ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

続家族ネタ

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

我が家の青鬼君。趣味らしいものはない。特に何にもはまらない、気晴らしを求めず、のらりくらりと与えられた仕事をやる位が趣味らしい。
私は一応クラシックが好きだ。もちろん、指揮者や演奏家をどうこう言う程詳しくないが、曲は有名なものはレコードCDで持っていて、若い時よく聴いた。
新婚の頃、レニングラード管絃楽団の、ムソングルスキーの「展覧会の絵」、チャイコスフキーの交響曲6番「悲愴」の公演のチケットを手に入れた。B席一人で8000円位だったかな。貧しかったけれど大好きな曲目だったので、子供が生まれる前にこういうのを楽しもうよと青鬼君を誘った。

演奏開始、展覧会の絵の有名なフレーズが流れる。「感動!」と隣を見ると既に青鬼君、開始数分でこっくりこっくり。生のオーケストラの迫力を知らないな。どうせ「はげ山の一夜」で起きるさと楽観したが、予想に反し、なんとあのボリュームと悪魔登場の不穏な音楽をもろともせず、いびきをかきはじめたではないか、、、。
「悲愴」に入って、楽章と楽章の間に響き渡る大いびきに恥入りつつ、私は焦った。この分で行くと、「悲愴」の静かに静かに終わりを告げずに消え行くラストで、いびきが響き渡るじゃないか!?
たまらずにつついて起こした。「おっ」と目を覚ましてくれた。良かった。
あとは悲愴4楽章の重苦しい絶望の音楽に浸ることに専念した。チケット代分楽しまなきゃ!が、しかし、不覚にも青鬼君、一瞬にして熟睡してしまい、肝心のラストで、周囲の感動ぶち壊す、すさまじい鼾を奏でた。。。。
結局2時間のコンサート中、起きていたのは最初の数分だったね。

きっとクラシックが嫌いなのね。青鬼君。じゃあ、話題の映画を観に行こう。
「ジェラシックパーク」
これなら、興味がある、寝ないように頑張って観ると言ってくれた。じゃあ行こう!
この映画、恐い。もうどきどき大興奮!
それなのに、青鬼君、しっかり寝てた;
映画館を出て、興奮覚めやらぬ私は、感想語り合いたくて、「面白かったよ。青鬼君、話わかった?」
「少しは。ええと、ヘリコプターで島を出たところまで観た。で、起きたら、ちょうどヘリコプターで島から出てくるところだった。はは、間は全然観てないけど、話は繋がってるぞ」

以後、私はコンサートも映画も青鬼君と同伴していない。
************************************
自分は満足でも他人が読んだらつまらん家族ネタ、続いてすみません。
(って日記なんだからいいでしょ。)

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/454-1f1dcd2a