ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

山木康世 石巻ライブPart3~ライブレポにしてはあまりにも思い込みが激しすぎる

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

 アンコール 1
17弁慶と義経
弁慶の立ち往生のシーンを歌ってるそうです。この曲、見るの2度目ですから、とにかくギター演奏がすごい@@;ギターが津軽三味線みたいでみんなあんぐり。度肝抜かれます。
素人目にも(だいぶこの夏色々な人の演奏見たので少し比較できるようになったので)、山木さんギターすごく上手いんだろうと思います。
山木さんの歌ですか?とにかく、音はまず外さないです。
「夏草や兵どもが夢の跡」
衣川の合戦跡は、何もないところだったと。きっと松尾芭蕉も何もないところに立って、山木さんがなされたように、想像力働かせて俳句を詠んだのでしょう(^^)ゞ

18ケセラセラ
一緒に歌って下さいと言われてないのに、みんな歌ってました。もちろん、私も頼まれもしないのに自主参加w
山木さんは高校の頃、色々考えてたそうですが(多分悲観的だったということでしょう)、曲を作るようになってから、楽観的になったんだそうです。
今は昔のようにたくさんの人に歌を聴いてもらうより、深く聴いてもらうことを考えているとのことでした。。深さですか。仰るとおり・・まっすぐにその思いを深く掘り下げて聴きたいものです。私の場合、横にそれるからなあ(汗笑)

19リンシャンカイホウ
どんな時も心に希望の一輪の花を持って生きることはいいねと。そうです。そう思います。
心洗われるような良い曲です。山木さん、本当に心根の綺麗な純粋な方なのですね。

  アンコール 2
20新曲タイトル不明(聞き取れませんでした、涙)
お客さんが馴れてる方々ばかりなのでしょう。誰も1回目のアンコールで席を立ちませんでした(^^;
沖縄のイベント用の曲で完全な未発表曲。初披露だとか。山木さんは、ふきのとう時代から 人の情、心、縁を歌ってきたとおっしゃっておられました。そしてこれからも。なのですね。山木さんにとって、曲を書くことが生きることと等価なのでしょう。

21山のロープウェイ
藻岩山ロープウェイ中腹駅で、ふきのとうの山のロープウェイのイントロが流される事になったそうです。それを聴きにまた北海道行こうと思うのでした。
「またいつか逢えたらと思います。」
別れは寂しいけれど、でもどこかに期待を持たされてるうようで、救いを探したくなってしまう別れの曲にしてはどこか中途半端な安らぎを感じてしまう曲です。
山木さんは、音楽で人の心を癒やしたいとお考えのようです。
誰かを癒やすことでしか、人は癒やされないものなのかもしれません。

以上超豪華レポ~ライブレポにしてはあまりにも駄文が長すぎる~でした。
単に構成も考えないで推敲もしないでだらだら書いてるだけだからだろ?!もう、アタシったら、何してるのさ?仕事もしないで。これで明日乗り切れるのかよ
でもせっかくサインして握手して頂いたんだからこれくらいは。
結論として山木さん、やっぱりかっこいいいいvvv
ってことでゴメンゴメン。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/662-01a50281