ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

「三浦和人LIVE 2013 ~ 風のように時のように ~」IN仙台海風

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

三浦ちらし
5月25日(土)三浦和人さんの仙台フォークソングバー海風で開催されたライブに行ってきました。
昔「愛はかげろう」でポプコン出た頃、コッキーポップ毎日聴いてたし、ベストテンもうれしい気持ちで見てて、他のポプコン出身の新人よりも気に入ってたのですが、アルバム聴くほどではなかったです。
最近細坪さんのライブCDでゲスト出演されてるのや50’scafe聴いて、これはきっと好きになれそうって感じがしてたので、お近くに来て頂いて感激でした。仙台は9年ぶりだとか。
実際、ライブで受けた三浦さんの印象は、気遣いがとても細やかで人当たりが優しくて、ユーモアがあってからっとした明るいお人柄が、関西の男性だなって感じしました。
弾けたMCなのにマイナーコードの鬱曲がほとんどで、ジャッキー・チェンとか福山雅治に似たルックスなのに(小堺一機?)、ご自身曰わくふられてばっかりだったとか、なんかそのギャップが笑えるし、とってもフレンドリーな方でした。
ただ残念ながら、私の予習が足りなくて、 演奏された曲で知ってるのは、5曲だけ?でした(涙)
「愛はかげろう」「追いかけて追いかけて」「帰らぬ河のほとり」
あと「望郷」「遠い空」
一応、細坪さんつながりで50’CAFEとコッキーポップセレクションは持ってたんですが・・・・ そのアルバムからはほとんど選外。それ以外の曲もいくつか事前にネット動画で予習したのですが、予想がことごとく外れました(泣)
これでライブ感想書くのはちょっとおこがましいですよね orz
龍雲さんの場合、高校の頃、一時期はまってアルバム聴いてたので思い入れがある一方、イメージ的にアクが強そうなので好きになれるかどうかちょっと不安で、だいぶ事前に予習してから行ったのですが、三浦さんは個人的に好みのタイプだし、フレンドリーな方だから気軽にライブ参加して大丈夫だろうと楽観してました。でも雅夢は、はまるほど曲を聴いていた思い出がないので、いざとなると語れることが少ないのですみません。
でも話は面白かったので、MC感想中心にちょこっと。

○悲しくて

「最初から言っておきますが、悲しい曲ばかりです」軽快なトークで宣言されてて、うけちゃいました。まあそりゃあ程度の差はあれ、何か悲しくなければ、曲なんか作って歌おうと思わないものでしょうけど、それにしてもってw。
本当に悲しい曲がやたら多い三浦さんですが、でもご本人のキャラが明るいので、全然沈鬱な感じになったり、つい涙ぐんでしまうような会場の雰囲気にはならなかったです。
私は三浦さんの曲の、行き場のない女の片思いみたいな感じの切なさについシンクロしちゃうんです。どこか自分の中に染みついたメロデイみたいな、私がもし曲を作ったらと想像してる曲調にすごく近いなって思えちゃうのは(作ったことないですけど)、いっつも成就しない愛を追ってる側だから(要はふられる側ーー;)なのかと思いましたが、そうか!!ギターコードで押さえやすい「Am、Em、E7、Am」で作るからなのかとかw (自分でもすっかり忘れてたのですが、学生の頃、あんたギター弾いてたわよとか、友達に言われてああ、そんな時代もあったっけって@@;)
おかげ様でギター初心者だった頃の記憶が蘇ってきました。
だけどなんか不思議なのはよ。だいたい、こんな爽やか系の面白くて素敵な好青年ふる女ってどういう女だよ?!、てーか。どういう女に惚れてたんですか?<三浦さん 三浦さんの女性の好みが最大の悲劇じゃないかと思い至った私です(バカ)。

○心を美しく
「女の人はいいよね。化粧できて。俺が化粧できたら、このたれ目をきゅっと直せるのに」
げえええ?三浦さん、化粧したいんですか??そんな・・・・・いけないわ、三浦さん、化粧したら絶対違う業界の人になってしまいそう・・・いや、想像すると萌えます(おい)。
脳ドッグでMR画像を見て、人間とは髪の毛とか表皮とか衣類を取ったら不細工なものだと悟ったと三浦さん。そこで卑屈にならずに心を美しくすればいいと。
そうだ。お見合い写真は脳ドッグの画像だと、その人の頭の構造が一目でわかっていいかも(バカ)。
画像見たって、その人の心の美しさはわかるわけでないし、外見醜悪だと心の美しさをわかってもらうまでに至らないようなorz。長く深く付き合わないと人の心の美しさなんてわからないから、人は皆見た目の美しさに刹那的に捉われるんでしょう。でもたった一人でも心の美しさをわかってくれる人と巡り合えて、それがもし伴侶なら人生それだけで幸せなのかもしれませんね(^^)

