ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

2009年、初頭。サイボーグ009を忘れまい。

Posted by ふざけおに on   1 comments   0 trackback

元旦日の出と共に新聞の1日TV欄を手に取ると、石森プロhttp://009ing.com/の全面広告が目に入る。なんだかとても感動してしまった。

あれから45年。
  人類は 戦争をやめたか。
  差別や貧困を 根絶したか。
  物質文明は 人を幸福にしたか。
  美しい地球を 取り戻したか。
  科学は すべてを解決したか。 
  神は いたか。

  世界はもう、サイボーグ009
  を必要としなくなったか。


009とつく年は1000年に1回なので、今年は009のアニバーサリーイヤーなんだという。ああ私も009と同じ年に生まれたと気づく。
戦争もやめてない。ブラックゴーストはブッシュのおかげで大もうけ。差別や貧困は、日本でも広がってる。物質文明は、人間の心を貧しくし、美しい地球は簡単には戻らない。科学は少なくとも、原発事故をゼロにはしてない。神は、、、、いる人にはいるし、いない人にはいない。
世界はもう、サイボーグ009を必要としなくなったか?って。
すべては残念ながら、NOだ。
世界はどころか日本が、009を必要としなくなったというより、009を忘れつつある。この偉大な漫画家たちが、なぜ漫画を書き始めたのかという出発点を。
福田との総裁選で、「私は自虐的歴史観を持たない」といいつつ、「日本の偉大な漫画家」と手塚や石ノ森を紹介した麻生総理は、その矛盾に気づかないのだろう。
宮崎氏のいう恥ずかしさ の真意を、私はそこに感じる。

日本のアニメのもう一人の巨匠、機動戦士ガンダムの富野氏にも言わせてやってほしい。
「リーンの翼」OVAは、非常に良かった。
未だに「先の戦争は不可避だったから仕方がない、悪くない」という輩に、だからやっていいと肯定されるものでないという迫水の無念を言わせてやってほしい。








元旦の討論番組で、
イラク派兵は間違いだった。って、岡本元内閣外交顧問の言葉に脱力。
それで済むのか?過去ではなく、現在もだ。そして未来も、間違えて派兵しないで済むには、どうしたらいいか、検証しないとさ。

安部といい麻生といい元空幕長といい、
自虐史観という言葉に自虐を感じる。ポツダム宣言を受理したことに自虐的なんだな。きっと。当時の庶民は、勝者に押しつけられた価値観からではなく、むしろ押しつけられた戦前レジュームから脱却して戦争を間違いだったと思ったから、漫画家は自らの意志で漫画を書き始めたのだ。勝者の論理で書き始めたわけでないだろう。

自衛隊がかわいそうと涙する阿川女史。そんなに自衛官がかわいそうなら、やめさせていっそ派遣労働者にでもしてあげたら?派遣にも、職業人としての誇りを与えてやらないとかわいそうだよ。
自衛隊のあり方を模索してる現状の中で、その仕事をやりたいと、士気をふるいたたせられる人だけにやらせればいい。私は自衛隊を是としてるけれど、現状では士気があがらないから、憲法変えて正式に戦える軍隊にしろと言われると、税金払うのがいやになる。
TVタックル年末版もあきれた。「偽善者!」「卑怯者!」とののしる勝谷氏、自分と意見が違う人は非国民なのな。言論の自由を語りながら、他人の言論は認めない。
「話にならん!」
なるほど。やっぱりね。何事も話し合いより武力や威嚇で解決するのが簡単だし早いよね。
歴史の専門家ではない立場で自分は発言したと自己弁護するくせに、自分と意見が違う他人には、歴史の専門家でないのに物言うなと恫喝する矛盾に気づかない田母神氏。この元空幕長を、お笑い属性として認知させたいらしいお笑い系&タレント政治家たち。橋下、東国原、石原親父、北野弟、太田なにがし、、、、げんなりだった。

そして結論はおきまり。みんなの共通の敵。官僚のせいだ。官僚を制御できない政府、制服組の元幕僚長も制御できない政府。一番長く政府をやってた党のせいにはしたくないので、労組や官僚に批判の矛先を向けようと躍起になってる。

正規雇用が非正規雇用を搾取している、という、竹中氏。貧乏人とやや貧乏人同士で金を分け合い、大金持ちの金は、そのままってか。
あなた自身も、企業の利益代表で企業の利権を死守したがる抵抗勢力にしか見えない。


知性教養品性は、お笑いに凌駕されてしまった。
斉藤孝の「なぜ日本人は学ばなくなったか」という著書の紹介で、おバカを売りにする風潮の問題が提示されていた。そう思う。本当のバカにはできないおバカキャラだが、視聴者はシンプルに受け止め、学ぶことを軽視し始める。
お笑い系政治家、お笑い系の政治語りは、芸人というある程度人情が生きている世界で、成功してるから、深刻で笑いの種にならん社会的弱者をみようとしない。豊かな時代と違い、笑えないことをお笑いにするのは空しい。
宮崎駿氏や富野由悠季氏、戦後に漫画を書き始めた人たち、それをリスペクトする人たちの真摯な語りが聞きたい。それが日本の誇れる漫画文化だ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

おに says... "北野たけしさんのこと、"
ちょっと誤解してたかも。
お兄さんが温和な方だし、どうかなって思ってましたが、いろんな人に言わせるだけ言わせよう、でも俺はこう思うよというスタンスなんだと、最近わかって来ました。
年末のTVタックルでも「俺は憲法は変えない方がいいと思う」と言ってたし、昨日の世界サミットたけしJAPANでも、「日本が誇れるのは平和憲法だけだ」と最後〆てましたし。

世の中相互不信を煽って争いに命かけるより、他者を信頼することに命をかけた方が個人的にはましだと思うんです。通り魔に刺される不安から過剰に武装して歩く人がいてもいいけど、争いになった時、強い武力持ってこっちも報復したら被害が拡大して、今度は加害者になってしまうわけで、まあだったら最低限の自衛の武装しかしないで軽装で外出しするのがいいかなって。それで私はいいなって。加害者になるリスクだけは回避できそうだから(前者は被害者加害者両方になるリスクがある)
事故や災害や犯罪に巻き込まれて被害者になることと同じ程度の心配程度で、とりあえず、明日の生活が大事ですもの。

2009.09.16 17:49 | URL | #mQop/nM. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/308-e091de76