ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

日記(1)

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

他人が読むことを想定して書く日記って、何なんだろう?
そういえば、小学校高学年の頃から、就職して数年間は、日記をつけていた。毎日ではないが、結構まめに書いていた。多分まだ全て実家にあるはずだ。
最初の頃は誰かに見られることを半ば期待して、友達に見せたりもする無邪気なものだった。
中学3年くらいになると、誰でもない自分のため、(自分の心の整理をし安定を得るため、自分がその時何を感じていたか、後で読んでわかるように)、本音を書いた。だからすごい自虐的で、どん底にいる自分に陶酔したような内容だったと記憶している。恥ずかしくて、とても他人様に見せられるものではない。
それでも、なぜその大量の日記を今だに焼き捨てないのかと言われれば、うーん、、、、自分の生きた証を死後誰かに感じて欲しいから、かな。あるいは死後、子孫に、死んだ変人ババアがどう思春期の苦悩と向かい合っていたのか、興味持って読んだくれるかもしれないな、とか、、、、
要は死んだ後も目立ちたいだけですよ。ほほほ。(ふざけるなよ~!)

ここに載せる日記は、小学生の時と同じ気分で書けばいいのかな。上手に本音を入れて、自分のためになる日記を書いて、他人に読まれて、恥ずかしくて死にたくなるような気分にならないものを書こうとは思う。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/446-9fd2c44e