ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

インディ・ジョーンズ ~クリスタルスカルの王国~★★★☆

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

indiana.jpg
インディジョーンズシリーズ第4作、公開日に字幕版を見に行きました!久々のインディジョーンズ新作。ハリソンフォードにスピルバーグにルーカスが揃ったら、つまらないはずがない。面白くないわけがない。絶対最高の映画になってるだろうと思ってました。
思えば私が初めて洋画にはまったのは、インディジョーンズを映画館で見てからなのでした。

うむむ、、、ちょっとこれ、スピルバーグ、手抜きなんでない?トランスフォーマーに比べたら、あんまり手をかけてなさそう(笑)
ハリソンフォードは年取ったねえ。。声や表情は相変わらずうっとりさせられますが、、、背中が丸くなったかなあって感じ。
ルーカスもこれ、SWのアニメ感覚で、お気楽に作ってそう。。。
なんつーか、宇宙人ネタはパンフレットの解説にもあったけど、ちょっと陳腐なのでは。
太古に宇宙人が来たらしいというぐらいにしておけばまだしも、はっきり宇宙人出しちゃうと、インディジョーンズの世界にそぐわないようで少し興ざめしちゃいました。
それに宇宙人出して、この映像、このストーリーだと、スピルバーグの手抜きに思えちゃうというか、(汗汗)
普通に見れば、十分面白い映画ではあるんですが、失われたアークを見たときのものすごいドキドキハラハラが体験できるのでは?と、より以上の刺激を求めてしまうせいか、これでも平凡に思えてしまうのが、有名監督有名俳優の悲しさかも。
並みの映画より悪くはなかったけれど、過去3作より特に秀でている感じがしないってことですね。

カレンアレンは良かったですね。明るくてパワフルな彼女が好きだったのね、インディ。お幸せに~
他人の子供なら、学校やめてぶらぶらしていてもそれも人生だともっともらしくいうものの、自分の息子となるとそんなことではだめだと説教するあたり、ありがちな親心を雄弁に物語ってて笑えました。
でもインディ、あれだけ被爆したら、長生きしそうにないなあ、、なんか悲劇が脳裏をよぎってしまって笑えないものがありました。

シャイアは登場する前から、多分インディの息子だろうと想像してましたが、予想通り。
なかなか良い味出してて、個人的にはリバーフェニックスよりやわらかくて、ジョーンズファミリーのユーモラスな感じがすごく合ってると思いました。

しかし、思うんだけど、マークハミルといい、マイケルJフォックスといい、シャイアラブーフといい、青春真っ盛りの金髪の落ち着きないかわいい男の子の描き方がうまいねえ。。。
ヘイデン・クリステンセンは、かわいい系ではないのが惜しいかも(おい)

映画の内容も普通に面白くて、子供も大人も気兼ねなく楽しめるのですが、気になったのは最初に出した強力磁場の話がどこか吹っ飛んだ感じがしたのと、磁場の強さの程度がうそくさいなあと思われる個所があったことでしょうか。なんかすっきりしなかったですね。

ナルニアは2回目見て、やっぱりええなあvvvとうっとり、映像がしばらく脳裏から離れなかったのですが、インディ2回目はどんな感じを受けるか、、それはそれで楽しみではあります。


マーク・ハミルというと、、、

今週末、スターウォーズセレブレーションジャパンに参加されるとか。うーん。アナキンは偶然見られたけど、、、、やっぱり死ぬ前に一度この目でお前を見たいという気分で、チケットゲット。ルークとアムロは私の青春のヒーローなんです。
どういうイベントかわからにのですが、2号と行く予定です。多分グッズ販売なんだろうけどね。雰囲気を味わってみたいと思いました。


古谷徹氏にも、一度この目で見たいものです。。。。
最近、太王四神記を一通り見終えたので、太陽の牙ダグラムを見てます(どういう取り合わせじゃ!)。ルーカスとサンライズは私の青春ですよ。ケロロ君。ケロロ軍曹を見て面白いのは、サンライズエイジだからですね。
太王四神記とケロロ軍曹に接点あるんだよ。ふふふ。



いや、たいした接点じゃないんだけどね。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/295-c81d70be