ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

新三銃士とかはぐれ刑事純情派SPとか

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

NHKで人形劇三銃士をやってるんですね。
それを、受信料口座引き落としのチラシで知って、原作も好きだしNHKの連続人形劇も懐かしかったし、興味持って今日、リアルタイムでみました。
最近アニメ声優を演じられなくなった戸田恵子さんが出演してるらしいのも重要なポイント。
改めて、人形劇って不思議。動かない人形の顔が、実に巧妙な動きで人の感情を表現してることに感心。感心。
戸田恵子さんの妖艶な毒婦ぶりは割と珍しいような。いつも勇ましい感じの演技しか聞いたことないので、高い声を響かせながら演じられてるのが新鮮。
(そうそう、ベルサイユのばらのアニメ映画版、オスカルが戸田さん、アンドレが水島さんでやったってのを偶然ネットで知ったのですがら、戸田さん、どんな感じだったんだろう?一度見てみたいものだわん、と思ったのですが、残念ながらDVD化されてないんですよねorz)
さて、ミレディに惑わされるいたいけな若きダルタニアン、かわいい~vvあれれ?この声、どっかで聞いたような・・・・そういや雰囲気似てる、、、、思わずNHKのHP見たら、やっぱり!!「とめはね!」の縁君じゃん!!池上荘亮君がダルタニアンの声優さんでした。これはもう~毎週見ようと思ったオバサンでした(^^)


先週だったかな。故藤田まことさん追悼のSP番組、はぐれ刑事純情派最終回を見ました。
ベタな人情話ですがなんか心に染み入ります。
継母を「お母さん」と呼ぶ日までの息子の葛藤と母の愛にじーんと来ます。とってもベタでありがちなんだけど、良いですねえ。そういやデジモンフロンティアでも輝二君の新しいお母さんを受け入れることがゴールでしたっけ;

なんだか「仮面ライダー剣」のこと、思い出しちゃいましたねえ。
私はすごく好きだったんです。今井脚本。でも基本こういう感情がぶつかり合う人情ドラマ、この手のダイアローグを普通の会話に見せるには、いぶし銀の演技力が必要なのかも。
まあ、そのミスマッチでオンドゥル語という現代用語を生まれたようなのですけど(笑)

ここのブログを訪れられる方は、結構「仮面ライダー剣」で検索して来られる方が多いので、たまにブレイドも話題にしないとなあとは思ってます。
でも永遠に姿の変わらないアニメキャラと違い、役者さん達が作品後にそれぞれ違う世界に行ってしまってる感じで、、、、
もう少し長い時間が経って懐かしいなあって思える日まで、もう一度熱く語れる気持ちになるのまでには、まだ時間がかかりそうです。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/513-b3027f73