ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

クラブイクスピアリでニコニコ(^^)

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

12月2日日曜日はマイミクさんと舞浜のイクスピアリに出かけました。
(30日夜はルシアさんのコンサート、1日の夜は赤の他人とライブハウスで歌ったので、連続連夜のオフ会ライブ三昧@@;パパごめんよ~m(__)m 

カクテル

イクスピアリで早速、頼んだモトヨシホソツボと名付けられたカクテル。
同行のお二人はノンアルコールですが、私はアルコール入りです。カクテルの色合いは神秘的な秋の夕空のように美しく(テキーラサンライズっぽい)、お味は甘~く口当たりとってもさわやかでした。細坪さんの甘い歌声のイメージにぴったりでした。
お料理、今回はランチしっかり食べてしまったので頼まなかったのですが、3月3日もし行けたらその時は是非お料理頂きたいです。
残念ながらクラブイクスピアリは閉店してしまわれるようなので、その前に1号と、フィッシュ&チップス、食べに行かないと。


というのも、一昨年1号とロンドンに行った時、路地裏でテイクアウトで食べたフィッシュ&チップスが忘れられないです。
(レジの店員が金髪青い目の絵に描いたような美青年だったんですよ。これがvv)
イギリス料理の庶民食はあまり美味しくないという印象ですが、フィッシュ&チップスはすご~く美味しくて、いつかもう一度食べたいなあと思ってたのですが、日本ではそんなに見当たらないメニュー。
そしたらクラブイクスピアリにそのメニューがあって、即、「それなら私もツボコンサート行く行くvv」と1号。でもこの子、この前直前に具合悪くなって細坪さんのコンサート欠席したので、信用できないんだよね。
後でこの舞浜は人気のチケットと知り、参加確実な方にお譲りしようと思案。赤の他人のネットワークが功を奏したのか、おかげさまで二胡奏者の二胡さんとライブは道連れ世は情け。赤の他人の輪がどんどん広がっていくのがうれしいです。

ちなみに私にとっては舞浜は子供が小さい時よく来たし、主人の実家から車で20分くらいの場所なので、このあたりは守備範囲なのです。
しかし、田舎を持たない純東京人の赤の他人ズは舞浜に1度位しか来たことないそうです。普通って何なんだろうって、考えさせられますね。

○珍獣ウォッチャー
「新幹線」に乗ったことない、ディズニーランドも行ったことない、特急に乗るのに、快速と同じで乗車券で乗れると思ってる純粋な東京人のふたりは、よっぽど私が珍しい生き物に見えるのか、一挙一動に,笑い転げてました。どうもお二人には私が変わった生態の生き物に映るらしいorz

○愛虫家
赤の他人は愛猫家ですが、二胡様は愛虫家らしい。
練馬の林から、孤児の芋虫を引き取って養子に迎え、大事に育て立派な社会人になるまで養育してるという、、、かわいいお子様達の話はいくら聞いても飽きませんなあ。
どの養子にも大切に愛をかけて育てられてるようでまるで愛犬のように「うちの子」と呼ぶ二胡様。
芋虫毛虫の外見から、あらこの子はどんな子になるのかしらと毎日成長を楽しみにして、いざ羽化してみると、あら案外この子は地味な子ねとか、これはイケメンだわとか。
携帯の画像で、幼体と成体を並べて見せてくれて、それはそれは興味深かったです。(ちょっとだけ気持ち悪いけど(^^;というのは、田舎の街灯に無数に群がる巨大な蛾は子供の心に、夏の夜の恐怖だったもので)
え?蟻地獄?食事が偏らないように、蟻以外にも蜘蛛や団子虫もあげてるらしい@@;
えええ?!そしてカメムシも?!
臭くないですか?
「あら、いじめなきゃ、臭くしないのよ」と愛おしそうな目が逝っちゃってるよ、な世界。
「餌なんですか?」
「最初はキャベツ、最近はピーナッツをあげるのよv」「ピーナッツ食うんですかい?!」
「ニュースでいいこと聞いたの。落花生がカメムシの被害にあったって。それでピーナッツ好きなのかなってあげたら、喜んで食べてくれるのよ~」
オタクな私には一般人がなかなか理解できません(笑)

二胡さん、またお子様(虫様)のお話お聞かせ下さいね。
今度カラオケボックスで、是非二胡演奏して下さい。
マイミク様方、楽しいニコニコオフ会、ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/682-ba2f1897