ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

2010年、新年明けました。

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

2010年、平成22年が明けました。
海
年末は毎年のことですが、慌ただしく神社の手伝いに首都圏行ってました。
今回は、ネッ友さんとオフでお逢いしたり、カツカレーで話題になった東京タワーに行ったり、「初」のコミケに行ってみたり、念願の同人誌をゲットしたりで、すごく楽しかったのです。その詳しい話はこの後アップしますね。
問題は、帰ってから・・・白い魔女の地獄でした--;
東京ー宮城片道5時間半で行けたのに、宮城ー岩手片道8時間半かかりました。もお~、冬景色にげんなりの正月でした。
3号は2号や放蕩伯父さんに小さいかまくら作ってもらったものの、穴が貫通してしまい、トンネルになっしまってました。それでも大喜びで、子どもは元気ですね。

飛翔
イデオン発動編の天地創造を思い出すような、暗雲と光の狭間を飛翔する番の生命を思わせる画像。
実はかなり前に、1号が遊覧船から撮った太平洋松島の夕陽です。

宮崎駿氏に言わせると、それぞれがそれぞれの夕陽を持っていることは、それだけで幸せなことのようです。

TVは見ないほうですが、たまたま見た年末年始の特番、4つほど印象あります。

一番、心に残ったのは

NHKBS対談 宮崎駿×養老孟司
 「縦横無尽に好奇心~宮崎駿・養老孟司の対話~」
午後4:30~5:54
 「マンガばかりみていてはダメ、現実に眼(め)を向けろ」「現代日本は男の子にはつらい社会かも」「自分の眼で夕焼けの美しさを知れ」…辛口でありながら愛情に満ちた熱いエールを子どもたち、若者たちへ送るのは世界的な映画作家・宮崎駿さんと解剖学者にして無類の虫好き・養老孟司さん。“アニ眼”と“虫眼”が語り合う対談に、アニメの制作現場の映像や昆虫採集の様子などを交え、2人が現代日本に送るメッセージを伝える。



とても興味深かったです。我ながら、(気のせいながら)、年末に話題にしていた方々が、なんか自分が最近話題にしてたこととずいぶん似たようなことおしゃってた気がして、うれしかったです。
うちの子達も宮崎アニメ大好きだし、「解剖学教室へようこそ」や「バカの壁」らの養老先生の本を愛読してるので、結構熱心に見てました。
どうもこの二人のものの見方考え方が、私たち一家に浸透してそうな気してました(^^)。

二番目は、TBSたけし、田原総一郎、因縁の二人、新春ガチバトル
勝間VS香山の対決!!

新春ガチバトルで、年末に話題にしてたカツマーVSカヤマーがまさか実現するとは@@;
わざと絵的に二人とも敵愾心むき出しにしてるのでしょうけど、主人と大爆笑しながら見てました。
是非またやってほしい女の闘い。どっちも正論だし、どっちも現代社会に生きる人々のことを真摯に考えてますよね。


三番目は、2009年12月21日(月)
TV朝日「“鳩山不況到来!?国民はもう我慢の限界!TVタックル永田町仕分けSP”」

温和でまったりしてて好きな森永卓郎さんですが、気のせいか勝ち組に見えましたよ。この不景気の中、どうも彼自身は出演番組が増えたのか、収入増のようです。また新書が出るらしいですし。買います買いますvv
ワイドショーで、「この番組見てる皆さんだけは、今買い物を控えてお金蓄えておきましょう」と言ったのをばっちり聞いた私はラッキーですね。
だけど、森永さん推奨のオタクの祭典、「コミケ」でお金遣っちゃいました~てへ。


そして、番外編はNHKスタジオパークからこんにちは 大江健三郎
でした。
大江氏、時々私も話題にしてるノーベル賞作家様。「水死」は最後の長編小説と言われてるようですが、思ってたより若さを失っておらず、元気そうでした。

宮崎駿氏、養老孟司氏、大江健三郎氏、なんかみんなロマンスグレーで雰囲気良いです。宮崎氏は若い頃より老いた今がかっこいいですよ。養老氏は、姿が三国廉太郎に似てると思ってましたが、声や話し方も似てる気がしてとっても不思議でした。大江のけんちゃんも、相変わらず早口で健在ですね。
良いお爺ちゃん達に生き方を見せてもらって、次世代への愛を感じられて、心強いと感じた今年の年末年始でした。
頑張れ!男の子!頑張れ!独身男性!頑張れ!おじさん!
世の母達よ、もっと元気な男の子を育てましょう!冒険ヒーローで無くていいから、妻子を幸せにできる当たり前の普通の男に育てましょうね。私たちの夫がそうであるように。

唯一、今日のニュースで残念だったのは、藤井財務大臣辞任のニュースです。
「暫定税率は、納税者に対する裏切りなんです!」と威厳と知性ある国会答弁をした藤井大臣。その面子を、OHラインがつぶしてるなあとは思ってたのですが、、、宮沢元蔵相や塩爺のように、にこやかに仕事をさせて欲しかったものです。
お爺ちゃんが大好きな我が家の子供達は、瞳潤んだ藤井財務大臣の記者会見見て、「年寄りをいじめるなー」
何にせよ、お疲れ様でした;;

もうひとつ年始の残念なニュースと言えば、米国での方が大きく報道されてそうな2重被爆者(偶然広島長崎で被爆した)山口さん死去のニュースしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/433-04598b70