ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

怖いもの

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

ワンピース劇場版今週土曜日公開ですね。
今年も子供達と見に行きます。監督さんが「僕らのウォーゲーム」の細田氏なので、絶対水準以上に面白いに違いないと行く前に決め込んでます(笑)
20050303195149.jpg

画像は3号が好きなプリキュアガシャポンのマグネット。けもの3体とヒカリちゃんが出て大喜びでした。シールやマグネットを冷蔵庫に貼りまくってます(^^;割と簡単にはがせるから許してるんですけどね。って、1.2号もさんざん貼ったし(--;

ここ数日PTA関係がたてこんでました。
2日は、午前中が卒業を祝う会で、午後が学習参観と総会と懇談会でした。「祝う会」は、どうしても素直な気持ちで受け止められず、途中で1号と帰りました。私も悪いんですが、色々凹みますわ(^^;
午後は参観と総会でした。めったに総会に出ない私が言うのもなんですが、確かに参加者役員とも、ママさんコーラス関係者とサッカーママさん関係者の割合が多すぎでした。仕事してようがしてまいが、一生懸命なママさんは何にでも一生懸命で、子供もみんなしっかりしてるんですよね。
その点、自分は全然ダメだなーって思います。子育てにストレートにいきがいを持てる人達の間にいるとつくづく思いますね。
 批判ばかりされた子ども非難することをおぼえる
 殴られて大きくなった子どもは力にたよることをおぼえる
 笑いものにされた子どもはものを言わずにいることをおぼえる
 皮肉にさらされた子どもは鈍い良心のもちぬしとなる
 しかし,激励をうけた子どもは自信をおぼえる
 寛容にであった子どもは忍耐をおぼえる
 賞賛をうけた子どもは評価することをおぼえる
 フェアプレーを経験した子どもは公正をおぼえる
 友情を知る子どもは親切をおぼえる
 安心を経験した子どもは信頼をおぼえる
可愛がられ抱きしめられた子どもは世界中の愛情を感じとることをおぼえる

最近皇太子様がご紹介された外国の詩をかみしめながら、もうちょっと熱心に子供と向き合わないといけないなってすっかり反省しきりです。
そんな折、昨日の3号の誕生プレゼント。
(1号と2号は毎年恒例のお手伝い券ですが)
3号はママの絵を書いたお手紙で、「大きくなってもママはネットやめなくていいよ」と書いてありました。
あはは、うれしい。「いい加減3号が小学校入ったら、さすがにネット時間減らさないとダメだよなあ」と、常々私が口にしてるのを聞いたようです。
小学校1年生は幼稚園より何かと手が掛かるんで。
2号が本当に怖いものはゲームで、ママが怖いものはネットだな(笑)。3号、あまりママを甘やかすなよ。byパパ

怖いものというと、、、

以前、ベッドで漫画読んでる2号を脅かそうと、ベランダから青鬼君が入ろうとしたところ、2号は血相変えてすごい悲鳴上げながら猛スピードで2階から降りてきました。「うわああああ、誰かいるーーーー!!不審者だあああああーーー!!」
居間に入ると腰を抜かし這って私にしがみつき、「わああ逃げろ~!」と。2階から誰かが降りてくる音に震え上がりドアが開くと絶叫し、部屋の隅に凍りついてました。
それが父親だとわかると、「パパーああああ!!!」と怒りの声と同時にわんわん床をたたきつけて泣き狂いました(爆)
2号はこの世で一番怖いものは、幽霊や宇宙人ではなく「不審者」だそうです。
「幽霊やおばけは恨みもないのに人殺しをそんなにしないもん;;;」
その後しばらく私は、2号の不眠症に悩まされましたよーー;。ベリアルヴァンデモン、大規模地震同等の恐怖体験だったようで(笑)
思い出すと笑えますが、自分は子供の時幽霊が怖かったので、今時の子供も大変ですな。

今日の総会でも学年懇談会でも、今年の最大の問題は「不審者出没」に振り回されたことだと、教師も役員も語っていました。
世間で事件があったし、実際あちこちに変質者出没情報があって、たまたま本校被害はなかったが、被害が出てる近隣の学校もあったようです。
今後、日中昇降口施錠という施設対策と警察の立ち入りも含め学校の安全と地域と共に守っていこうと。
連日のように不審者出没のプリントが出るわけで、あまり神経質になって振り回されるのもまずいが、馴れてしまってもまずいとのことです。
実際、私も5年前ですが中学校の職員打ち合わせにおける、変質者出没関係の連絡がやけに多いのに呆れましたが、更に増える傾向のようです。
1号が年長の時は子供だけで公園に遊びに行ったし、近所のスーパーにお遣いにもいけたんです。今はできないですね。買い物中、プレイランドで遊ばせるのことも3号はできません。小5♂でさえ5時過ぎると一人歩かせられないですもん。それをやったら非常識な親だと非難されかねない風潮ですしね。
長引く不景気で、終身雇用が崩れ就職難のため、治安が悪化したんでしょうね。この5年間の子供を取り巻く外界の違いを私は肌で感じてます。ホームレスが公園や図書館という公共の場に増えたのもあります。
世間を騒がす事件の感じからは、世の中を恨んでる人が攻撃性をより弱者に向けたり、自分がかつて傷ついた学校時代の出来事を繰り返し繰り返し思い出してはそのせいで自分が不幸だと恨むんでしょうかね。
少子化の時代、子育てをしてる側の気持ちを肌で理解できない人たちが増えたのもあるんでしょう。
私も子育てがうまくないのはその通りで色々不安が募るのですが、社会情勢も子育てに厳しいかなって更に不安になるのでした。
私ら子供の時、どんなに酷い親に育てられても立派に子供は育つものだと言われ、子供が悪いのは本人の努力が足りないからと言われたもんです。伝記や自叙伝通し、子供の頃家庭環境が悪くても立派に社会に貢献する人の話をさんざん読まされたもんです。
今から思うと、親もそういうのを読んで安心してたんだろうなあ(笑)
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/48-8b9b7381