ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スポンサーサイト

Posted by ふざけおに on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 ディアボロモンの暗躍

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback


一昨日は新幹線で帰ってきた。私の住んでいるところの駅に止まる新幹線は限定されているので、東海道新幹線も乗り継ぎをそれに合わせた電車でないとまずい。
電車は京都発12時53分。正午の暑い京都駅に、病院から混んでる乗合バスでようやくついたのは12時ぴったり。クーラーがよくきいている構内で、「京都の美味しいアイスコーヒーでも飲んで、おみやげは皮だけの生八橋買って行くとちょうどいいねえ」と娘と一息ついた。その前にまず切符購入のためみどりの窓口に向かった。
銀行みたいに番号が書いた紙を取って、その番号が呼ばれるまで待つのだが、15人待ちだった。窓口が5つあるので、実質3人待ちだなと待機していたが、20分経っても呼ばれない。
一応張り紙には「お急ぎの方は、直接窓口の係員にお声をかけて下さい」とあったので、どうしようかと一瞬思ったが、まだ30分あるから、コーヒーをあきらめればいいのかなあと待ち続けた。

それから、5分後ようやく呼ばれた。これなら「八橋」を買う時間はありそうだ。
対応したのは、30代の男性で、目的地を言って、東海道は指定であとは自由席で、と伝えた。それを復唱しながら、コンピュター入力する、、、、コンピュター入力する、、、コンピュター入力する、、、、コンピューター入力する、、、5分が経過。覗いてみると復唱しながら入力し、最後に決定すると何故か画面が最初に戻っている。。。
「大丈夫ですか?」と声をかけると、彼はあわてたそぶりもなく「ちょっとお待ちください」と後ろを振り向いて救援を求めた。背後から3人駆けつけて、4人がかりで入力。、、、4人がかりで入力、、、4人がかりで入力、、、
また、5分が経過。残り15分。(汗)娘が「まだですか~?遅れちゃうよ~」と悲鳴をあげた。
私はここは焦らせてはいけないと思い、「ホームまではすぐですよね」と平静を装って質問すると、駅員も内心の動揺を隠して、冷静に「いえ、遠いです、一番奥ですから。」
「、、、。はは^^;でも、大丈夫、間に合いますねえ」「、、、。」相手は無言だった。。。

それから5分が経過、ようやく切符が出てきた。手伝っていた4人はほっとして持ち場に戻った。残り10分。八橋はあきらめよう。
さて、切符が出たら即渡してもらえるかと思ったら、今度はそろばんを出して、はじきはじめた。総額をそろばんで計算(確認?)するらしい。そろばんをはじく、、、そろばんをはじく、、、そろばんをはじく、、、かすかにその手が震えており、何度かはじき直しているのをしっかり見た!!
娘が焦って、「早くして~~!」と半べそをかく。
さすがプロに徹した駅員、顔には全く動揺を見せず、淡々と「もう少しお待ちください」
私は苦笑しながら穏やかに言った。
「いや~、いいんですよ。もお~いーくらでも待ちますよ。12時53分の新幹線が待ってくれれば。」

ようやく代金を支払い、切符を渡されたのは発車5分前。大きな荷物を抱えてホームまで走った、走った。確かに東海道新幹線は一番遠かったが、病気の子供も、カールルイスのように構内を駆け抜けた(笑)。ぎりぎり間に合った、、、
二人とも言葉もなく車内販売のパックジュースを飲んで、こんこんと眠りについた。。。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/499-0983250a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。