ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

続めぐりあい~脱線

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

学生時代、実は富野氏が「海のトリトン」の実質のブレーン(監督)であったことを知って、少しほっとした。西崎氏はプロデューサーだ。
確かアニメ雑誌(アニメ-ジュだったかな)の「たかがアニメ、されどアニメ」という富野氏の連載で読んだような気がする。氏が{トリトンが多くの支持を得られたのは、「善悪の逆転」があったからだ}と言うのに対し、奥様が{「トリトンがかわいいからよ」と笑った}というエッセイがあったと記憶している。
今となっては、奥様に賛成(笑)。

<デジアドが人気あるのは石田ヤマトや一乗寺賢がかわいいからよ。>(違!)

昭和62年の小説「逆襲のシャア~ベルトーチカチルドレン」のあとがきから伝わる印象としては、以前ほどの自嘲ムードはなく、未来への強い意欲を感じた。
ただ、「ニュータイプ」の現実世界での覚醒を信じているような件があり、少し不安も覚えた。富野さん、、、違う世界へ行ってしまってるのでは?

平成14年。
「ターンAガンダム」公開の記事に映る富野氏が、ずいぶんやせた気がした。時はずいぶん流れたんだな。。。
「ターンAガンダム」にニュータイプは登場しないという。現在視聴中。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/473-dedd15a6