ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

老人とクルモン

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

80近い実家の爺さん。だいぶ耳もが遠くなり、ボケ気味。かわいい孫が夢中になっている物を理解するのが難しい。
聞き違いは年中行事だが、不届きな孫どもはその聞き違いにオオウケである。

超進化→「ちょんちんかん」
アーマー進化→「あまあま進化」
ジョグレス進化→「ジョグなしすいか」
赤いターゲット→「赤いかぶと」

と言った具合。

その爺さん、先日久々に遊びに来て、「元気してる?」とあいさつするクルモンに遭遇。
そのかわいらしさに、目を細めて抱き上げると、
「こんにちは」「お元気ですか?」とうれしそうに話し掛ける。足のスイッチを入れないと答えるわけないのだが、爺さんはきっと自分の話し方がいけないのだろうと悩み、さらに声色を優しくして、あれこれ話しかける。しかしクルモンは返事をしない(当たり前だ!)
「おい、君は何て言えば、返事してくれるんだい?」

気の毒だが、説明する気になれず、笑ってしまう親不孝鬼でした。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/461-9ae6329e