ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

めぐりあい~脱線

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

西崎氏は時代の寵児のように扱われ、その後も、「宇宙戦艦ヤマト」の映画TVシリーズが出続けた。それらを観ることは観たが、批判能力の無い子供とはいえ、さすがに商業主義的な色合いを感じ始め懐疑的な気持ちになってしまった。

数年後、多分「脱税」が最初の西崎氏の逮捕だったと思う。憧れの大人だった人は、思春期後半の私にとって最も軽蔑されるべく醜い人間に映った。それは教師が、実はつまらん人間だと気づいた時と同じ心理だろうが、彼への幻滅は大人嫌悪に拍車をかけたことは間違いない。
作品の良し悪しと作者の人間性が必ずしも一致しないことは、大人になればわかることだが、それすら、大人の詭弁に聞こえるのが純な若さだ。

最近、また銃刀法違反や覚醒剤所持で何度目かの逮捕になったニュースが流れた。「宇宙人の侵略に備えて」と言ったとか、、、
若者に「愛と平和」を説いた高慢だった彼の転落人生に胸が痛んだ。
事情は色々あるのだろうが、この痛みを感じる限り、ヤマトに近づこうとは思わないだろうなあ・・

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/471-3aa55a01