ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

幻想と現実と元先生

Posted by ふざけおに on   2 comments   0 trackback

元さん

12月31日大晦日、初コミ体験しました。
コミケというのは過酷な場所だと脅かされてたのですが、入場時間が遅く、退場時間は早いので、移動は余裕でした。ただし、人気のサークルさんの新刊は完売状態の時間だったようです。

私が出かけようと思ったきっかけは、バルディオス・ガンダムから鬼太郎・マリー&ガリーまで長きに渡ってアニメの作画や、SDガンダム・日ペンの美子ちゃん等の漫画家をされている佐藤元氏が出展されるという情報からでした。その辺から、プロの方の参加が結構あるらしいことを知り(竹田欣弘氏も02で出してたことあるようです@@;えええ、知ってたら絶対行ったのに~;;)
よーし、この機会に1号に案内してもらって、非日常ファンタジーを体験してみようかなと思った次第です。
怪しい萌え絵に溢れかえり熱気むんむんの中、元先生のところはお子様連れで大丈夫な健全さを保ってました(笑)
最初に奥様やお嬢様にお目にかかったのですが、マリー&ガリー風ご家族で(後で1号に聞くと、マリカとガリレオのコスプレしてたんだそうで、気づかなかったよ)皆様気さくに対応して下さり、ひどく緊張してた私にはとっても助かりました。素敵な奥様やかわいいお嬢様と話せてだけで感激(^^)
ガリーも決める時は決める知的なおじ様ですが、生の元先生もゆるーい感じでなく、ダンディにキメてるのを拝めたし、来て良かった~vって思えました。
すっかり舞い上がってましたけど、お目当ての30周年記念CDと怪談レストラン、マリー&ガリーの制作舞台裏CDを入手できました。ガンダム好きなネッ友さんのおみやげ分もちゃっかりゲットしました。
あと、鬼太郎のメイド喫茶話の蕾ちゃんの表紙についふらふらと誘われて。かわいいですよ、蕾ちゃんvv
家に帰って、早速作り手の遊び心や懐かしいシーン満載のCDを楽しませて頂きました。
お嬢様から頂いたクマのマスコットは1号が携帯にぶら下げてます。DBの缶バッチは2号が喜んで並べてました。

そして、30周年記念CD封入のバルディオスしおりは、私の宝物に。
5枚中、4枚が美し過ぎるK博士で、そのおば様率の高さにのけぞりました。
そして、残り1枚が、ぷぷぷ、マリンと雷太のツーショットvv二人を見つめるK博士。これがまた妄想力たくましい私は別世界にいけそうなシーンでした(←バカ)。

元先生のHPを紹介して下さったNEKOさんに改めて感謝です。(NEKOさんが水戸コミケに当選された暁には、1号は「私がまた代わりに行ってあげるから!」と宣言してますが、、うれしいけど、、お前な、ちっとは受験勉強しろよ!!(怒)

惜しむらくは、どうも元先生のお仕事関係者がおいでになってるところとニアミスしたようで、私は全然気づきませんでした。是非お二人のツーショットを拝見したかったとアフターフェスティバルで涙;;
次は絶対デジカメかまえてて、フライデーしたいと思った次第です(←バカ)。

(そういや、昔ザケルフェスタで、若本則夫氏がステージに出演されたのに気づかなかった痛い思い出が;ベリーメロン♪)

あきまんさん

その他、見たいと思ってたサークルは、ターンAガンダムのあきまんさんのところと、アニメ店長の島本和彦先生で、お二人のファンと思われるネッ友さん(ドロンパさん)との話のタネにしようと思ったのでした。(そしたら、偶然にもドロンパさんは元先生の大ファンだったという@@;それは知らなかったです。奇遇というか、うれしい真実。)
ところがターンA本はとうに完売してたようで、ふゆまん4と絵はがきだけは何とか手に入れられました。
ルノワールのような少女の絵にしばし目を奪われます。
絵はがきの裏にあきまんさん自身の解説もあるのですが、、、、
どうしてシーザーやアントニーが女性になってるのかは、古い人間の私にはわかりません。
1号は、「そんなの不思議なことでも何でもないの」と言って、うっとり見入ってましたね。
あきまんさんは色紙を書いておられたのですが、ガンダムエースのコラムでのゆるいイメージと全然違い、どこの前衛芸術家かというほどおしゃれにキメてるので、とても近寄りがたく、遠くから眺めてました。
島本先生のところは、すごーい行列で物理的に全く近づけませんでした。お姿は遠くから見ましたが、今回見た皆さんお三方とも漫画の自画像ほど〆切に追われてるようなゆるい風貌ではなく、どっから見ても現代的アーティスト風で、やっぱり「プロ」の威厳を感じさせられましたね。
インターネットの発達によって、作り手と受け手の距離が近くなった気がしますが、実際に顔を見ると人の温かさを実感できるので、こういう場所にプロの方がいらっしゃることは、ファンとしてとてもうれしいひとときなのでした。

