともなんですよ、一応レイアとのロマンスもあるしね(笑)
同じディズニー映画の中でもアラジンやファインディングニモナルニア国物語と比較したら、心に残る物がないという点でやや印象は落ちるかなって感じです。
でもまあ、去年は重苦しいテーマ性を前面に押し出したヒーローものが多かった反動で、ま、こういう説教臭さのないドタバタ活劇も良いかなっては思います。
いや、たぶんこれで、ジョニーデップかオーランドブルームのファンならもっと感情移入出来たんでしょうけど、そんなに特別彼らが好きでもないので。。。
ジョニーデップの映画としても、チャーリーとチョコレート工場の方が、好みの映画ではあります。

それと映画の中の役としてもどっちかというと、オーランド演じる正当派のウィルが好きなので、どうもこの3角関係のもつれもピンと来ないのは、ジャックスパロウのオーバーなアクションやファッションが好きでないからですね(笑)
自由のためだかなんだか知らんけど、海賊になって船を手に入れるために、魂を悪魔に売り渡したという過去のエピソードにしても、その契約を反故にするために大騒動ってあたりにもなんつーか、エゴを感じてしまい、自由を愛する孤高の海賊と言われてもなあ。。。
でも、根っからの悪でなさそうなディビィジョーンズの心の浄化され方次第では、ホーンテッドマンション並にほろりくる話になるのかなとちょっと期待してみたり。カタルシスを感じられるラストだといいですね。

だからこれで完結ではなく、3作目があるらしいので、続きにはもの凄く興味あります。
絶対、公開されたら即見に行きたいです。

落ちぶれた提督はともかく、バルボッサに出番があったとは@@;
素直に驚きました。
逆転につぐ逆転。さてはどうなりますかね。公開が楽しみです。

1作目の感想はこちら
今読み直してみると、1作目もそんなに印象なかったらしい。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/249-0c183891