ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムロ母ちゃん、イセリナねえちゃん、デギン爺さん堪能中。

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

妙に綺麗な機動戦士ガンダム劇場版鑑賞中。
特別編じゃないやつですが、とんでもなく映像美麗で、リアルタイムでさえこんなに綺麗じゃなかった気がします。
上の子達が小さいうちは、硬派なロボットもので軍隊色が強いものは、どうしても好戦的な感じが否めなくて少し抵抗あったのですが、ここのところ何故かまた感覚が10代後半の頃に戻ってます。
もちろん10代後半の頃とはまた違った楽しみ方もできるし、、、、なんか1号の重病のせいで妙なテンションになってるのがいい感じの感性になってます。1号が調子良かった年末から年頭は、冬ソナなどを繰り返し堪能しうっとりしてたのですが、、、、
なんでか80年代のアニメが急に懐かしくなって、、バルディオスのDVDも手に入れました。絵も十分綺麗だし、あちこちつっこみどころはありますが(笑)、今見てもすごく面白いと思い、ときめきを感じて見てます。感想は後日にして。

まずはガンダムⅠ。
「ガンダムⅠ」は、実はあまり思い入れがなくて、昔もさらっとしかろくに見てなかった、というかアムロとカイとセイラ他WBメインキャラとシャアとガルマのキャラ萌えしか興味なかったような気しますが、今回の映像のクオリティに、改めて全編じっくり見たって感じ。
人気絶頂中の映画だったから、3部作なんて、贅沢できたんですよね。ほんと、アニメの映画事情を考えると、えらい贅沢な作りだなあとしみじみ思います。
ただ昔から思ってたけど、Ⅰはちょっと間延びするんだよね。Ⅰの終盤とⅡの冒頭がちょっとかぶってるので、この辺、思い切って短く編集した方が、テンポ良かったんじゃないかなあ。

○アムロ母ちゃん
一番印象深く見てしまったのは、アムロの母ちゃんです。当時は倍賞智恵子の顔が浮かんでダメだったんだっけ。
と思いつつ、みればみるほどこのお母さん憎めないけどどこか身勝手なんだよなあって。アムロはこのお母さんから離れて暮らしてたから、母源病に罹らずに済んだけど、カミーユはかわいそうだったなあとか。

アムロの母、カマリアは宇宙暮らしに馴染めないという理由で、夫にわずか6歳の息子を託し、自分は地球に一人残ったんです。どの位の頻度で、別居中の夫や息子と会ってたのか、、、想像するに、たいした回数ではなさそうです。アムロの成長や変化に対する反応が、そんな感じ。
「息子を愛さない母親がいるものかね」って、あんた、幼い息子を手放す母親がそうそういるものかね?自分がついて行けないないなら、意地でもアムロを手元に置いて旦那に単身で行かせるでしょ?でなきゃ、子供のためには自分が辛くてもコロニーについて行くのが普通でしょう?
仮に夫婦が冷めていてもあんなかわいいアムロちゃんだよん!!
この母ちゃん、私は理解できないわ!、というか、、、、親を騙る大人のずるさや弱さを感じてしまいます。
「あんたをこんな風に育てた覚えはないよ」って。よく言えるよね。あんた、育ててないでしょ!
自分が、人並みの優しい母親だという幻想を持ち、だから息子も幼い頃のように従順で優しいと都合良く思いこむ、、その幻想と違ってしまったら、それは夫のせいだと、、、自分は悪くないわけね??
自分はあたかも息子に取り残されたかわいそうな母ように、弱々しく泣き崩れるのだけど、、、、私なら、立派に敬礼して去って行く息子の後ろ姿をどんなにか頼もしく誇らしく思うだろうに、それは生命の心配は常にあるけど、あの姿にがっかりはしないなあ。。。
カマリア、悪い人じゃないんだけど、地球の常識の壁の中にいて、世界の激動を見ようとしない古い人間で、言われれば10代後半の頃の私らにとって親はそういう存在だと、ちょうど思えた年頃だったと思い出されます。
彼女はなまじ息子を手元で育ててないから、アムロに幼児期の母子関係のような幻想を持ち続けてしまってるんだろうなあ。
でもアムロが親の支配を受けずに自分の生き方をできるのは、親があまり立派でなかったからなんだよね。立派過ぎない親は案外子供に悪くないぞ。
アムロとテム・レイとの関係も、つかず離れず、カミーユほど(座間ショウもなんだけど)依頼心と反抗心がなく、この淡泊な関係が悪くないよなって。
父を喪失した後のアムロの成長は、この作品の山場だったなあ。
とか、いろいろ思いました。

○イセリナねえちゃん
いいね~。富野さん、こういう古典的な女性、もうちょっとZでも出してほしかったような、、激しく勝ち気なのと壊れたのばっかり多くなってさ~(笑)あ、ターンAのキエル嬢は良いです。
で、イセリナ、この後どうなったんだっけ?

ちなみに何度見ても、「今夜はつきあえ」というガルマとシャアに何ら特別な怪しい関係を妄想したりしない私は、この作品の頃は全く腐女子だなかった証拠!!(王様、一体二人に何を感じるというんですかーーー!?(笑)シャアは謀略中だし、ガルマはイセリナと純愛中だし、何も起きそうにないよ?)
どっちかというと、シャアとキシリアに萌えを感じます。いわゆるシャアがびくついてる感じがイイvv、いわゆる受けがいいんです(←腐ってる)

○デギンじいさん
そうなんだよね。最初から、もう飾り物だったんだよね。
ガルマがかわいいだけの良い爺さんじゃん。
ギレンに全然頭上がらない、老いたかわいそうな公王、、、、
この人と、ジオン・ダイクンの青春時代を、知りたい気がしたり、、、、SWみたいに。
子供はガルマとドズルはましなんだけど、、、ギレンとキシリアは、何か違う遺伝子が入ってそうです。
シャア最愛のミネバ様がザビ家出身であって、ハマーンが後見だったにも関わらず、聡明で善良なのは、ザビ家に光と陰があるからですね。
誰か、「ザビ家の人々」という本を書きましょう。

昨日、私の誕生日でした。
1号は相変わらず、、、、いや、日に日にひどいことになってます。

2号の入試は、2日後。これがまたなかなか笑える展開。
どうなるやら。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/318-95cb1be8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。