ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

カムラン>ブライト>スレッガー

Posted by ふざけおに on   0 comments   1 trackback

機動戦士ガンダム劇場版3作、堪能しました。特別編じゃないやつです。映像綺麗ですよ。
これで「光る宇宙」と「脱出」のシーンを見たら、泣けました。泣けました;;;ぼろぼろ~
心を満たす余韻が最高です。

でもふと、先を考えてしまいました。結局、ララァとはあの脱出後、遊ばなかったんだよね<アムロ
いかん、単体で感動したいのに、ついついZの後日談のこと考えてしまう。。。
シャア曰く、「」宇宙で万が一ララァと遭ったら怖い」らしい、、、
いやーさんざんララァに励ましてもらって、
「僕にはまだ帰れる場所があるんだ。こんなにうれしいことはない;」
という至高の喜びへと導いてくれたのに、、、
「遭ったら怖い」はないよな(笑)
ま、それは冗談として、アムロは戦後地球に降りて、この時以上のNT同士の交歓を経験できなかったんだろうなあ。とか、あれこれ考えてしまうと損です。

そういや10年ほど前、とあるBBSで一切資料手元にないまま記憶のみで、ファーストガンダムってつまりはこういう作品だよ、て自分の言葉でまとめて見せたことあるんですが、、、あの勢いで書いた文章はもう残ってないだろうなあ。
10代の頃に捉えたままのガンダムを語れたんですが、ガンダムエースが出てからというもの、なまじあちこちでガンダム話題を見てしまって影響受けてしまってるんで、あの時のような勢いでなかなか自分なりの言葉でファーストガンダム表現するのが難しくなりましたかね。書きたい気持ちはあるんですけど、、、
とりあえず今回は、超局部的話題です。

*************************************
「めぐり逢い宇宙」で私が一番再会を楽しみにしてたのは、カムランブルーム検察官。
できれば声はTV版の塩沢兼人さんに脳内変換すると、もう惚れぼれしますよ~あの甘ったるい声で「ミライ~」とか言われちゃったら、くらっと来ます。
以前ブログにコメントくださった方に、私がカムランが好きだと言ったら、「通ですね」と言われたものですが、、、
ホントに好きなんです。こういう男性vv
(春になって頭に桃色のお花が咲いてます。妙なテンションが続いてるんです~)

よい子がカムラン、悪い子がスレッガー、普通の子はブライトって感じですが、、、

私の好みはことごとくミライと逆です(笑)
ミライが一番好きなのは、スレッガー中尉。ですが、私はこういう粗暴な体育会男はパス!!
品がないし、好戦的だし。こっちの繊細な気持ちなんかそれがどうした的で、話にならなそうだし、知的会話を楽しめそうにないし、もうとにかく生理的に嫌いなの!
だいたい相手が同じ土俵で殴り合うタイプでない人を、即殴る人は嫌い!!!!
ドズルみたいなマッチョならともかく、カムランやミライみたいに明らかに対等の腕力を持ってない人に手を出すのはどうもなあ。私がミライなら、すごい嫌な男だと思うんだけど、、、何故か惚れちゃうミライさんーー;といいつつ、死期迫ったスレッガーとミライの切ないラブシーンは好きですけどねvvv
刹那的恋をするならいいかっこいいからいいかも。

ブライトは文字通り普通です。はい。ぐちゃぐちゃいろいろ考えてるあたりとても理解できる人なんだけど、常に渋い顔をして不全感に囚われてるんで、自分と性格似てるから疲れそ、、、でもまあ、スレッガーよりはましだわな。でもカムランのように、女性のために自分の至らなさを変えることは、この人はできないでしょう、ありのままの自分を受け止めてくれる女性でないと、ダメでしょうねえ。。。

その点なんたって、カムランさんは最高です。結婚するなら絶対こういう男!!お勧めします!
ミライが彼を捨てるのは、彼が金持ちのボンボンで、親の七光りの優男の上、決定的に相容れない要素として、彼が戦争を自分とは無関係だと思ってるからのようですが、、、
いやー、人前で欠点を暴露され、女性の口説き方が悪いとまで言われて恥をかかされ、でもそれを恨むでもなく謙虚に彼女の望むように自分を改善して来て、それなのに再びプライド傷つけられるような拒否的な態度とったのに、その女のためにだよ、かつて、婚約者だったってだけでだよ、去っていく彼女を命がげで見送ってくれたんです。彼はすごい男だと私は思う。女性を大事にしてくれる人だよね~。
戦争についてもミライがそれを望むなら、彼は黙って前線にさえ志願するんでないかなあ。
彼は決して彼女から何も奪おうとしないし、愛しているから幸せを願って黙って身をひくんです。自分は全く彼女の眼中にないとわかっていて、彼女の気をひくためではなく、何の見返りも期待せずに彼女に尽くす、、、これですよ!!彼は本当に大きい男です。
力のある男、強い男、ワイルドな男に女は惹かれるというのは、男性のパワー幻想です。現代が北斗の拳のような時代ならともかく、文明社会においては、謙虚に女性の求めに応じてくれる心の広い人がいいですよね。。(って、そんなの私だけかしら??)
ちなみにうちのパパは、権力も腕力も財力も全然ないけどこのタイプかも。(ってちょっと自慢しちゃう)


2号の入試の日、王様お勧めのスーパーロボット大戦Zを買いました。
入試から帰った息子に即やらせました。(どういう親じゃ!)でも土曜は卒業式、昨日今日は将棋の大会で、留守にしてて、先見たいのにイライラ。
自分でやればいいんだろうけど、やれるのかしら??
今のところZガンダム、SEEDディスティニー、ザブングル、キングゲイナーの登場人物はわかるんですが、、誰よあんた?みたいに全然わからない奴が数人います。

ディステイニーのステラがめちゃくちゃかわいいvvv
TVと違って、シンの扱いが悪くないことに期待大v

2号の入試はどうも数日前からプレッシャーに負けてたみたいで、パニックってダメだったようです。
今年は倍率が高いし、厳しいかも。
今更終わったことはしょうがないので、一緒にゲームします(おい)
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/319-b627a6d6
○番目の恋のかたち。
『2番目の恋のかたち』は 種村有菜のデビュー作です。何か 最近は インターネットラジオも なさっている様ですが。何度もネタに致しましたが 私 ガンダム等 ロボットで戦争をするタイプのアニメが 生理的に 嫌いです。サシのタイマンでスデゴロの喧嘩は 全面的に賛成です...