ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

今更夏日記

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

本

今更ですが、今年の夏に読んだ本の感想です。


※「ゲゲゲの人生 我が道を行く」
ゲゲゲの女房の影響で、水木さん関係の本を手にする機会が多かったです。
「ゲゲゲの人生 我が道を行く」は、一家全員で回し読み状態でした。水木さんの人生観に触れると、生きていることはかくも楽しいことなんだって、嬉しい気持ちになりました。
戦時下、当時の価値観に染まらない個性的な水木さんは、どんどん最悪の前線に送られてしまうのですが、不思議とそれが逆境を生き抜く活力になっていたように思われます。
型に嵌らない楽観的発想や異質な者に抵抗なく交流できるセンスが、素晴らしいなって思いました。
だけど水木さん、実はふんどし1枚で逃げたのかーーー!!惜しい~、そのままTV化すれば、イケメン向井さん、ふんどし1枚になってたのね~(←バカ)

※コミック昭和史・・・全巻揃えられなかったので間何巻か抜けてますが、水木さんの昭和の回想、生き方ものの見方感じ方は、本当に共感できるものでした。昭和の暗部を鋭く捉え、けれど感情を抑えてライトにユーモラスに、そしてどこか過ぎゆく歳月を見送る一抹の寂寥と感慨込めて描かれた、漫画表現の極意に飛んだ素晴らしい歴史作品だと思います。
激動激変の時代、悲しみも苦しみも憎しみも飄々と超越して喜びを見いだしていく、タフな漫画家の到達した精神的境地に、敬愛の念を抱かずにはいられませんでした。
余談ですが、うちの父は大正15年(昭和元年)生まれでちょうど青春期に戦争があったので、戦後は昭和天皇を恨んでいたようでしたが、でもやっぱり崩御の日の夜、一人静かに、感慨深げに酒をあおっていた姿を思い出しました。

※1テーマ5分でわかる世界のニュースの基礎知識
さすが池上彰さん、毎週学べるニュースショー見てるし、結構本でも復習してるので、おかげさまで少しだけワールドニュースがわかるようになりました。
でもすみません。この本の1テーマ5分で理解するのは、地図の読めない私の頭では無理でした(泣)

※あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの
この本は夫人が話したことをまとめたものらしいんで、最初は読み物としてテンポが悪い回りくどさを感じもしましたが、なかなか妻から見た総理大臣という視点が面白かったです。特に 第4章の「菅伸子の代表質問」は、読み応えありました。すごぉーーーい、頼もしい素敵な奥様で、世の中菅さんのような恐妻家の方が成功するのかもしれないですね(笑)
どうも菅さんはもともと現実派で、情では動かされないが、理屈に傾く実利派のようです。だから官僚と親和性が高いのか(^^;。
菅さんは奥様に言わせると一つのテーマに嵌ってしまうタイプらしく(水木さんに似た過集中型)、今、夢中なのは財政再建のようです。谷垣さんもそうですが、財務大臣経験者は、財政健全化が最重要な政策課題だと思うものなのかもしれないです。
彼が目指してるのは中曽根内閣のようで、つまりは長期安定政権なんでしょう。なまじ理想を語って言質取られてひっくり返されないよう、親米で財界官僚自民党にもすり寄って、その中でやりたい政策をやるつもりなのかなって。短命だった鳩山政権を反面教師に、轍は踏むまいという意気込みはわからないでもないですね。
にしてもブレーンの大阪大学の先生がメディアに出てする話、私はさっぱりわからないんですけど(^^;
雇用を守るために企業減税と雇用助成金を出すようなことは菅さんが言ってましたけど、人手不足の医療介護の成長分野にどう雇用を移すのか、イマイチわからなかったです。介護施設の税制優遇して、雇用助成金出すつもりなんでしょうか??
高校の実業学科に、福祉学科を作って若い即戦力を養えば、高校生の就職は改善されそうですけどね。
個人的に菅さんは昔から好きなタイプの政治家ですが、イメージ以上に右にも左にも改憲も護憲も拘りがないニュートラルなようで、その分何色にも簡単染まってしまう感じがいいんだか悪いんだか。まあ、どうもゼネラリストではなさそうですが、集中的に取り組める実利型らしく地道に結果を出していけばいいのでは?
それと強いことが安定につながるなら良いことなのでしょうが、優しさも忘れないで欲しいものです。理想を語らず理屈だけでは、共感的に伝わらないこともあるでしょう。決断力とは、感情が司るものなんだとか。
代表選見てたら、小沢さんがリベラル化、菅さんが小泉化というベクトルが何とも複雑な光景でした。
ちなみに小沢氏は昔から嫌いですが、それとは別に江川 紹子さんがブログのココココ
ツイッターで指摘されてることはもっともだと思いますね。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/575-cb4354e3