ログハウス

趣味の画像と家族日記。 主に児童向けの映画、書籍、TVの感想や家族の話題を徒然に綴ってます。

小田和正コンサート「その日が来るまで」IN 福島 その2

Posted by ふざけおに on   0 comments   0 trackback

小田チラシ
○その日が来るまで
コンサートタイトルになってる曲。曲終盤、小田さん感極まって歌えなくなってしまったのです。場内、もらい泣きと感動の歓声で騒然、コンサートは最高潮の盛り上がりでした。
この日は小田さん、声の調子が良かったのか、「俺ってこんなに歌上手かったっけ?」って自分の声に聞き惚れるように気持ち良く歌ってたそうで、「それが、こんなことになってしまいました」と途中歌えなくなったことを困惑したように謝る小田さんがかわいいです。すごく歌の上手いトップアスリート級の人って細坪さんもそうですが、きっと自分の歌に聴き惚れて感動しちゃうものなんでしょう(^^)。
でも本当の理由は、小田さん、やはり福島の置かれてる現状に心を痛めてらっしゃるからではないかと思います。
政府の対応があまりに誠意がないと。
美しい郷土に植樹した桜が咲き乱れる日まで、ハッピーアイランド美し島が昔のように戻り、みんなの笑顔が戻るその日が来るまで、みんなが手を取り合い励まし合うように、命ある限り小田さんは歌い続けていく覚悟なのでしょう。
小田チラシ2

○ご当地紹介ビデオ
ライブ開催地到着時でご当地の有名どころを回った動画を過去の動画も挿入しながら、その日のコンサートの前半後半の間に流すという恒例のコーナー。抱腹絶倒。
ファンとの奇妙なやりとり、幸楽苑のラーメン食べたり、観光スポットを時々しょうもない親父ギャグ入れてたりで笑えるんですが一番の爆笑ポイントはやっぱり恐怖のボート体験でしょう。
五色沼で調子良く一人で颯爽とボート漕いでた小田さん。と、ギルドの社長さん100キロ以上ありそうな巨漢なのですが、社長さんがボートの後ろの方にどっかり座って二人乗りに。ところが社長さんが座ったらそのまま後ろ沈みそうなくらいで、舳先がすごく上がってしまいその状態で漕いでも、さっぱり先に進まないと焦る小田さん。「漕げる?」と社長さんに聞くと「漕げるよ」なんでそんなこと聞くのか瞬時に理解できてない社長さん。
「ええええええ?交代するの~??どうやって??」と。確かに巨漢の社長さんが少しでも動いたら転覆するでしょって。
小田さんめいっぱい足を広げて、ここをくぐれば?と。ところがどんなに小田さんが足が長くたって、巨漢の社長さんが股間に触ることなくそこを通過できるわけないってーか、無理。二人共もつれて転ぶでしょって。考えた末、小田さん、仰向けに寝たままそのままずりずりとくぐれば?と。小田さんの足の間を、社長さん、足からそろそろと小田さんの股間見上げながら股くぐり。やっとくぐって小田さんが後方にさっと移動しポジションが代わって事なきを得ましたねっと、社長さんが寝てた姿勢から上半身起こした途端、ボートが大きく揺れ、あわや転覆~~@@;うわあああああ。何とか体勢持ち直したものの危なかったです~、小田さん、顔真っ青に@@;げんなりとした表情がまたキュート。
場内、大爆笑でした。
これでバカ受けしたアタシが香ばしいのかしらと思ったら、帰りに多くの麗しき御フ人方がその動画が面白かったと口々に語っておられました。

○幸運な一日
小田さんとは縁がなさそうで、ひょっとしてもう一生小田さんのライブ見る機会はないかなって思ってたのですが、今回、本当に行けて良かったです。たまたま4月から仕事やめて日中時間あったタイミングで、でも夏には長女が大きな手術があって、その先がどうなるか見通しがないので。
最後列とはいえ、中央だったのでしっかり小田さんの視線上にいた私は、小田さんが私に手を振ってくれたのよ~と勝手に思い込んで得した気分になってました。
帰り、タクシー乗り場がなくて、会館前の交差点でタクシー待ちで長い行列にいました。
少し前の列が減った頃、腕章した黒スーツの係員がやって来て、車の前に飛び出したりしないで下さいと言うのでへ??
どうも私達の手前にいるワゴン車2台のうち、どっちかに小田さんが乗ってるっぽい。暗いし、中が見えないようにカーフィルム貼ってるし、どこに乗ってるかわかないよねって一緒に立ち話をしていた御婦人。
「どっちでもいいから、手を振ってみよう」と冗談交じりに私が手を振ったら、小田さん窓開けて、手を振り返してくれたーーーーー!!きゃああああああ!!しっかりこっち見てくれてるし~!!!
アタシ、もう死んでもいい。この世に何も心残りないわ、みたいな気分になりました(バカ)


ずっといつか絶対見たかったふきのとうの二人別々のライブを30年ぶりに去年見て以来、出来たらもう一度見たいと思ってたオフコースの小田さん、チューリップのライブを今年続けて見られて本当に良かったです。
あと青春時代の復習が残ってるとしたら(もう一度ライブ見たいと思えるのは)、浜田省吾さんくらいかしら。でも、もう年齢的にハードなロックを聞くスキルが落ちてるので、動画見てるだけでいいかなって思ってます。
すごく、満足しちゃいました。

来月のNSP40周年スリハン一関が大きな区切りかな。

とかいいつつ、昨日買った高倍率の双眼鏡、細坪さんの武道館ライブが開催されるその日が来るまで大事に持ってます(^^)。

***************************************::


※笑っていいとも
小田さんが出演した時、リアルタイムで見てました。小田さん、ほとんど口を利かなかったんです。私は当時タモリが嫌いだったし、小田さん好きだったので、翌日以降、タモリが小田さんのいないところで、小田さんの批判をするのを卑怯だと思いました。ゲストを呼んだ側だし、言いたいことはその日のうちにいうべきで、後から本人がいないところで悪口いうのは潔くないじゃんって。
そしたら、後日、鈴木さんが出て、タモリが鈴木さんは好きだが小田は嫌いだとか言って、二人で小田さんの悪口言ってる感じが悲しかったです。
私はどっちかというと、小田さんより鈴木さんのファンだったので、とっても困惑しましたw
古い昔の記憶です。

※全国から福島集合
ところで、タクシー相乗りした人達、茨城、横浜、三重、広島からおいでになった方々でした。被災地在住で3県に応募して外れ、私も含め仙台で当日券に並んだ人達・・・2枚で申し込んだから、外れたんですね。1枚なら遠方でも当たったんですか。そうですか。賢くなりました。<ギルド様
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fuzakeoni.blog3.fc2.com/tb.php/723-e1b659b6