ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ・・・3話、4話、5話感想

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

2,3話とも30分がえ?これで終わり?と思うほど短く感じられました。話の内容は薄いけれど、一瞬も目を離せないほど、ぐいぐいと集中して見入ってしまう、惹き付けられる映像の力があります。(最後までこの綺麗な映像が続くのなら、聖星矢12宮編並にすごいかも。)

4話はやっと話に動きがあったな~と思ったら、5話で、セキレイシロエと接触するとは@@シロエの親父ってああいう人だったのか・・・

なるほど、ピーターパンですか。確かにミュウと通じるものがありますね。
原作以上にミュウにも一般人にも登場人物に老若男女の層の厚みがあり、一見人間の科学者達に悪意がありそうに見えるのが、うまいミスリード。なのかどうか、興味持って見てます。
また気のせいかもしれないですが、ファーストガンダムの同時代頃の作品だけあって、今回のTVアニメには、原作にはなかったガンダム、イデオンあたりの人間描写や台詞回し、戦闘シーンあたりがうまく取り入れられているように感じました。責任管轄範囲内を異分子が脱してくれると安堵するという役人気質も富野作品っぽいなと内心にやり。
ミュウの描写もそうですが、ジョミーも竹宮キャラ的多感で繊細な少女漫画チックな金髪少年だけでない、リアルな人としての心身のたくましさを感じ、それは好感が持てるアレンジです。

セキレイシロエとこういうエピソードは、まああっても良いかなって感じで見てました。

ブルーの「全てが終わってみなければ、全良かったか悪かったかわからない、」というオチがなかなか意味深で良かったです(ニヤリ)。

1話の内容の薄さを補う、戦闘シーンのカッコ良さもあるし、今のところ、非常に期待以上に面白さと、胸に迫る切なさを感じ、私と1号にとっては今一番楽しみな作品になってます。

来週は、いよいよ宿敵キース・アニアンの登場ですか。
あれ?でもキースはジョミーよりだいぶ若かったような・・・(記憶違いかな)

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/330-eee64893
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。