ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

ヒーロービジョンとか。

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

20050406183506.jpg

ヒーロービジョン18号の表紙にのけぞりましたー!
剣崎はやっぱり薔薇族の漢だったか!精悍なイメージだったのに、あああ、、、、とかなんとか言いつつ、表紙見て喜んでしまった私、しっかり買いました。1857円とは相変わらず高いぞ、、、;。椿隆之君のわんわんとラブラブぶりが甘甘で微笑ましいです。その分、32Pのきりっとした写真がクールでインパクトありました。
森本亮治君はDVD付きの写真集が発売されるとか。わーい買っちゃうvv。
掲載されたスーツ着てる写真は気のせいか天野さんに似てるし、毛皮着て胸を見せてる写真は妙に松田悟志さんに似てるような、、、イケメン識別能力がない私;;にしても、すごい、どっきりします。セクシーショットの連続@@。
20050406182259.jpg

それ以外にも特撮雑誌は色々出てるみたいですが、ブレイドの記事は全然なくなってる感じでした。やっぱりすっかりヒビキさんの時代になっちゃったんですなあ。楽しみが減りました(涙)。

「宇宙船」にはブレイド全放映リストが掲載されてて、「見どころ」コメントがえらい面白かったんで、よしこれ買おうと思ったんですが、、良く見るとちょっとブレイドを批判ともとれる内容もあったんで、どうしようか迷ったり・・
私の場合、響鬼は期待通りの新番組ですが、ブレイドが最後まで見て良かったからってのも大きいんです。どちらも人間を襲う怪人から人間を守る職業ライダーですしね。
剣は人物の感情の激しさが新鮮で、人間関係の温かさや人間の善良さが光ったドラマが良かったです。人間の温かさ善良さは響鬼にもあるので見てます。
逆に、私が剣にざらつきを感じたところは、それまで同様にライダー同士の対立の繰り返しで、ちょっとした誤解や感情のもつれでバトルが始まってしまうところです。
でも剣崎と始は、ずっと正の直線で友情を育んだし、剣崎の行為を仲間がみんな理解してるので、最後まで見て良かったと思いました。
明日夢とあきらもそうですが、最初は対立してもやがて互いに理解し合い助け合う人間関係は、見てて気持ち良いですね。
いやー、555までのパターンからして、終盤、築き上げた人間関係が崩壊したり、登場人物がどんどん死んでいく話だったらどうしよう、という不安が剣にはつきまといましたが、最後は大丈夫でした。響鬼はそういう方向に行きそうにないのが、安心して見ていられる理由ですね。

それと劇場版について、TV版の最終回と4年後の未来を描いた劇場版とは、パラレルか、あるいは間にエピソードがあるか、二通りの解釈が出来るようなことどれかの雑誌に書いてありましたが、そうですかね?どういうエピソードがあっても、剣崎がジョーカーになった時点で、ああいう未来とはつながらないと思うんですが、、、だって始封印したり殺したら、ゴキブリ発生し世界は滅びますよね?それに剣崎は自分が身代わりになろうとするだろうし、、。
とはいえ、無理矢理つなげようとすれば、つながるエピソードをひねり出すのもファンには一興なんですよ~(笑)
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/68-f5c98572