ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

朋、遠方より来たる有り

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

私の親友Hちゃん、、、、偶然なのか益川さんの影響なのか、、、、彼女の実家である農家の母屋の横にある古い蔵を改装して、別荘を作ったんだそうで。週末に本を読んだり、音楽を聴いたりするために作ったんだそうです。
先日、その完成した蔵屋敷に、大学の時の先輩サトチさんと遊びに行って来ました。

家の中央に薪ストーブがあり、壁のほとんどが本棚。2階の寝室のベッドも、書斎の机も全て作りつけの白木の香りがしました。クラッシックが流れてて、まるでどこぞのコテージかペンションかという、、
新築するよりお金かかってそうで@@;
とっても味わいのある素敵なセカンドハウスでした。
いやー、学者様であるHちゃんのご主人に限って、薪集めするとは思えないという周囲の予想通り、山に行けば、いくらでも木はあるんだそうですが、薪を集めに行くと豪語したご主人は口先ばかりで、案の定老いたお父様が薪作る羽目になってるんだとか(笑)。

私とHちゃんは現在専業主婦ですが、先輩のサトチさんは、図書館司書です。長い間県立図書館の児童書室長だったのですが、現在は高校の司書。
晩婚だったのですが、年若いご主人(技術家庭の教員)と趣味が縁で結ばれ、夫婦の給与は(世間的には高給取りでしょう)全てオタク生活につぎ込まれているそうです。お子さんいらっしゃらないので、まさに今時流行のオタク夫婦なんですよ~。
Hちゃんの家が蔵屋敷なら、サトチさんのお宅は「おまけ屋敷」と化してるとか。
一度、コレクションを見に行きたいと思ってましたが、ついつい、でも今度こそ、1号連れて行こうかな。

3人で、社会情勢や政治の話、旦那の仕事が大変だという話で、すごい盛り上がりました。みんな割と拘りあって、自分の意見をしっかり持ってるし、気心知れているので、あれこれ議論が楽しかったです。私が聞いた江川紹子さんの講演内容の話をしたら、みんな熱心に共感的に聞いてくれました。

そして趣味の話も。思い出話も尽きません。
みんなでサトチさんに教わってセル画書いたよね。みんなで、イデオン見た時、サトチさんたら号泣しながら机の下に潜って一晩出て来なかったよね。朝になったら激しく目が腫れてよね。とか、30年近く前のあの頃が妙に懐かしかったです。

学生の頃一緒に富野アニメを追ったサトチさんと、久々にアニメ話しましたよ。
私また富野アニメに戻って、原点回帰してるんですよ~って
サトチさんは現在、ポケモンオンリー(プラス幻獣コレクション)かと思ってたんですが、レジェンズも見てて、「あれは泣けるよね~傑作だよね」って。
ポケモン「ミュウツーの逆襲」に込められた首藤剛志氏の熱い思いを、私は最近になって知って、もう一度改めてあの映画見直してじっくり味わってみたいなって話したら、サトチ様曰く「あの映画は良かったよ~。一番出来が良かった」と。ポケモンアニメを真面目に考証して、濃い感想書く人はいくらでもいるんだとか。
でも首藤さんと言ったら、やっぱり、「ミンキーモモ」がライフワークっぽいよね。とか。首藤さん語りで盛り上がりました。(実は私が大学に入ってアニメにはまった原点はバルディオスで、その頃首藤氏のファンだったってのは、やっぱり二人共知らなかったみたい、^^;)

意外にも全然オタク要素のないHちゃんが、現在BSアニメ夜話とか、その手のBSや教育テレビのサブカル番組見てて(実はご主人がサブカル研究のために見てるんだとか)、氷川竜介氏も知ってました。最近、富野さんをTVで見たと言ってました。ああもう、録画しててよ~。
Hちゃんはかつて私とサトチさんが富野さんを語ったり、ガンダムを語ったリしてた時のイメージとは、なんか違うなあって思ったよ~って。どの辺が違うのか、ゆっくり今度聞いてみたいところでした。
アムロ
数日後、サトチ様からアムロの絵はがきが@@;
さすが物持ちいい
アムロ葉書
「もらってびっくりン10年前のハガキ」
アムロの表情にぴったりなのが笑えました。
サトチ様は当時としては画期的な人でした。紙ねんどでキャラのフィギュアを作って彩色したり(これが造形が細かい!)、ガンプラ作って男の人みたいにメタル塗装して傷つけてリアル感出して飾ってました。当時、そういうのに理解がなくぽかーんとしてた私とHちゃんですが、今ならあの価値がわかります。私、ギャブレットギャブレイ君の紙粘土人形もらってた気がするんですが、紛失しちゃったんです。Hちゃんはまだ何体か持ってるとか。サトチさん自身もまだ取ってる物もあるとかで、これはもう絶対「おまけ屋敷」に行かないわけには行きませんわvv
お台場のイベントにも誘ってくれたら行ったのに~とうれしいお言葉のサトチさん。
またあの頃のように、今度こそ富野さんが出演するイベント、ご一緒しましょう!

僕にはまだ還れるところがあるんだ。こんなうれしいことはない;;」
って気分の友との再会でした。

以下おまけです。
漫画切手
画像映り悪いですが、懐かしの漫画切手。私の場合こういうのを衝動的に買うんですが、すぐ使っちゃったり、なくしちゃう。基本収集には向かないんですね。
この切手もほとんど、子供らの通信教育の答案提出用に使ってしまったのでした。「愛と誠」くらい取って置けば良かったかなと後悔。

さてここからは、上記と全然無関係に

2号の将棋大会の話。
今週の日曜日、近隣の将棋大会で優勝したとか。自転車で行ったので、賞品持ち帰れないから迎えに来てくれと電話がありました。
確かに結構豪華です。
賞品
扇子
賞状と盾と主催の毎日新聞タオルはお約束として、副賞のずんだロールケーキ3箱(これが非常に美味)、地元名産お豆腐かまぼこ、海苔2袋、羽生名人の直筆扇子、プロ棋士島朗さんの詰め将棋色紙、将棋本、ジャケット。。。。
協賛してくださった方々、どうもありがとうございました。

教室の後輩達は、ついに文部科学大臣杯全国優勝果たしたそうです。
うち子はどうも、年代的に(地域的にも)恵まれなかった気もしますが、本人相変わらず好きで熱心にやり続けてるので、ほどほどにして欲しい気もしますが、これだけ賞品持ってこられると、よし!頑張れ!と。全く即物的な俗物母なのでした。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/389-7bc771d6