ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スーパーロボット大戦Z感想~ヒーローの敵

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

以下ゲームネタバレありです。

「俺たちは正義の味方じゃない、お前の敵だ」
確かマリンがラスボス前に言ってましたが、ふむ、、
ちょっと考えさせられましたね。君ら、正義の味方でないの??

正義のヒーローって何だろう?何故彼らはより強大な武力で、暴力を押さえようとするのだろう?平和を守るために戦ったら、それって平和じゃないのでは?ヒーローって本当は好戦的??。
エンタメのお約束ごとみたいなヒーローの闘い、でもふと気になる破壊神ウルトラマン。
その疑問に対して、割と真摯に答えてる感じが、とっても良かったスーパーロボット大戦Z。

彼らは何のために戦うのか?

世界を救うため?大切な誰かを守るため?
否、誰かのためじゃない、誰かのためになりたいという自分の満足のために戦ってるのさ。
だから、結局自分のため。
じゃあ、自分のためと、エゴイズムは違うの?
他人の幸福が、自分の幸福ならば、それは博愛ってことらしい。

それと大事なのはさ、悪い奴全ていなくなればいいってことじゃないのね。
悪い奴は良い奴の中から発生するわけだから、究極人間全滅させないい限り悪い奴はいなくならない。キリがない。
でも悪いにも程度あってさ。
どうしても許容範囲を超える共存共栄を望めない奴がはみ出してくることがある。そいつらが、強大な武力で多くの犠牲を出しながらも世界を自分達の好きなようを変えようとする時に、ヒーローは戦うんだね。

じゃあ、共存共栄できない奴らって?

どうも3タイプっぽいよ。

1,人類を完全管理しようとする奴
人間は悪いことするから、正しい誰かが人類を管理すべきだ。それに反対する者、はみ出す者は粛清してしまえ!って奴。こういう輩から、「自由」を取り戻すための闘い。
理想を掲げる独裁者との闘いはこれだよね。
(デュランダル議長))

2,自分の自由のために他人の自由を奪う奴。
世界には、いろいろな人がいていい。思想信条宗教も、右翼も左翼も弱者も権力者も何でもあり。いろんな人がいていい。みんなに自由がある。
だからといって何をやっても自由ってなら、銃を人混みでぶっ放す自由があるってことじゃないんだな。自由とは、多くの不自由によって保たれているんだね。誰かが無制限に自由を求めると、他の人の自由が制限されるわけ。
自分の自由のために、他人の生存をも認めないクレイジーなエゴイストとの闘いはこれだよね。
(ジエ-デル)

3,人類全てを粛清しようとする奴。
間違い犯さないように管理すれば自由を求め、自由にすれば自分の欲望を満たすために手段を選ばず堕落する人類、どっちにしてもこりゃだめだ。殺してしまえホトトギス。って奴。大いなる意思との闘い。愚かしいけれど、よりよくあろうとする人間の可能性をアピールする闘いはこれだよね。
(スペシャルディスク)



と、こんなこと思いながらプレイしてます。
最近エンディングから遠ざかってるので、その時考えたこと忘れてて、表現が甘いかもしれませんが、、、、こんなこと感じながら終盤プレイしてました。
なかなか奥深いゲームじゃありませんか。

他のシリーズもこんなに面白いならやってみようかな。
(やめとけ!このままじゃ人間失格。主婦失格。)

*******************************
ここ2ヶ月世界を救う旅に出て、すっかりなまりきった体になってますが、今夜は久しぶりに、スポーツして来ました。PTAのビーチバレー大会の面子が足りないと隣の奥さんに泣きつかれて、やむなく。それがみんな本気モードでハード@@;
筋肉痛になって、世界を救う闘いができなくなったら、どうしてくれるんだー!
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/354-1ef62c2b