ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

細坪基佳さんのコンサートNature of Year 2013 Part3

Posted by ふざけおに on   2 comments   0 trackback

○明日への扉
今回のコンサートで一番印象に残った曲です。
MCで次世代に引き継ぐ地球環境の問題をいつになく熱心に話されていて、お話の内容に非常に感銘を受け、共感できました。
軟らかい表現をされてはいましたが、核廃棄物の問題を深刻に感じられているようです。政治の話をするつもりはないと前置きされるのは、それがイデオロギーの問題じゃないからでしょう。
自分は死んだあと子供の子供として生まれると思ってる。未来の地球環境は自分自身に還る問題。万物、地球に生まれて地球に還る。けれど自然に生まれ自然に還るものでない、核のゴミを地球に埋めてもいいのか?と。
一人のミュージシャンの勇気ある発言に感銘を受け拍手を送りたかったのですが、意気地なしの私でごめんなさい。ここでまたペンを落とすわけにはいかないとか余計なことに縛られたり、せっかく座席が後ろなんだから恐れるものはないはずなのに、この期に及んでこの気恥ずかしさが情けないです。
MC抜きにしても、「明日への扉」は細坪さんのメッセージソングの中でも傑作だと思ってましたから。あまり演奏されそうにないと思っているので、実際に歌われちゃうと感激もひとしお。
(そういう意味で今回買ったDVD「蒼の轍」は「ジェネシス」と「風の轍」が入ってて、感涙ものでしたわ;)
蒼のわだち

解散後最初のアルバム「ON YOUR SIDE」に収録された曲群、どれも洗練されてて優劣付けがたいですが、実は私「明日への扉」が一番好きなんですよ。細坪さんと言えばラブソングが定番なので、私の好みはマイノリティなので、あまり言わないようにしてるんですが、解散後のソロ曲でこの曲と「ジェネシス」がなんでかいいと思っちゃうんですよね。
余談ですが、「ON YOUR SIDE」の中で、次に好きなのは「普通の日々」ぐっと来ます。次いで「もう一度」「君と僕のあの夏」の順でしょうか。

○今年のゲスト
去年のゲストは男性陣が充実してたそうですけど今年は女性陣で固めるつもりだったとか。(Dさんの話聞いたら、NSPの平賀さん中村さん、オフコースの大間さんv・・・は、スリハンで見たからいいけど、龍雲さん三浦さんなんて、いいないいなvv)
細坪さんは由利子さんにお仲間二人連れてくるようにとお願いし、美人の由利子さんのお仲間なのできっと見目麗しき華やかな女性陣を予想してたらしいのですが、意に反して(?)見目麗しき知的男性二人(オーボエの和久井さん、チェロの植木さん)を誘ってきたので、がっかりしたそうです(笑)。由利子さん、その忖度はナイス(^^)vと思わずにんまり。

もう一人舞台に咲く艶やかな花、我が国アルパ奏者パイオニアのルシア塩満さん、ケーナサンポーニャの高橋さん共々先月の東京文化会館で、南米の民族音楽の演奏聴かせて頂きましたが、美しい音色に魅了されます。身を縮めて歩いた日本の暗い冬景色から、異国の明るい太陽を感じて自然に心身軽快に広がったような気分になれるのが良いですね。

ピアノの中村由利子さんを含め皆様、器楽アンサンブルが主で、歌唱の伴奏はあまりやらないらしいです。あえて細坪さんのヴォーカルと共演するのは、細坪さんの歌声の魅力と人脈の広さのなせる技、なせる音楽なのでしょう(^^)。

○衝撃のゲスト@@;
12月9日のルシアさんのコンサートでも、ルイスカルロス・セビリッチさんと本場仕込みのコーヒールンバ楽しそうに軽快に踊って歌ってましたが、今回もサプライズゲストとして登場。わーいvv南米楽天的オーラがステージから流れて来て、気分は最高潮に。と、
「OH~感激ぃい~vv」とばかりに細坪さんをハグする巨漢南米男。あれれ?一瞬、細坪さんが固まった?!ように感じた私の脳味噌(何とかしてくれ~)。こんな遠いんだから表情が見えるわけないのに、何故かひきつって見えました@@;(こんなことならオペラグラス持ってくれば良かったとつくづく後悔)
うわ、まずい~。瞬間、イカレた脳内妄想が流れちゃいましたーーー!!(あくまでギャグだからね。)
「ムサイ出腹男はいやじゃ~、こんなことならサプライズはカズにすれば良かった。君の愛し方がわからないまま~♪」byツボ
是非、またワイルドなルイスカルロスさんと細坪さんとのコーヒールンバ共演に激しく期待する私なのでした(バカ)。

○ハーベスト
「何故俺は歌い、何故こうやって話すのか」
40年の年輪を刻む音楽という大樹に実る果実、収穫を味わう機が熟したと、細坪様はお考えなのでしょう。

○危険な果実
でも味わう柿食う客という果実はロシアンルーレットかもと自分と隣の赤の他人をつい思い浮かべたり。
それが豊かに熟した美味しい熟女のような味わいの果実ならいいけど、熟し過ぎて腐って発酵してる果実とか、栄養不足でやせ細ったうらなり果実とか、虫と共生してるうちにすっかり俗世間から解離しちゃった奇妙な味の果実とかw
身近なサンプルを想像するとろくな果実じゃなさげ(おい)

○泣く男
これがまたうらなり果実のD君、この前の鎌倉でもそうでしたが、ステーションで必ず泣くんですよね~w別れた恋人とかつてふきのとうにコンサート行った思い出が蘇るのだそうです。ついでに初恋でもしっかり泣いてました。(あの日のようにでも泣けるらしい)そしたら、斜め前の恰幅良い男性も初恋で泣いてました@@;。心素直に泣けるって良いことですよね。

○戦利品
ツボT
帰り、やっとグッズ売り場が空いていたのでお楽しみの2号用にTシャツを購入。リュックは1号に。
1号はめざとく「<ツボ>じゃないし~<細坪基佳>って書いてる~!!」と。ええ?本当?!それは未確認でした。
「どうせ、誰のことだからわからないからいんじゃない?」と言うと、「そうだね」、とあっさりw

○クロスロード
人生の交差点ですれ違う音楽仲間との夢の共演。その輝かしい交差点を通過し、また相棒の久保田さんと歩むライブロードツァーを心待ちにしております(^^)ゞ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.01.23 01:25 | | # [edit]
ふざけおに says... "Re: 初めてコメントです"
初めまして。neo様。
こんなマイナーなブログを読んで頂いて、うれしいです。
neo様は細坪さんから遠ざかってっおっしゃっても、たった10年だったら、たいしたことないですよ~。現役そのものじゃないですか。私は30年ですから(^^;実際、熱心に聞いてたのは本当に思春期の5年間くらいです。
でもいつかもう一度コンサートに行きたいとはずーっと思ってはいました。
せめてあと10年早くコンサート行ってればと思うのですが、悔やんでも歳月は戻らないので、これから気が済むまで大人買いしてはまろうと思ってます。

是非コンサートご一緒しましょう(^^)ゞ

後ほどメールしますね。
またコメントよろしくお願いします。
2013.01.23 15:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/690-16b822a5