コスプレヤーもずいぶん目撃しましたが、、、、最終日のせいか、男性の女装がほとんどで、ニューハーフぽく怪しいのばかりという印象です(笑)。美人コンテストさせてみたいような・・・・

年寄りの冷や水かなと心配しましたが、想像してたよりは普通に参加できるイベントでした。
また、機会があったら行ってみたいです~。

実のところ、冬コミや夏コミといった大きなイベントは今回初めてですが、SEEDオンリーイベントというのには、ひとでんさんのおつきあいで2度ほど小さな会場に入ったことあります。
地方に行けば行くほどティーンが多いのですが、都会でのイベント規模が大きければ大きいほど、多様な層が集うので、あまりおばさんでも場違いな感じを受けないのが良いですね。
1号曰く、同人誌出してる側は、おばさん割合が多いんだよ(失礼)と言ってました。

さて、昨日、部活に行った1号は部員に数々のコミケ戦利品を披露し、すっかりヒーローになったようで(^^;。
「いいなあ。私も行きたかったー」と口々に言う部員に、「だったらみんな来れば良かったでしょ!」とドタキャンした友達に言っちゃったとか。
友達が行けなかった理由は、「親に反対された」もしくは「親に言えなかった」からなんだそうです。
親が行ってくれと頼むという痛い親は、我が家だけ@@;がーーーーん。

どうも1号は何か仲間とこっちの地方コミケに出すつもりらしく、今回の戦利品をみんなで参考に謀議してるらしい・・・。もちろん1号は全然絵は描けないので、売り子でもするのでしょう。

あのな、お前ら、悪いことはいわん。志望大学受かってから、好きなだけ同人極めなさい。


3号は、正月に爺さん婆さんにお年玉もらいながら「3号ちゃんの夢は何?」聞かれ、「漫画家。でも夢のない大人(親)に喰っていけないって言われるの」とこぼしてるのをしっかり聞きました。それって、私?!あ、確かに言ったような・・・・いや、どこの親も同じこと言うに決まってるわい!!
「そう言われて夢を諦めるようなら、漫画家になんかなれないの。漫画家になってる人は、周りにさんざん喰っていけないと反対されても、頑張ってる人なんだよ」とパパが諭すと、「わかってるもん!」と3号。
いや、わからなくていいから、さっさと諦めてくれ~;

2号は2号で、今日も全国オール学生将棋選手権。早々に大学生に負けたようです。
年末の河北杯という地方大会では優勝したのですが、東北高校選抜も岩手県勢とA君には勝てず、入賞できなかったようでそれがまあ実力ですな。全国大会近いので、勉強そっちのけで将棋三昧。。。かと思ったら文化祭実行委員会に誘われてひょこひょこ入ったんだとか。お前なあ、将棋は大目に見るけど、、、そんな暇あるのかよ。

子育ての甘い幻想に破れ、現実は厳しいと思い知らされる日々です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ワンダー@リアル優先 says... "後れ馳せながら(^-^ゞ"
お疲れ様でした。 私もまたコミケ行きたいです。 もう同人雑誌出すことも無いかもしれませんが 機会があればまた…
2013.05.10 14:08 | URL | #- [edit]
ふざけおに says... "Re: 後れ馳せながら(^-^ゞ"
コメントありがとうございます。あれだけ、絵がお上手ですから、惜しいです。(って、プロの方に失礼な言い方ですけど^^;)アキマンさんみたいに個展でも開いて下さいまし。
デジモン02のさよなら賢ちゃんの原画、見たい見たいって狂おしい気持ちになります。あれは神作画でしたね。何かイベントある時はまた参加したいです。
2013.05.20 06:17 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/435-25758fe6