ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

きな子~見習い警察犬の物語~★★☆

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

今年も見てしまいました。動物映画。
3号は犬好きで、盲導犬物語とかかわいそうな犬の物語を好んで読んでるんで、この映画は絶対観たいと言われてました。「犬と私の10の約束」や「クイール」みたいなワンちゃん死んじゃう話はママ泣いちゃうから苦手だな~というと、3号が「大丈夫、きな子は生きてるから」と言われて、ついつい。
実はTVできな子観たことあります。映画でも取り上げられた生放送の情報番組で、嗅覚テストをやらせてみたら失敗した生映像ですね。あの時の女性訓練士さんが、杏子のモデルなんでしょうか。
劇中、どこまでが実話で、どこまでがフィクションの設定なのか、気になりました。
警察犬といったらシェパードとかドーベルマンの強面印象で、レッドリバーというと盲導犬が定番そうですが、、、
でもきなこ色のレッドリバーは見習い訓練士を信じてひたむきに警察犬を目指すのです。
主人公の杏子役もとても自然体で爽やかで、とっても心洗われるピュアな映画でした。
あまり湿っぽくないのも安心して観られる映画で、ご高齢の方や子ども連れの家族で映画館が賑わってました(^^)


モデルになったきな子は、

まだ警察犬の試験に挑戦しているようで映画が出来た時点で、まだ警察犬として活躍しているという結末が出ていないので、こういう中途半端な〆でしょうがないのかな~。「努力そして勝利」とはいかないのが現実ですよね。

その後見習い女性訓練士は自立し、きな子は違う訓練士の元で訓練を受けてるそうです。8年が寿命の大型犬にとってあと2年くらいが現役年齢だし、これだけ周囲の応援を受けてこのまま終わらせるのはかわいそうってのもあるのかなって思います。
警察犬目指して頑張るのも良いでしょうし、防犯キャンペーン等のマスコット犬として余生を送るのも悪くないと思います。人間の役に立って、みんなに愛されて、人の子心を癒す。職業犬って偉いです(^^)。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/571-7dc2cb75