ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「HACHI~約束の犬」★★★★

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

予告観た時から、これはもう泣かされるなあと覚悟してました。公開と同時に子どもらにいつ連れってくれるの~?とせがまれてましたが、やっと夏休みも終わった先週、観ることができました。

ハリウッド版ハチ公というと、スピルバーグの「ターミナル」みたいなユーモラスな人情ドラマがあるのかなと想像したのですが、思ったよりべたな映画で、邦画「犬と私の10の約束」より地味な話でした。なので、涙腺イカレるほど派手に号泣する映画ではなかったのですが、ほろりと来る程度の自然な流れで適度な余韻がとても良かったです。
1~2年共に過ごした主人の帰りを、純真に残り10年の余生全て費やして待ち続ける犬の姿は、犬を飼ったことのない人でも泣けると思います。
野良犬生活10年も続けられたのは、ハチのたくましい生命力と、ハチを見守った町の人たちの温情があったからでしょう。鷹揚な良い時代だったのでしょう。
HACHIは、精一杯主人を迎えるためだけに生き続けましたが、最期に待ち続けた主人が、HACHIを迎えに来てくれたのでした;;

なんか無性に渋谷駅のハチ公銅像を見に行きたくなったのでした。

リチャード・ギアというと、

’82年「愛と青春の旅立ち」を何度も映画館で観た若い頃を思い出します。
素敵にロマンスグレーしてる俳優さんですよね。
「シャルウィダンス」、レンタルで観ようかなって思いました。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/387-158951a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。