ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

続 FFAフォークデイズスペシャル第87章 ~我ら北海道物産展~ 細坪基佳、五十嵐浩晃、堀江淳、VOICE

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

前の記事の続きです。

○堀江淳さん 
VOICEの二人と「初恋」を演奏した後、メモリーグラス、ありがとうを披露。
堀江さんはVOICEのお兄様と親友だったそうで、有名人になる前からのつきあいだそうです。現在も堀江さんとVOICEで、カバー曲ライブをやってるそうでとっても仲良さそうでした。
この物産展メンバーの中で一番TV慣れしてそうな堀江さん、とにかくキャラが立ってて凄い!!個性が光ってるって感じします。
つけこむ隙のないしたたかさ。細坪さんがゲスト出演したラジオ番組「堀江淳のファインミュージックアワー」も聞きましたが、こういう一見なよっとした中性的雰囲気の割に、妙にタフ@@;。
基本的におねえキャラの人って、精神的にたくましくて妙に理屈っぽいんだよねw三輪明宏とか、マツコデラックスとか、尾木ママとか。
堀江さん見てると、熾烈な芸能界を生きる芸人はこうでなきゃって感じしますね。
カラオケでまたメモリーグラス歌いたいと思います(^^)。

○五十嵐浩晃さん
愛は風まかせ ペガサスの朝 そして細坪さんとディープパープルを演奏されました。
五十嵐さんのビミョーなギャグがとっても素朴で、オヤジらの共感と同情を呼びそうです。
別に声のいい歌手なんだから、MCはこんなもんでいいんだよね~ってーか、むしろ寒いギャグでキャラが立ってしまってるのが笑えました。
この中では一番メジャータイトルな曲多いし、歌声若い頃とほとんど変わってなくて、見た目はちょっと変わったけど、それもまたご愛敬。

○余談2
若い頃、ザベストテンで五十嵐さんや堀江さんを見た記憶あります。五十嵐さんは素朴な好青年って感じで素敵だわ~と思いつつ永井龍雲さんと記憶が混同してたり(おい)、その点、堀江さん初登場は結構衝撃でしたよ。メモリーグラス、良い曲だし、写真見てどんな美青年がTVに登場するのかとすごく期待してて、で、初めてTVで姿見たとき、あまりに線の細い美青年過ぎなのにびっくりして逆にひいてしまったような・・・・
音楽に一番熱中してた頃でした。でも、夢中だった頃、リアルタイムでふきのとうだけは、一度もTVで見ることはなかったなあ(遠い目)。

○細坪基佳さん(&ギター久保田邦夫さん)
五十嵐さんとディープパープル演奏された後、雨降り道玄坂 ハートオブゴールド 春雷そして坂崎さんと 東へ西へ 白い冬の6曲を演奏され、あと別室での坂崎さんとの対談も流れて、さすが年長者、VIP待遇。 黒のYシャツにチェックのネクタイがとってもダンディでしたvv。
ライブでよく演奏されるお馴染みの持ち歌はいつもより若干調子悪いかなって感じがしましたが、初めて聴く「ディープパープル」「東へ西へ」はとっても印象深いです。
特にディープパープルは、一度聞いたらなんかもう耳朶を離れない、取り憑かれ状態でした~。
細坪さん、音ずいぶん外して不安定で、若い頃と比べたら声にツヤないんだけど・・・
さすが、細坪さんだよなあって。演技力が違うよ@@;歌に入り込んでいく感じ、WHO ARE YOU?な感じ、歌詞の中の人物が憑依してるように歌ってる感じがして、心に強く迫って来ます。五十嵐さんは何を歌っても五十嵐さん、堀江さんもVOICEも坂崎さんもそう。でも細坪さんの場合、ハートオブゴールドを歌ってる細坪さんは細坪さんでも、「ディープパープル」歌ってるのは違う人のように感じます・・・私の錯覚でしょうか・・・;

それと高音を地声でこんなに優しく繊細に歌える人もそうそういないよね。五十嵐さんも龍雲さんもそうだけどだいたいの人は、高音はリキ入れないと歌えないんだけど、細坪さんは抜いて歌えるんですよね~。(他にこういう歌い方できる方、詳しくないけどぱっと思い浮かぶのは、平井堅さんかな。声質や細さが違うけど。あとソプラノ歌手・テノール歌手は普通に高音を抜いて歌いますよね)
レコードの「雨はやさしいオルゴール」とか「流星ワルツ」なんかとっても歌えません。
「白い冬」だって歌い出し、みんな普通気張って力強く歌い出すでしょ、細坪さんは抜いて綺麗に優しく歌えるから、オンリーワンだと私は思うわけ。
割と最近ライブでは胸に響かせるような重厚な歌い方してて、こういう頭上に響かせるようなフェミニンな優しい歌い方してない気がしてたので、余計今回くらっと来ました。
って、え?、最後のサビ・・・、事故?故意?
動揺してるのか、声が震える五十嵐さんに萌えました。参りました(意味不明)。

○坂崎幸之助さん  
細坪さんと「東へ西へ」と「白い冬」全員で 「夢の途中」「今日の日はさようなら」を演奏されました。
「東へ西へ」二人のハモリがばっちり決まってて良かったです。
坂崎さんとの出会いの風景、細坪さんのライブでさんざんネタにされてます。
これが結構毎回微妙に言い回しやアクションが違うんですよーw今回のはだいぶ簡略バージョン。
おもむろにギターケースを開ける仕草は、もっと派手なバージョンがあって、坂崎さんが入店して3人に気付いた時のリアクションも「やや?!やや?!そこにいらっしゃるのは?!そこにいらっしゃるのは?!」と言って一瞬固まって出しかけたギターをしまうバージョンが最高なんだけどw(どんだけにわかなツボマニアなんだよ<自分)
そうそうふきのとう解散後のネット動画で、「白い冬」を細坪さんと坂崎さん二人で演奏しながら顔を見合わせてにっこりしてるのを見たことありますが、気のせいか坂崎さんって、細坪さんを見る目がすご~く優しいんですよねvv。
高校の頃よくオールナイトニッポン聞いてたし、アルフィーの中で一番好きですが、今回、本当に感激しました。ええ、よくぞ「今日の日はさようなら」をセレクトして下さいました。この曲大好きなのに、エヴァンゲリオンで劇中の悲惨なシーンで流れて、私は非常にそれが嫌で曲イメージ壊れてたのが、おかげで再構築できました。感謝。
とか、脱線と思い込み激しいだけのどうでもいいよな感想でしたー。


新入学シーズン、春うらら。やっと桜も咲きかけた、今日、初めて北窓を開けました。ひんやりした空気が気持ちいいです。松尾芭蕉じゃないけど、道祖神のまねきにあいて気もそぞろ。早く細坪さんのライブに出かけたいなってわくわくです。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/707-5518845f