○お母ちゃん泣かせ
三浦さんのトークで一番印象に残ったのは他界されたご両親の思い出話です。 普段声を荒げることのない「無縁坂」に歌われてそうな三浦さんのお母様が、たった一度大声をあげて感激されたのは三浦さんが大学合格された時だそうです。なんかわかるよね~ってタイムリーな話題でした。
実は今回、同行した方は、高校3年間息子と同じクラスだったママ友で、去年細坪さんの仙台ライブもご一緒した方。去年は浪人中で、今年もセンター終わった段階では落ちたと思ってショック受けてたそうですが、見事第一志望難関の東北大薬学部合格されたようで、三浦さんのライブ後、二人でやっと一年延期してた合格祝いが一緒にできました。
思えば私も息子が合格した時、本当にうれしくてうれしくて、即コンビニに走ってスリハンのチケット取ったっけ。(←そっちかい?どういう母だよ?!ってーー;そのおかげで今こんなことに@@;)
恋愛なんて遠い世界のことに思えるおばちゃん世代にとって、龍雲さんの時もそうだけど、この手の話、親になった自分の心境や、親を亡くした子としての心情に、つい反応しちゃうお年頃なのよね。

○セールストーク
さすが関西人、ストレートに「CD買ってください」という押しが強いです。
三浦ちらし2
三浦さんお勧めの雅夢ベストアルバム

お勧めの雅夢のベスト盤、そこまで仰るならと思ったのですが、待てよ、この中から今日歌われたのは、全48曲中3曲くらいしかなさそうな・・・?
「帰らぬ河のほとりで」は、ご本人が準備されてなくて、アンコールの時会場リクエストで歌われた曲でしたから。これ、名曲ですね~vv
「ちゃんと(譜面なくても)歌えた」ってガッツポーズが、野球少年がそのまま大人になったみたいです。
でもごめんなさい。私は三浦さんのお勧めに逆らって、お姿が見られるDVDにします。セットリストも今回と割と近いし、何より三浦さんの笑顔がベリキュートなんですものvvアップテンポの曲で手拍子が始まった時とか、ちょっと素に戻った時下向いてにっこり笑いをかみしめてるところがすごく素敵vv くらっときますのよん。DVDにそういう姿映ってるといいんだけどvv

○君の愛し方がわからないまま~楽しいだけで時が流れた~♪
知ってる曲が少なかったせいか歌に感情移入はそんなにできなかったのですが、でもとっても楽しい時間を会場の皆さんと過ごせました。
客層は海風の常連さんが多いなって思いましたが、その中でも私を含め細坪さんつながりでいらしたふきの教信者率高いような。って、ふきの信者参加率100%?!
個人的に細坪さんのユニット相手としては、三浦さんが一番相性良さそうに思えるんですよね~(^^)
なのに、三浦さんは、ご自身が風とかぐや姫のファンだとかで、マスターも伊勢信者のせいか、伊勢さんとこうせつさんの話はしましたが、細坪さんの話題は出ませんでしたね~;。那覇マラソンに参加したメンバーとして名前だけ出ましたが、話としては因幡明さんのエピソードだけ。とっても期待してたのに~。残念。
来年も仙台にいらっしゃると宣言されたようなので、是非来年は、50’sCAFEからもエントリーしてください。「裸足になって」なんかすごくいいわあ~。もし、「今から一人」なんか歌ってくれたりしたら、アタシャ泣きますわよ。
ってこんなところ見てないでしょうから、アンケート書いて送ろうかしら?
アンケートも必ず書いてくださいって、きっちり要求するアーティスト、私が見た中では三浦さんだけですね~。口数多くて脱線しまくっても、大事なポイントはちゃんと念押しして強調する、儲かりまっかな関西人の三浦さんでした。

三浦DVD
にっこり笑って優しく話しかけてくれて、感激でした。

これからゆっくりDVD見まーすvv
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/721-88f4b91f