ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

宇宙戦士バルディオス ~ツッコミ感想編(1)

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

TV版バルディオスDVDを子供達に茶化されながら一緒に観ました。
「母ちゃん、最近何観てるの?」「母ちゃんが昔すごーく好きだったアニメだよ~ん」(子供に見せるのに、ためらいない作品ではあります。これが子供がよく話わかって、喜んで観るんだよね。結末暗くてもグロくないので、大丈夫ですよ。) 
以下、愛憎渦巻くつっこみ感想TV版です。ええ、つっこみも愛の裏がえしなのでご容赦を。

※オープニング エンディング
OPはSランク EDはAランク。エクセレント!!!
今のアニソンと違い、すぐ節も歌詞も覚えられるんで、子供はすぐ歌えます。3号は、OPが好きで何度も見せてくれとせがみますし、2号はEDが印象あるのか、何度も大声で歌ってました。
ED観て、3号、「主人公がなんでこんなおっさんなの?なんでこんなに眉毛が太いの?」と驚きを隠せない(笑)
~眉毛が太いぞマリン、眉毛が2センチマリン、男だ~から~♪by2号3号
「うるせえんだよ。お前ら!!(怒)この男の背中に漂う哀愁がわからんのかー?」
「、、、うん、かっこいいね。」
全く昨今の子供は、男か女か一見ではわからない中性的キャラに馴れてしまってるこの傾向、良くないと思いまーす。
1号、「なんで主人公だけ美形なの?ここまで露骨に差つけられたら、他の二人がかわいそうだよ~女はみんな美形なのにぃ~」と同情しきり。以後なんでかオリバー・雷太を応援してました。
あのね、SEEDはコーディネーターだからみんな美形なの。美形過多の方が異常でしょ。世の中キムタクみたいな男がそんじょそこらにぞろぞろいたら、変でしょ!
3号、「どうして、みんな服装がエロなの?」
最近のが固すぎるの!このセクシーさが萌えどころなの!
確かに戦闘が始まると、ジェミーの露出度どころか、男性の開襟制服も大丈夫かやと心配になります。ヘルメットかぶっての戦闘時くらいは胸を締めても良かったかな。頭隠して胸隠さずって気がします。
未来から来たアルデバロンの方が古風な軍服なのは、彼らのレトロ趣味かと。

※名前が言えないあの人
マリン、アフロディア、ガットラー、クインシュタイン、
うがああ!恥ずかしいよ~~なんだって、こんなバタくさい名前やパクリ名前つけるわけ?すみませんがこの4人の名前を口にするのは抵抗あります。m(__)m
「マリン」という名を聞いて、一斉に反応する子供達。
「なんで女の名前なの?」by3号
「星矢のお姉さんと言われたあの人と同じ名前。おう、アフロディア?魚座の黄金聖闘士のことか?」by2号
ちっちっち。お前ら若いなあ。マリンと言えば、「海底少年マリンでしょ」
♪オーケーオーケー七つの海を僕が一人で引き受けた~
イルカに乗った愛らしい少年、トリトンの前にもいたのですよ。知ってます?

カミーユ(Zガンダム)の最大の劣等感、「カミーユなんて女みたいな名前だろ;」」
「いや君、ましだから。精悍な肉体美の男でもマリンという名前に甘んじてるし~」
最初のマリンのキャラデザ案はおかっぱ頭で、後のカミーユが登場した時微妙に似てたんでびっくり。

アルデバロン側は、役職名で呼び合う方がリアリティあったかなあ、アフロディアというド派手な名前を本人に向かって部下や同僚がぽんぽん口にすると現場の緊張感がなくなりませんか?彼女の名前を気安く呼ぶのは、マリンと総統だけでいいのに。

※充実したストーリーVSご都合主義の設定
1話のドラマが非常に充実していて、既成概念を破る大胆なストーリーは、今観ても面白いです。昨今のアニメの1話がいかに話が薄いかと気づかされます。
特に秀逸なのは、過去話とゲストキャラが出るサイドストーリーで、BFSの個々のドラマと、本筋でもマリンの性格づけや仲間との関係性はうまく描写されていると思います。
ただ、現在進行形の戦闘中のドラマがぱっとしないのがダメなところ。
あと気になるのは、設定の上にドラマが展開するのではなく、ドラマのために設定が都合良く後づけされるという繰り返しで、タイムパラドックスの前にストーリーパラドックスに陥りそうなツッコミ所満載(爆)。1話1話独立しすぎていて、前後の関連性が薄いのも気になります。
でもその矛盾を吹っ飛ばすだけの話の勢いがあり、結びに感情を揺さぶるオチで、観る側の感情も共に吐き出せるのが良さです。(劇場版は感情を吐き出せなかったのが惜しいところ)
まあ当時の視聴者は今のように録画して、何度も番組を反芻するわけでなかったので、そんなに気にならなかったのでしょうが、現代でこれをやったらネットで一斉につっこまれそうだ(笑)

まだまだ続くよ。積年のバルディオス回想緑。また後日~。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/332-bd657a76