ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

バルピカ珍道中

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

大荒れの天気で、JRローカル線ダイヤ混乱した休日に、かねてから約束してたサトチ先輩とおでかけです。
電車の遅れで予定通りには進みませんでしたが、久々に一緒に先輩と楽しい時間を過ごしました。
二人っきりでおでかけは、学生時代以来です。
就職した後、みんなで車で弘前のお花見行ったりTDL行ったりしましたが、それも15年くらい前に遡ると思うので本当に久しぶりでした(^^)(去年、お会いした時の日記はココ
小田原
朝みぞれが降る天気だったのが信じられないほど、爽やかな小田原城趾界隈。まだ桜は咲いていませんでしたが、もう芽の先が大きくピンクに膨らんでいて、明日にも咲きこぼれそうな、その華やぎを想像しながら歩く町並みも、また胸躍る情趣があります。
小田原1
小田原は、熱海や伊豆同様に、多くの近代作家達の保養地だったようで、美しい町並みと明るい日差しに癒しを感じます。
小田原2
お城には、戦国武将のコスプレをした地元有志がおりまして、サトチ様は思わず「おつとめ、ご苦労でござる。」と口走ったのにおおうけ。
小学校
お城の門前に、小学校があって、歴史ある町並みの景観を意識した校舎なんです。きっとここの生徒の朝のあいさつは「頼もうー」「かいもーん(開門)」に違いないと、サトチ様。
さすが、相変わらず頭の中は昔からファンタジーのお花畑。というか、明るい幻獣ランド。
小田原3
薬屋さんとういろう屋さんが一緒なのを見て、「これは元祖?これは元祖なの?」と謎のつぶやきを繰り返します。そこで「ういろう」の蘊蓄を聞かされました。さすが、雑学詳しいサトチ様。

出がけは暴風だったので、気が利くサトチ様は完全装備(デジアドの城戸丈君に似て、我を通すことなく常に自分が周囲より損をしてでも相手に気遣う本当に善良な人なんです。競争社会には向かないですが、全体に奉仕するお仕事にはとっても向いてると思います(^-^)
そのサトチ様、元々荷物が多かったのですが、帰路は駅前のにぎわいの中、かまぼこや梅干しを抱えきれないほどのおみやげを、地元の人との言葉を交わしながら買ってまして、サトチ様とお店の人の会話に温かいものを感じました。

サトチ様曰く、「梅干しはこうでなきゃ、熟した梅の甘さと塩だけのが本物なのよ~。この風味は甘味料や食酢を入れた物では出ないの。」
かまぼこは、実は私の住んでる地方も名産なのですが、小田原は売り方がうまいし、安いし、店頭で気軽に買えるのが庶民的で良いです。いろんなお店のを購入してみたくなります。
うちの方では、もっと個包装し、真空パックをして、高級感溢れる静かな店内で、ギフト用にきちんと箱詰めされたものなのですが、小田原の味も見た目もシンプルで揚げもののサイズはでかいし、日持ちはしないのですが価格が手ごろで、各店個性的品揃えで、いろいろ選ぶ楽しみがあります。
その他、私がサトチ様にお勧めしたのは、黄金柑。昨年、神奈川出身の義妹から神奈川産柑橘類のバラエティセットを贈られたのですが、どれもすごくみずみずしくて美味しいんです。中でもレモンと見まごう黄色のぽんかんみたいな黄金柑(日向夏みかんと同種でないの?)は、口にした人があっと驚く味の良さなんです。
我が家も今回買ってった黄金柑も、かまぼこも大好評でした(^_^)v。

帰りの電車、東海道本線から見える海を見て、
この青い太平洋を眺めて、首藤さんはポケモン映画のシナリオ書いたんだね~と二人でしみじみ。

はい、私たち、何のために小田原まで出かけたかって。それはあくまで日本文学史への探求心よ~vとか言うのは表向き。私がバルディオスファンで、サトチ様がポケモンファンで、二人で首藤剛志展を見に行こうと盛り上がった良い年こいたミーハーだったという(^_~;
その高尚な(?)文学話は後日に回しますが。(既に話が長いぞ<自分)
小田原で心身満たされリフレッシュした私たち、その足で浜松町のポケモンセンターへ。
ポケモンセンター1

これがまたTDLに対抗しそうなすごいにぎわい。外国人家族もたくさんいました。
グッズを買い求める親子連れ、ポケモンウォーカー持ってる同士、世代を超えてデータ交換しあう光景もあちこちに。
ポケモンセンター
サトチ様はこのお店目当てに時々上京していて、家中ポケモングッズに溢れてるとか。
ゲームクリアして殿堂入りしたとかで、景品もらいに行ってました。
ポケモンセンター2
さすが商売上手いぞ!任天堂!!
ここまでやるなら、任天堂ランドとかポケモンランドを東京ネズミーランドに対抗してオープンしちゃえよ。って勢いですね。
おみやげ
子供らにおみやげ買ったら、子供ら大喜び。2号はピッチュウのクリアファイルを真っ先に選んで、「これ持ってたら、クラスの女子にかわいいvvて言われる。」とうれしそうーー;

帰りの新幹線で、サトチ様にさんざん布教され、ついに手を出したポケモンソウルシルバー。決め手は洗濯しても壊れない万歩計でした!サトチさん、洗脳上手いOTL
ポケモン育成するには、内に引きこもってDSばかりしていてはいけない。プレーヤーは外に出て歩き、そして他のプレーヤーと出会ったら、そこでコミュニケーション成立させてデータ交換。ドラクエのようにすれ違っだだけで言葉を交わさないのは、よろしくない。つまりポケモンでコミュニケーションの輪を広げようってことらしい(なのか?)
ソウルシルバー
私が、ウォーカーでポケモンを散歩させ、娘二人が交代でDSをプレイしてます。
ところが、どうもポケモンには愛着が湧かないので、ポケモンの名前をブイモンとかピヨモンとか太一とか賢、グループ名をデジモンとか、ほとんどけんか売ってるようなby1号

「ママ、電気ネズミは見つからないけど、電気羊ならゲットしたよ。なんて名前つける?」
「電気羊?!んじゃ、アルデバロンだ。」
「字数5文字までだよ」「ほんじゃ、アフロだ」

アルデバロンは電気羊の夢を見るか?っつうブレードランナーな会話。
どっちかというと、
「電気ネズミは世界征服の夢を見るか?」
という気分で、今度このタイトルで、続きの日記をアップ予定。あくまで予定ですが、水戸までなんとか行けたらいいですね~。(←まるで人ごとのような予告)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++
ちなみにサトチ様、最近何のアニメ見てるの?
と尋ねると、NHK教育のマニアックなアニメが多いようです。
「エリン」とか?人形劇の「新三銃士」もご夫婦で見てるとか。
「マリー&ガリー」もご主人と見てて、私も見てるというと、結構驚いてました。
「へえ。あれ見てる人、他にいたーーー!」
というのも、「このアニメ、誰も見てないと思って、結構毎回スタッフの好みで遊んでるよな」とサトチ様のご主人が言ってるんだそうで。

「ほんじゃさ、佐藤元さんって知ってる?」と聞くと、「・・・ゴーグ描いた人?」
(う、知ってる@@;)
マリー&ガリーのタイトルバックの原画とか書いてるみたい。だよ。
「そうなんだ~」と懐かしがっておいででした(^^)。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/526-8a8dcf8d