ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

虚実の彼方に ~孤高の紅花~

Posted by ふざけおに on   0 comments   1 trackback

白は虚像、赤が実像。
虚構は鮮やかな総天然色でも、現実は侘しいモノクロ。

現実とはそういうもので、私が見ていたのは儚い幻想なのだ。
でもその幻想が、誰かにとっての現実なら(あるいは同じ幻想だったにしても)、
全部嘘と言われるより悪くない。
あっちにとっては嘘かもしれないけど、こっちはペテンじゃない・・・

と思うけれど。私にはよくわからない。
弁慶と義経だったら美しいけど、夕鶴だったら痛い。

桁外れの感情の豊かさは過多を自認する私から見ても惚れ惚れする。
過少側から見たら、別世界から来た異種生命体に映ってそう。
でも感情は元素と同じで、質量が少ない物は割れようがないけど、
多過ぎると割れちゃうんだよ。
少ないとわかりにくいし、多いとスプリットしててわかりようがない。
虚実の迷宮に入り込むだけ。

結局、虚構も現実も真実とは別次元。
真実は私の感動の記憶。



連邦の白い新型とジオンの赤い彗星の話。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/620-c7ff45d1
-
管理人の承認後に表示されます
2012.05.25 13:15