ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

ライラの冒険~黄金の羅針盤~★★★☆

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

半年前に前売り券買って気合い入れて公開を待ちかまえていたのですが、1号の高校入試とかぶって、公開1週間後くらいに吹き替え版を見に行きました。1号も数年前に原作が好きで、とても楽しみにしていた映画でしたし、テストから解放されたテンションの高さとあいまって、久々に映画らしい映画を見たって気分になれました。。
この物語の設定の目玉であるダイモンが、人間の魂であると最初に説明されてたので、先に種明かしされたみたいで、それを映像から読みとる楽しみが減ったなと思いましたが、確かに人物を紹介し筋を追うだけでも大変なので、設定はわかりやすく提示しないとわけわからなくなりそうです。
おおよそストーリーの大事なところは映像化出来ててどれもイメージ通りでしたが、端折りすぎていて展開を追うのが精一杯で感情移入するタイミングが私はなかなかつかめなかったです。字幕版だともう少し原作を思い出せるのが早かったかもしれませんね。
その中でも、コールター夫人がとても鮮烈でした。人を惑わす邪悪な女なのだけれど、どこか脆弱で少女のような繊細さが見え隠れしてて、母でもない、けれど女でもない、少女でもない、どこか人として未成熟な感じが危うくて良かったです。
利己的で世間でいう良いお母さんお父さんでもない両親と、素直で明るい良い子でもない娘、ワケありとはいえ、それにしても決して家族愛に突き動かされたりしていない、理想的といえない家族。みんなそれぞれの価値観があり、それぞれ違う動機でバラバラに行動していて、それが一つの世界を混乱させ動かしているような錯覚に陥りました(笑)が、実は面白いのはこれからなんだよ~!!次回作「神秘の短剣」を持つウィルが登場すると、この家族のアクの強さがうまく中和されるのになあ~。ウィルの登場がとても楽しみです。
惜しかった点としてもっとパンタライモンのふわふわもこもこ感、肌で感じるぬくもりが伝わってくると、良かったかなあ。ふと、ハリーポッターの映画で、マルフォィがマッドアイムーディに毛長イタチにされたシーンを思い出し、ドラコのダイモンとライラのダイモンは同じなのかと思ったりしました。性格、素直じゃないところが似てたり、、、しないなーー;

うちの2号は「熊さん強かった!!」と、私ら女達とは違うところにおもしろさを感じたようでした。

========================================          
人間のイマジネーションというのは、その時代において似てくるものだそうです。この本が日本に紹介される少し前に放映されたアニメ、デジモンアドベンチャーシリーズ(’99~)のデジモンとパートナーの人間の関係は、ライラの冒険のダイモンと人の関係に酷似しています。双方が影響しあう接点はないのに、同時代にイギリスと日本で似たような設定のモンスターが誕生したのはとても奇遇で、面白い現象だと思いました。
世界中の神話に共通性があるのは、伝聞で互いに影響しあっただけでなく、もともとその時代の状況下にある人間が、想像しうる事象が似てくるからなのだそうです。
デジモンもダイモンも、2000年という新世紀を迎える直前という時代背景に、生まれるべくして生まれた理由があったのかもしれません。
もともと、魂や守護霊が別な動物の形をして見えるという発想は古来あったのでしょうが、(同時代に大ブレイクしたライラと同じイギリスのファンタジー、ハリー・ポッターの守護霊・パトローナムは金の牡鹿でした)けれど、恒常的に姿を見せていて、自問自答ならぬ魂との会話、その魂が他者とも関わるという点がダイモン、デジモン(アドベンチャーシリーズの)特徴かなと思います。

ところでダイモンは、行き先不明のメールが戻ってきた時に件名に表示されるメールデーモンMAILER-DAEMONのデーモンのことで、メールの守護霊、メールの魂、転じてメールの本質的情報を指すのだそうです(パパ談)。世の中の人にとっては旧知のことかもしれないですが、私は素直に驚きました。だって、電子メールに潜むダイモンはまさしくデジタルモンスターじゃないかと(笑)。
色々妙味があって、ライラのシリーズはデジモン好きには別の楽しみ方がありますな。


ライラのパンフの画像、見つからない;;

昔ライラの冒険最終巻「琥珀の望遠鏡」を読み終わった時に書き殴った感想メモはココ、ネタバレありです。



関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/278-721bff67