ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

我が青春のかけら~スリーハンサムズコンサートIN秋田

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

NSPの平賀さんと中村さんと、ふきのとうの細坪さんの3人でグループを暫定結成のようです。
早世されたNSPの天野滋さんの7回忌追悼コンサートだそうで。
私はもう30年も離れていたジャンルであの頃の記憶はだいぶ薄れていますが、もう一度、もう一度でいいから細坪さんの生の声を聞きたいという気持ちは本当にずーーーーーーーーーーっと失うことなく抱いていました。
北海道でライブをしているという情報があって、何度も北海道行こうと思ったし、実際去年の夏、札幌行って、大通公園の噴水の前で「初夏」を口ずさんで来たり、、、、そしたら、全然知らなかったけど当の細坪さんは東京で大々的にコンサートやってたんですね(汗汗)。
震災やら子供の受験でそういう情報なかなか見る機会なかったものですから。でもうちはほとんどTV見ないのに、たまたま一瞬流れた3人のコンサートCMに胸ときめき、愛が再燃。とはいえ今年は息子の大学受験で前期合格したら絶対行こうと決めてました。そしたら何とか現役合格決めてバンザイよし!チケット!探し始めたら、完売@@;どうしても諦めきれずに探したら秋田市だけ残っていたので、合格発表のその日にゲットです(^^)
10代の頃夢中になって追った二組のフォークコンサートですが、30年のブランクは長いですね。

演奏された曲でタイトルわかったのは(順番失念)確か、あせ、風来坊、赤い糸の伝説、面影橋、冬の花火は思い出花火、弥生冷たい風、もの憂げな10月、コンクリートに咲いた花、夕暮れ時はさびしそう、八十八夜、春雷、雨は似合わない、初夏、、夕凪の池、ふきのとうの山木さんの歌ってる曲2曲、あと細坪さんの最近の曲だと思われる曲数曲だっけ???1980年位までしか知らない私ですみません。
にしてもこうしてみると案外NSP曲のタイトルは意外と忘れてないものですね~10代前半から聞いていたから記憶の定着が違うのか、ファンとしての愛の質が違うのかwですね。タイトルと曲を連想しやすいのもあるかもしれません。
ふきのとうのファンとNSPのファンとどっちが会場に多いかわかりません。東北の中高年が多いので、相対的にNSPファンが多いのかもしれませんね。でも個人的にはもっとふきのとうの歌を熱唱する細坪さんが見たかったので食い足りない感が残りました。
細坪さん、

唯一歌った持ち歌「春雷」さえもさほど気合い入ってなさそうに思えたので、そんなに山木さんの曲歌いたくないんかい?!とか一瞬思ったり。
いえ、ご本人弁では、NSPの歌を自分が歌いたいので、ふきのとうの歌まで歌ったら、自分ばかりが歌うことになるのでとのこと。天野氏追悼が趣旨なので、そういう仕様になるのでしょう。

最近のアルバムなんとか入手して情報探して、機会があればもう一度リベンジ気分で細坪さんのライブに出かけてみようかと思うのでした。

ここまで全体の感想。あとは個別の感想です。激しく思い込みモードで、上から目線かもしれない感想です。あしからずm(__)m
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/597-7ab2fc54