ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

映画「オーシャンズ」鑑賞日記 ★☆

Posted by ふざけおに on   0 comments   1 trackback

2月1日の映画の日。
さて何を観たいかなあと、迷いました。
評判の良い「のだめ」か「アバター」か、1号が興味示してる「キャピタリズム」か、、、まあ、1号と一緒ならこの辺りのセレクトなのですが、たまたま早く帰って来た3号と一緒だったので、「かいじゅうたちのいるところ」か「オーシャンズ」か。。。
どうも脳みそ不活発なので、虚構の感動ストーリーよりも今日はあんまり考えずにすむ美しい映像を眺めリアルな環境問題でも考えようと思い、というか子供料金「500円」に惹かれて、「オーシャンズ」、君に決めたー!

海、母なる海は今でも宇宙の神秘そのものです。

大画面で観たらどんなに綺麗だろうかと期待大。

でも綺麗ではあったのですが、、、、
TVの動物番組、例えば「ダーウィンが来た」や「動物奇想天外」でもこれくらいの映像なら観られそうな、、今時の大きな水族館でも観られそうな、、、なんつーか今ひとつ、自然に生きる生き物の躍動感や臨場感を感じないんですよね。感情移入できる場面がないんです。

長い間保たれて来た海の生物の共生バランスを壊している人間の所業を、お子様にすり込みたいんでしょうけど、、正直退屈でした。寒い時期の寒い映像って、余計冷え込んでしまうし。
辺りを観ると、寝息を立ててる親御さんが多いなあと思ったら、あらら~、珍しく3号が、途中でぐっすり寝てしまいましたーー!動物もののTVはすごい好きなはずなのに@@;
宮沢りえちゃんの淡々としたナレーションもお経のようで、、、、
スリル満点の派手なアクション映画に馴れた感性では、脳に刺激なさ過ぎ;

一番インパクト持たせてたどっきりシーンは、フカひれだけを切り落とし生きたままサメを海に捨ててる漁師の行為。あたかも手足だけを切り取った獣を海にすててるみたいに思わせる残酷シーンだったのですが、、、
でもそれでどのくらい生物の共生バランスが壊れてるのかなあ、、、
多分、鯨やイルカ等の大型生物を捕食することが海の生物界を危機に陥れているという警鐘なんでしょうけど、、、、
鰯やサンマを食べるのはオッケーなんですかね?

地球温暖化、森林破壊、水質汚濁が、地球の寿命を縮めているという話は非常によくイメージできるのですけど、、、
その中で、海洋生物を人間が捕食すること(ある意味自然の法則通りの行為)が、特に地球環境にいけないという説得力がないんですね。
生物の多様性が大事ということもよ~くわかるのですが、気のせいか残酷かどうかが物差しになってるような感じがしました。

地球環境を守り生物の多様性を存続させようという総論賛成、でも大型海洋生物捕食をやめようという各論には「?」、みたいななんかすっきりしない気分で映画館を出ました。
しかし、3号は熟睡したみたいですっきりしてました(^^;

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/505-ebe85054
「オーシャンズ」優しい気持ちになり、そして身が引き締まる
「オーシャンズ」★★★★ ネイチャー・ドキュメンタリー ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾー監督、103分、 2010年1月22日公開、2009,フランス,ギャガ・コミュニケーションズ (原題:OCEANS )                     →  ★映画のブログ...