ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

スリーハンサムズIN盛岡 ~その2

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

ここからは個別の感想です。

○ハンサム1号様
細坪さん、一週間美食三昧の洋上生活をしてきたせいか、すごく日に焼けてたくましく見えましたが、少しお疲れなのかしら?(久保田さんも?)気のせいかテンションやや低め。
今回は残念ながら私が話にツッコむ隙はなさそうです(おい)
(多分ですが、歌もMCも他の二人とのバランスを考えて、控えめに調整してるんだと思います。細坪さんにとって、スリーハンサムズコンサートはアウェイなのかも。)
それでもさすが細坪さん、MCは快調、冴えてましたよ~。
朝日村の先輩の話はお預けくらいましたが、ミュージシャンの免許定年制はうけました。
中村さん曰く、「嫌な爺」になった話も。
毎度天野さんの思い出話、私は初めて聞く話でした。天野さん、わがままでお茶目なんですね。
コンサートの度、思い出話を披露してくれそうです(^^)
天野さんが偲ばれる「人生のかほり」の心情が伝わったのか、気のせいか会場内の拍手が多かったように思います。とても感慨深く聴けました。
「きれぎれの空から」「夕凪の池」「砂浜」はとっても綺麗なお声で歌われてました。
そして「冬の花火は思い出花火」「八十八夜」は悲しげに。
でも私的には最近見慣れたせいか、「GOOD TIME MUSIC」(メンバー紹介つき)が細坪さんらしいなあって感じがしたりします。人の感じ方ってずいぶん変わるものです。
メンバー紹介、平賀さんまででしたが、ギターとボーカルの中村さんを紹介し、メンバー最年長のご自分の紹介を平賀さんにやらせるのかしら?と期待しちゃいました(^^;。 


○「白い冬」歌っていいですか?
アンコールでそう客に聴いた細坪さん。「歌って下さい。お願いします。」と答える客席。
あの、、、細坪さん、私の後ろの席のインテリっぽいスーツ着た紳士は隣のご夫人らしい人に、アンコールの拍手の間、ちょっと意外そうに次のように話してるのが耳に入りました。
「自分の歌は、春雷しか歌ってないんだよなあ。それも全部、自分で歌ってないんだよなあ」
でしょでしょ!アタシも3月の秋田の時、同じ事思ったもん。
「おじさん、それはね、ソロライブに出かけるっきゃないよ」ってよっぽど言おうかと思いましたよw。
でもそのおじさんアンコール終わって席を立つ時、
「白い冬は歌ったなあ。まずこれだけでも歌ってくれて良かったよ」と。
秋田の時は「俺ばかりが歌うことになる」のはまずいって事情を説明はしてたけど、「白い冬」さえ歌ってくれなかったので、物足りなかった私のようなふきのとう細坪ファンの人も、きっといると思いますよ~。「白い冬」くらいはお願いだから、歌って下さいませ(願)
「聴きたかったらソロコンサートに来てね」byツボ

○俺たち全然疲れてません。
頼もしいですわあvv
中村さんは元NSPではない、<元>がつかない珍しい肩書きという話、「俺は<もと>よしだけど。」とオヤジギャグ。
それはともかく、あれ?秋田では「俺たちの体力はこんなもんだよな。3時間が精一杯だよな。若くないから」とか言ってた気がする細坪さん。あれは私の聞き違いだったんだろうか・・・?

○スリハン2号様
「昨日からの逃げ道」懐かしいなあ・・・
中村さん、持ち歌ももちろん、ふきのとうの細坪さんの歌もちゃんと歌えてました。すごいです。オカリナもばっちりw敢闘賞を差し上げたいくらい。
今回は、「風来坊」、中村の歌は不安なので、みんなで歌って下さいとは細坪さん、おっしゃいませんでしたから、免許皆伝なのでしょう。
微妙にふきのとうの曲は歌詞の怪しいところがありましたけど、それもご愛敬です。
でも夕暮れ時はさびしそうの歌詞「もうちょっとだけ」と後半歌い出し間違えたのは細坪さんか中村さんかどっちかわからずじまい。明らかに細坪さんが、「夕暮れ時はさびしそう、とってもひとりじゃいられない」の真ん中あたりのコーラスを最終バージョンで歌ってたのには気づきました。まあ、でもたいしたミスじゃないと思いますよ。
やっぱりなんたって、漁り火でカポつけ間違えたのは、ゴメンゴメン級。いいの、昔から中村さんって完全主義じゃないの、ドジっ子だから。
あと昔から、天野さんや平賀さんと同じレベルに落ちて自分ではバカやらないで、バカやってる二人を呆れたように笑ってる感じなので、あんまり弾けたトークはしないんですよね。かっこいいので、見た目で勝負してましたから。
中村さんがオリンピック招致話を漫然と話してる時、MCのプロ細坪さんとしては、「ふうーん」とクールに反応しながらちょっといらいら(?)。
ごめんなさい。中村さん、話が弾けてなくてって謝りたい気分。
でもメンバーの中で一番気分がハイだったのは間違いなく中村さん。
つぶつぶの♪を「つぼつぼの」とちょっとご自分で歌ってご自分でうけてました(笑)。
だけどそこで笑っちゃったらだめでしょって・・・、こっちが笑ってしまいそうでした。
「コンクリートの壁にはさまれて」の<小さい胸>どころか、せっかく細坪さんが「冬の花火は思い出花火」を悲しそうに感情込めて歌ってるのに、なんでそこで笑いが出るんですかーーー!!?
ニコニコしてるのレベルを超えて、なんか目が淫乱なんだよね(死)

○Back page ライブ
中村貴之さん、11月18日(日)、仙台でコンサートをされるそうです。
「五月雨」や「さくら草」とか歌ってくれるかしら?
行きたい・・・・けど、、、
勇気出して、遠くから見ようっと。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/658-f2ec2ff9