ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

細坪基佳仙台シルバーセンターコンサート感想~閉店間際の店の片隅で流れていたのは~酔っ払いのツボソング♪

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

細坪さんの仙台コンサート、とてもアットホームな感じで温かくそして熱い思いを感じるコンサートでした。
演奏されたどの曲もあふれ出してくるような重厚な感情の量感に圧倒され、細坪さん、改めてすごいミュージシャンだなあって、惚れ惚れしたのでした。気持ち入ると結構音外されるのですけど、これがまた眩暈がするような浮揚感を感じて、ライブのならではの良さなのです~。
MCもお見事!ソツがない!MCから曲に入るタイミングの巧さはさすがプロのエンタティナー!細坪様、完璧ですわv(このあたり昔からNSPはゆるゆるで、あれはまたプロっぽくないのが良かったりw)

前席中央に陣取る常連の方々、細坪さんと楽しげにやりとりされてました。すごい古くからのファンの方々で山形にもスリハンにもほぼ行けるところにはどこにでも出かけるコアな方々のようです。言われればどっかでお見かけしましたね(ってことは、私も結構行きまくってるし^^;)
細坪さん、長きに渡るファンの支持を得ての去年のYAONの成功と、そしてまたこれから10年先を目指して共に歩んでいく、ファンの方々の優しい思い(細坪さんの言う無償の愛を捧げられてきた方々なのでしょう)を真摯に受け止められてるようです。
とっても楽しそうにお話されてて、そして、熱い心を(燃えるその心に照れながら♪って位)感じるコンサートでした。

一方、今回細坪さんを初見だった私の連れ3人、皆口々に「話上手いねえ@@;歌上手いし、すごい良かったあ~」と感心しきり。
細坪さんが何者なのか知りもしない10代の若者二人も、とても満足だったようです。
実は今回、全くの赤の他人の相方と、赤の他人のふりをした血の繋がった息子と息子の友達と息子の友達のママさんと出かけました。
臨席の中年のおじさんの好みに、気合入れてアマロリコスプレした「まだあどけない~きみ~は幼女♪」の1号、あえなく体調不良でダウン。
細坪さんごめんなさいm(__)m。行く気満々でせっかくコスプレしたのに、空席一つ、作ってしまいましたby1号





以下赤の他人がメモった演奏曲リストです。+++++++++++++++++
1、ラブソング
2、風来坊
3、ばーじにあすりむ
4、雨降り道玄坂
5、柿の実色した水曜日
6、萎れた花を捨てて
7、秋の接吻
8、Autmun Morning
9、白い冬
10、流星ワルツ
11、同胞(ハラカラ)
12、Heart of Gold
13、春雷
14、雲のわだち

アンコール
15、やさしさとして想い出として
16、セクシー

へえ、16曲しか歌ってなかったんだ~。2時間半、定時通りだったんだ~。なんかいつもよりとってもいっぱい歌ってくれて、いっぱい話してくれた気がする充足度でした。
秋の曲はふきのとうも細坪さんにも多いのですが、「秋」にふさわしい感傷的な気分に浸れる選曲に思われます。
赤の他人は、「ふきのとう曲、多かったなあ」とうれしそう。
でも私は、「萎れた花を捨てて」と「Autmun Morning」「セクシー」を歌われたのがうれしかったです。
いつの間にか私も、ふきのとうの細坪さんではなくシンガーソングライター細坪さんのファンになってる証左でしょう。
あと今まで何回か聴いてた「ハラカラ」ですが、なんか今回特に気持ちが入ってる気がしてすごく心に迫ってくるものがあり、印象深いです。

前日岩手から帰ってくる車中、息子に最新ベスト版「Dear Old Friend」を聞かせながら、子供らと明日何を歌いそうかなと話してました。絶対「旧友」はやるだろうけど、東京でも北海道でもないから 「Heart of Gold」はやらないでしょ。っとか話してたんですが、見事に大外れじゃん。
凡庸な私には細坪さんの心は到底読めません。神秘の宝庫なのでした(^^)。

どうでもいいようなことですが、「流星ワルツ」の二つの台風の目みたいな背景が気になって、なんでこの背景なんだろうとしばし考えてしまいました。


若い頃到底手が届きそうにない遠い存在と思えた頃と違って、時間さえあれば、細坪さんのコンサートいくらでも見放題な今この時の贅沢を感慨深く思います。自らに刻んだ皺の数だけ幸福を手にするのはなんと易いことか。細坪さんがご健在な限り続く至福の時です。

還暦の今年ではなく、10年延長し、70で還暦コンサートをしたいという細坪さん、高齢者の客のために医療スタッフと救急車を配備されるとか。
そんなぁ、私は絶対嫌です。拒否します。治療のため細坪さんのコンサート会場から強制退場させられるなんて。
私の場合、患者の権利として医療を受けるより細坪さんのコンサートを見続けることを選びます。その場で昇天する覚悟なので、私には霊柩車を1台と坊さん用意してください(バカ)

以上、まじめバージョン感想でした。

これ以降は天がえる海風デビューレポ含めライブネタばれ暴走妄想注意モードに突入!(予定)
厳重注意です!!まじめな方、ギャグに弱い方、関係者及びご本人はご遠慮ください。(←殴)
しかしライブレポもそろそろ惰性になってきたので、お休みしたいんだけど・・・<弾さん
とりあえず、睡眠不足頭なので、この辺で一回寝ますわ。ZZZZZ~

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/663-3c909371